12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

【オンラインイベント】起業家予備軍は「スタートアップスタジオ」を知れ!

起業家支援といえばVC!という固定観念を変える、「スタートアップスタジオ」という新たな支援の形とは?これから起業を志す若者が知っておくべき「スタートアップスタジオ」について、日本のスタートアップスタジオを牽引するStudio ENTRE山口氏、Creww伊地知氏を招いたFastGrow主催のトークイベントが4月27日(火)に開催されます。

当イベントについて

近年日本におけるVCの拡大により、起業家にとって資金調達は比較的容易に行えるようになりました。

しかしこれは、ファイナンス面での余裕ができる一方で、無理にでもプロダクトや事業の成長スピードを高める必要性が生まれることを意味します。これは果たして全ての起業家にとって望ましいことでしょうか?

また「エンジェル投資家」に出資をお願いしても、資金以外での充実した支援を受けられるとは限りません。

そんな中、VC、エンジェル投資家とは違った面から支援を行う組織、それが「スタートアップスタジオ」です。

日本では未だ馴染みのない言葉ですが、シリコンバレーをはじめとしたスタートアップ最前線では既に注目が高まっており、日本においてもその動きがさらに活発化することは間違いありません。

将来起業を少しでも考えている皆様はその新たな選択肢についてしっかりと理解している必要があります。

そんな思いからFastGrowでは日本のスタートアップスタジオを牽引するStudio ENTRE山口氏Creww伊地知氏をお招きしてトークイベントを開催します。

登壇者
山口 哲一氏 Studio ENTRE株式会社 代表取締役
早稲田大学在学中から音楽のプロデュースに関わり、中退。1989年、株式会社 バグ・コーポレーションを設立。「SION」「村上”ポンタ”秀一」「佐山雅弘」「村田陽一」「こだまさおり」など実力派アーティストのマネージメントを行う。プロデューサーとして「東京エスムジカ」「ピスト ルバルブ」「Sweet Vacation」など の個性的なアーティストをデビューさせた。2014年からは新時代の音楽ビジネスを担う人材のための活動を続けている。エンターテインメントによる起業家支援のための「START ME UP AWARDS」を実行委員長となって立ち上げた。2020年8月エンターテック分野の起業家育成と新事業創出を行うStudioENTREを設立し、代表取締役に就任。mixiエンタメファンドへのソーシングも行うと発表、注目を集めた。

伊地知 天氏 Creww株式会社 代表取締役
1983年生まれ。15歳で単身渡米。2005年、21歳の時にカリフォルニア州立大学在学中に起業。アメリカで立ち上げた会社は2010年に米大手事業会社へ売却。2009年にフィリピンで創業した会社は創業3年で売却。東日本大震災を機に日本に戻り、2012年にCrewwを創業。現在は、新経済連盟の幹事として 「オープンイノベーションプロジェクトチーム」リーダーを務めるなど、スタートアップエコシステムの構築やオープンイノベーションに関わる多くの組織やプロジェクトに参画している。

関根 佑介氏 フォッグ株式会社 代表
20年近くWEBサービスを中心に多くのサービスの企画、設計、運用など行い、 1サービスの最大DL記録は世界6,000万DL。これまでの累計DL数は7,500万DLほど。 現在はエンタメ業界を中心にファンコミュニティやオーディションに特化したサービスを展開中。 その他、映画プロジェクト参画や他社のアドバイザーなどで活動。

海保 けんたろー氏 株式会社ワールドスケープ 代表取締役  
プロミュージシャンとして活動する中で多くの課題に気づき、2011年に株式会社ワールドスケープを創業。「Frekul」を立ち上げ、17,000組以上のアーティストの音楽活動支援を行う。 創業10年となる2021年に代表を退任し、現在は複数のプロジェクトに関わりながら次の挑戦を模索中。 趣味はボードゲーム。

スタートアップスタジオとは?

スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げ、起業家やイノベーターが新しいコンセプトを次々に打ち出す上で理想的な場を提供する組織。

●エンターテイメント領域のDXを志すスタートアップスタジオ「Studio ENTRE
●本業を続けながら、起業や新規事業創出を目指すスタートアップスタジオ「STARTUP STUDIO by Creww

「起業は目的ではなく手段」それは本当に正しい?

「起業はリスク。そんなの昔の話」という風潮が強まる今。起業ブームにあやかり、とにかく起業!という方も増えたように感じられます。実際にスタートアップの数は年々増加傾向にあります。

そのような動機では成功しないと、起業家たちに警鐘を鳴らす声がある一方、社会全体からすれば良い風潮と捉える意見もあります。

起業は手段ではなく目的」という聞き飽きたフレーズが今でも多用される背景には、このように社会の”起業”に対する価値観が揺れ動いているという事実があります。

将来起業を考えている皆様にとって、起業の動機は果たして本当に大事なものでしょうか?

そこでイベント後半にはフォッグ関根氏ワールドスケープ海保けんたろー氏、のお二人もお招きし、
起業という選択肢を選ぶ意義とは?」について徹底的に議論していただきます。

こんな方におすすめ

  • 将来的に起業を考えているが、事業の壁打ちや資金調達やはまずVCと考えている方
  • 起業にあたり、多くの選択肢から自分にあった最適な方法を選びたいと考えている方
  • 起業の目的が実は曖昧かもしれないという方
  • 次世代の起業家が集まるコミュニティを押さえておきたいという方

今まさに起業を考えている方のみならず、将来的にぼんやりと起業を考えている方でも大歓迎!ご参加をお待ちしております!
※本イベントはオンライン開催です。ご自宅等インターネット環境からご参加ください。
画面OFF・音声ミュートでお気軽に参加可能!途中参加歓迎!

イベント詳細

開催日時:2021年04月27日(火)19:30-21:00

申込締切日:2021年04月26日(月)23:59

【当日の流れ】

19:30 イントロダクション
19:35 スタートアップスタジオから始まる新たなエコシステム
SPEAKER:山口哲一氏・伊地知天氏
20:15 起業は手段?目的?この議論に終止符を
SPEAKER:山口哲一氏・関根佑介氏・海保けんたろー氏
20:45 質疑応答・アンケート回答・閉会
21:00 閉会


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント