12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【オンラインイベント】起業家予備軍は「スタートアップスタジオ」を知れ!

起業家支援といえばVC!という固定観念を変える、「スタートアップスタジオ」という新たな支援の形とは?これから起業を志す若者が知っておくべき「スタートアップスタジオ」について、日本のスタートアップスタジオを牽引するStudio ENTRE山口氏、Creww伊地知氏を招いたFastGrow主催のトークイベントが4月27日(火)に開催されます。

当イベントについて

近年日本におけるVCの拡大により、起業家にとって資金調達は比較的容易に行えるようになりました。

しかしこれは、ファイナンス面での余裕ができる一方で、無理にでもプロダクトや事業の成長スピードを高める必要性が生まれることを意味します。これは果たして全ての起業家にとって望ましいことでしょうか?

また「エンジェル投資家」に出資をお願いしても、資金以外での充実した支援を受けられるとは限りません。

そんな中、VC、エンジェル投資家とは違った面から支援を行う組織、それが「スタートアップスタジオ」です。

日本では未だ馴染みのない言葉ですが、シリコンバレーをはじめとしたスタートアップ最前線では既に注目が高まっており、日本においてもその動きがさらに活発化することは間違いありません。

将来起業を少しでも考えている皆様はその新たな選択肢についてしっかりと理解している必要があります。

そんな思いからFastGrowでは日本のスタートアップスタジオを牽引するStudio ENTRE山口氏Creww伊地知氏をお招きしてトークイベントを開催します。

登壇者
山口 哲一氏 Studio ENTRE株式会社 代表取締役
早稲田大学在学中から音楽のプロデュースに関わり、中退。1989年、株式会社 バグ・コーポレーションを設立。「SION」「村上”ポンタ”秀一」「佐山雅弘」「村田陽一」「こだまさおり」など実力派アーティストのマネージメントを行う。プロデューサーとして「東京エスムジカ」「ピスト ルバルブ」「Sweet Vacation」など の個性的なアーティストをデビューさせた。2014年からは新時代の音楽ビジネスを担う人材のための活動を続けている。エンターテインメントによる起業家支援のための「START ME UP AWARDS」を実行委員長となって立ち上げた。2020年8月エンターテック分野の起業家育成と新事業創出を行うStudioENTREを設立し、代表取締役に就任。mixiエンタメファンドへのソーシングも行うと発表、注目を集めた。

伊地知 天氏 Creww株式会社 代表取締役
1983年生まれ。15歳で単身渡米。2005年、21歳の時にカリフォルニア州立大学在学中に起業。アメリカで立ち上げた会社は2010年に米大手事業会社へ売却。2009年にフィリピンで創業した会社は創業3年で売却。東日本大震災を機に日本に戻り、2012年にCrewwを創業。現在は、新経済連盟の幹事として 「オープンイノベーションプロジェクトチーム」リーダーを務めるなど、スタートアップエコシステムの構築やオープンイノベーションに関わる多くの組織やプロジェクトに参画している。

関根 佑介氏 フォッグ株式会社 代表
20年近くWEBサービスを中心に多くのサービスの企画、設計、運用など行い、 1サービスの最大DL記録は世界6,000万DL。これまでの累計DL数は7,500万DLほど。 現在はエンタメ業界を中心にファンコミュニティやオーディションに特化したサービスを展開中。 その他、映画プロジェクト参画や他社のアドバイザーなどで活動。

海保 けんたろー氏 株式会社ワールドスケープ 代表取締役  
プロミュージシャンとして活動する中で多くの課題に気づき、2011年に株式会社ワールドスケープを創業。「Frekul」を立ち上げ、17,000組以上のアーティストの音楽活動支援を行う。 創業10年となる2021年に代表を退任し、現在は複数のプロジェクトに関わりながら次の挑戦を模索中。 趣味はボードゲーム。

スタートアップスタジオとは?

スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げ、起業家やイノベーターが新しいコンセプトを次々に打ち出す上で理想的な場を提供する組織。

●エンターテイメント領域のDXを志すスタートアップスタジオ「Studio ENTRE
●本業を続けながら、起業や新規事業創出を目指すスタートアップスタジオ「STARTUP STUDIO by Creww

「起業は目的ではなく手段」それは本当に正しい?

「起業はリスク。そんなの昔の話」という風潮が強まる今。起業ブームにあやかり、とにかく起業!という方も増えたように感じられます。実際にスタートアップの数は年々増加傾向にあります。

そのような動機では成功しないと、起業家たちに警鐘を鳴らす声がある一方、社会全体からすれば良い風潮と捉える意見もあります。

起業は手段ではなく目的」という聞き飽きたフレーズが今でも多用される背景には、このように社会の”起業”に対する価値観が揺れ動いているという事実があります。

将来起業を考えている皆様にとって、起業の動機は果たして本当に大事なものでしょうか?

そこでイベント後半にはフォッグ関根氏ワールドスケープ海保けんたろー氏、のお二人もお招きし、
起業という選択肢を選ぶ意義とは?」について徹底的に議論していただきます。

こんな方におすすめ

  • 将来的に起業を考えているが、事業の壁打ちや資金調達やはまずVCと考えている方
  • 起業にあたり、多くの選択肢から自分にあった最適な方法を選びたいと考えている方
  • 起業の目的が実は曖昧かもしれないという方
  • 次世代の起業家が集まるコミュニティを押さえておきたいという方

今まさに起業を考えている方のみならず、将来的にぼんやりと起業を考えている方でも大歓迎!ご参加をお待ちしております!
※本イベントはオンライン開催です。ご自宅等インターネット環境からご参加ください。
画面OFF・音声ミュートでお気軽に参加可能!途中参加歓迎!

イベント詳細

開催日時:2021年04月27日(火)19:30-21:00

申込締切日:2021年04月26日(月)23:59

【当日の流れ】

19:30 イントロダクション
19:35 スタートアップスタジオから始まる新たなエコシステム
SPEAKER:山口哲一氏・伊地知天氏
20:15 起業は手段?目的?この議論に終止符を
SPEAKER:山口哲一氏・関根佑介氏・海保けんたろー氏
20:45 質疑応答・アンケート回答・閉会
21:00 閉会


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント