12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

京急電鉄とモビリティスタートアップ「NearMe」がオンデマンド型シャトルの実証実験を開始

京浜急行電鉄株式会社と、株式会社NearMe、および株式会社サムライインキュベートは、2019年8月21日(水)~8月27日(火)の期間限定で、オンデマンド型のシャトルサービス「スマートシャトル™」の実証実験を行うことを発表した。

本サービスは、京急グループとスタートアップによる事業共創を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第2期で採択企業となったNearMe(ニアミー)の開発する配車AIを活用し、最大9人乗りの相乗りシャトルを、複数の利用者からのリクエストに基づいて最適なルートで運行する次世代型のモビリティサービスである。

「スマートシャトル™」の第一弾であるシティシャトルは、国内外の観光客やビジネスパーソンをターゲットに、京急イーエックスインホテルグループ4館から、都内4区(港区、千代田区、中央区、台東区)内の任意のスポットまたは羽田空港まで運行する。車内ではタブレットで観光情報などのPRを行うほか、無料Wi-Fiの提供、さらに東京電力エナジーパートナー株式会社の提供するモバイルバッテリー「充レン」を無料で提供し、目的地までの快適な移動だけでなく、移動時間の有効活用を促す。本サービスは多言語対応で、日本の交通手段に不慣れな訪日外国人旅行客の快適な移動にも貢献する。

3社は、本取り組みを通じて、多様化する移動のニーズや、運転士不足などの諸課題に対応できる、効率的で持続可能なサービスの創出に向けた検証を行い、京急沿線地域において、各エリアの課題に応じた次世代モビリティサービスの創出を目指していく。

実証実験概要

運行期間:2019年8月21日(水)~8月27日(火)
運行時間:7:00~12:00
利用対象者:京急イーエックスインホテルグループ(以下4館)に宿泊する国内外の観光客およびビジネスパーソン等
運行形態:最大9人乗りの相乗りシャトル
対応言語:日本語、英語
乗車場所:京急EXホテル品川(東京都港区高輪3-13-3)
     京急EXホテル高輪(東京都港区高輪4-10-8)
     京急EXイン東銀座(東京都中央区築地2-15-15)
     京急EXイン秋葉原(東京都台東区秋葉原2-1)
降車場所:港区、中央区、千代田区、台東区内の任意スポット、羽田空港第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナル

利 用 料:無料(アンケート回答へのご協力が条件となります)

シティシャトル 申し込み方法・利用フロー

(1)専用WEBサイト(https://app.nearme.jp/city-shuttle/)へアクセス(2)配車リクエスト
(3)アカウント登録(初回利用時のみ)
(4)配車確定メールが届いたら予約完了

利用者のメリット

■NearMeについて

リアルタイムの位置情報を活用して地域活性化に貢献する“瞬間マッチング”プラットフォーム作りを目指し、まずシェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)領域からスタート。渋滞緩和、混雑の解消、高齢者のアシになることはもちろん、快適な移動を創造する「タクシーの相乗り」アプリを展開している。

WEBサイト(タクシー相乗りアプリ「nearMe.」):https://nearme.jp/

■「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第2期について

2017年から実施している、スタートアップ企業との事業共創プログラム「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」の第2期は、2018年11月にサムライと共に開始し、「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」という新規事業ビジョンの実現を図るため、102件の応募から5社を採択した。

最新のビジネスモデルやテクノロジーを展開するスタートアップ企業と豊富な事業基盤を持つ京急グループの協業にあたり、サムライは事業共創における具体的なノウハウ提供やメンターとして伴走支援を行い、スピード感を持って新しい価値の創造に挑んでいる。

WEBサイト:http://openinnovation.keikyu.co.jp/

プレスリリース発表元企業:株式会社サムライインキュベート
配信元:PR TIMES

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント