12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

前田建設とアイデアクラウドのオープンイノベーション|ARサービスを活用した新感覚アート体験

前田建設工業が運営するICI総合センターはAI・AR・VR・VTuberなどの先端技術事業を手がけるアイデアクラウドと共創を行い、2020年9月19日(土)より開催される「白峰ボーディングスクール」にて、総合ARサービス「AR SYNC」を活用した新感覚アート体験を提供する。

里山地域におけるAR技術を活用した新しいアート体験の実証

総合ARサービス「AR SYNC」では、低コストで手軽にCGモデルを自由自在に配置・閲覧することができ、本サービスとアート作品を融合することで、様々な場所で自由にアート作品を閲覧可能な新感覚アートを体験することができる。
「白峰ボーディングスクール」とは、「アート・サイエンス・エンジニアリング・デザイン」をコンセプトとした石川県白山市の里山地域で開催される教育プログラムである。本プログラムの中で、山田勇魚氏の作品を「AR SYNC」を用いて鑑賞することで里山における新たな新感覚アート体験の実現を目指す。

AR SYNC公式サイト
https://ar-sync.com/about.html

白峰ボーディングスクール

自然環境の変化やコロナ禍により、生活様式や仕事のスタイル、価値観が、想像もしなかったほど変わる中、白山麓の白峰という集落で、次の時代を生き抜くための新しい「学びの場」を提供するためのプロジェクト「白峰ボーディングスクール」が始動する。
「白峰ボーディングスクール」が目指すのは、里山である白峰が持つ資源や課題を活かした教育先端都市である。町や自然そのものを教材に、都市で暮らす子どもや大人が、創造性を発揮するために重要な「アート・サイエンス・エンジニアリング・デザイン」を一体的に学び、SDGs実現にむけた課題解決を考え、実装する過程を体験できる場をつくる。

パイロット版として開講する「AUTUMN CAMP 2020」は、米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) が運営するMITメディアラボで、創造性を発揮するために重要な4要素として言及される「Art × Science × Engineering × Design」を同時に体験できる3泊4日の体験型授業である。

開催日:2020年9月19日(土)~9月22日(火)
対象:小学校 高学年〜高校生+社会人(保護者含む)
参加費:おひとり 20,000円(税込)
開催場所:石川県白山市白峰地域(無料送迎あり)
定員:20名

共催:白峰ボーディングスクール実行委員会・NPO法人白山しらみね自然学校・株式会社SAGOJO
URL:https://shiramine-bs.link/

美術作家 山田勇魚氏
Artist Profile

1988 神奈川県生まれ
2009 多摩美術大学グラフィックデザイン科入学
2010 東京藝術大学デザイン科入学
2014 東京芸術大学美術学部卒業
   東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻入学
2016 東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了
   東京藝術大学デザイン科教育研究助手 着任
   山田勇魚個展(ACT/東京)
2017 山田勇魚作品展(伊勢丹新宿店/東京)
2018 山田勇魚個展 From The Seabed(代官山蔦屋書店/東京)
2019 東京藝術大学デザイン科教育研究助手 離任
   山田勇魚作品展-Lost and Found-(伊勢丹新宿店/東京)
   山田勇魚 立体作品「輪廻」特別展示(レクサス小倉/福岡)

ICI総合センター概要

ICI総合センターは前田建設工業株式会社が運営する、さまざまな個人・法人・公的機関による「知のネットワーク」を備えた価値創造のラボラトリーである。社会課題の解決を促すオープンイノベーションを体現する。

社名ICI総合センター
所在地〒302-0021  茨城県取手市寺田5270
URLhttps://www.ici-center.jp/
社名前田建設工業株式会社
設立1919年1月8日
所在地東京都千代田区富士見二丁目10番2号
代表者代表取締役社長:前田 操治
URLhttp://www.maeda.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。