12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

スタートアップ募集開始|愛知県「Aichi Open innovation Accelerator」

大手企業とスタートアップの共創を支援するアドライトは、愛知発スタートアップの土壌を醸成する「Aichi Open innovation Accelerator(主催:愛知県)」を二期連続で受託し、この度スタートアップ募集を開始した。

本プログラムでは、オープンイノベーションパートナー11社※1とのマッチングのもと新規事業創出の機会のほか、事業サポーター8社※2によるPoC・実証実験、資金相談、VCや起業家、スタートアップ元役員によるメンタリング、さらにスタートアップがビジネスを加速するために必要な知識・理論・実践を学ぶ「研修会」受講等が提供される。

Aichi Open innovation Accelerator

9月11日よりスタートアップのエントリーを受付開始。9月24日には募集説明会を開催し、オープンイノベーションパートナーより募集テーマや提供可能なリソース、求めるスタートアップ像等の発表がなされる。
※募集テーマ等は特設サイトでも確認することができる
URL:https://aichi-oi-accelerator.com/

Aichi Open innovationとは?

愛知県の製造品出荷額等は、昭和52年以来42年連続全国1位である一方、今後、主力産業である自動車産業におけるCASE やMaaS の進展や、データ活用が付加価値の源泉となるSociety5.0 の到来といった構造的変化が、愛知県の産業の姿と競争力を大きく変えることが想定されている。

このような状況において、県内企業がこれまで培ってきたモノづくり文化や伝統、技術・技能を活かしつつ、新しいアイデア・視点を持つイノベーターの活力を推進剤とし、イノベーションを次々と起こし、産業の新陳代謝を活発化する必要がある。

そこで、新しい価値を創造する主体としてIoTやAI等の技術を有するスタートアップを愛知県内外から誘引し、個別の短期集中支援や資金獲得・事業提携等につなげるための場を提供するものである。新たなビジネスモデルの創出や技術革新の成功のロールモデルを生み出し、「愛知発スタートアップ」の土壌を醸成する。

新たなイノベーションを起こすIoT、AI等、革新的な技術を有するスタートアップを県内外から募集。10社程度選定し、著名起業家等のメンターや研修プログラムによる短期集中支援、オープンイノベーションパートナー及び事業サポーター等とのマッチングにつなげるための機会と場を提供する(期間:5ヶ月間程度)。
(出所:Aichi Open innovation Accelerator URL:https://aichi-oi-accelerator.com/

メリット

■VCや起業家、スタートアップ元役員のメンタリングで事業を後押し

固定メンター

  • 飯田 健登氏(ニッセイ・キャピタル株式会社 投資部 ベンチャーキャピタリスト)
  • 海野 慧氏(CarpeDiem株式会社 代表取締役)
  • 原田 憲一氏(株式会社ケイエスピー インキュベーション・インベストメントマネージャー)

 スポットメンター

  • 鎌田 富久氏(TomyK.ltd 代表)
  • 苅谷 公平氏(苅谷公認会計士・税理士事務所 代表)
  • 中川 卓也氏(株式会社アカデミック・ギャングスター 代表取締役)
  • 村田 祐介氏(インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー)
  • 大関 慎也氏(株式会社ZIP-FM 編成局 編成部 プロデューサー)
  • MEGURU氏(株式会社ZIP-FM ナビゲーター)

■ビジネス加速のために必要知識・理論を実践レベルで体得できる研修プログラム受講

  • チームビルディング:11月13日(金)村田 祐介氏(インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー)
  • 法務(知財戦略):12月3日(木)山本 飛翔氏(中村合同特許法律事務所 弁護士・弁理士)
  • ファイナンス:12月17日(木)加瀬 洋氏(アカウンティングフォース税理士法人 代表社員)
  • マーケティング:1月13日(水)西口 一希氏(株式会社Strategy Partners 代表取締役)
  • プレゼンテーション:2月5日(金)山崎 はずむ氏(株式会社Empath CSO)

ほか、
■ZIP-FMナビゲーターがピッチをレクチャー
■実証実験・PoC、資金相談等の機会を提供
■コワーキングスペースの無償提供

募集要項は特設サイト参照
URL:https://aichi-oi-accelerator.com/

※1 オープンイノベーションパートナー

  1. 愛三工業株式会社
  2. ジャパンベストレスキューシステム株式会社
  3. 新日本法規出版株式会社
  4. 株式会社豊田自動織機
  5. 豊田通商株式会社
  6. トランコム株式会社
  7. 名古屋鉄道株式会社
  8. 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
  9. 三菱電機株式会社
  10. 株式会社UACJ
  11. 菱電商事株式会社

※2 事業サポーター

  1. 株式会社愛知銀行
  2. 株式会社ZIP-FM
  3. 株式会社十六銀行
  4. 株式会社中京銀行
  5. 東京海上日動火災保険株式会社
  6. 株式会社名古屋銀行
  7. 錦二丁目エリアマネジメント株式会社
  8. 藤田医科大学ロボティックスマートホーム・活動支援機器研究実証センター

関連イベント

924開催、Aichi Open innovation Accelerator「スタートアップ募集説明会」

日時: 2020年9月24日(木)18時~20時30分

形態: オンライン

内容:プログラムの説明、オープンイノベーションパートナープレゼンテーション・質疑応答、トークセッション

対象:スタートアップ

登壇企業
■オープンイノベーションパートナー
愛三工業株式会社、ジャパンベストレスキューシステム株式会社、新日本法規出版株式会社、株式会社豊田自動織機、豊田通商株式会社、トランコム株式会社、名古屋鉄道株式会社、日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社、三菱電機株式会社、株式会社UACJ、菱電商事株式会社

■トークセッション
名古屋鉄道株式会社、株式会社メイテツコム、中日本航空株式会社、株式会社マップフォー

株式会社アドライトについて

大手企業の新規事業の創出支援、社内ベンチャー制度構築、イノベーター人材育成等、各社に合わせて提供している。オープンイノベーションにおいては、国内外スタートアップから最適な企業を選定し、戦略立案、事業化まで一気通貫でサポート。企業にとどまらず、行政機関や主要自治体とも連携し、 世の中に大きなインパクトを与える事業創造を目指している。

社名株式会社アドライト
設立2008年1月
所在地〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階(Inspired.Lab内)
代表者木村 忠昭
事業概要イノベーション創造のための新規事業創出サービスの提供
URLhttps://www.addlight.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。