12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

ガイアックススタートアップスタジオ、地方の若手起業家に投資や事業支援のオンライン選考スタート

ガイアックスの新規事業創出・育成組織スタートアップスタジオは7月18日より、地方在住の起業家の投資・事業支援を対象としたオンラインの地区選考を開始する。18日は九州・沖縄地区の選考を実施し、関西、中国、東北、北海道地区でも順次開催予定である。ガイアックススタートアップスタジオは新型コロナウイルスの感染拡大防止をきっかけに完全オンラインでの起業支援をスタートした。これまでは、起業のサポートを受ける機会の少なかった地方に住む起業家にもチャンスがさらに広がることを目指す。

九州/沖縄地区の選考概要

開催日時:2020年7月18日(土)19:00〜21:00

エントリー〆切:同17日(金)18:00(定員集まり次第受け付け終了)

エントリー方法:九州/沖縄地区 選考ページ(https://gaiax-sutartup-studio.tilda.ws/kyusyu-okinawa)からアクセスし、エントリーする。エントリーに関する問い合わせも、上記の選考ページより連絡をする。 

対象:今後1年以内に起業予定の九州・沖縄在住の学生又は社会人3年目までの起業家
※一人でもチームでも参加可能。法人設立前又は法人設立1年未満が対象

定員:8名

参加方法:オンライン開催(Zoom、アクセス方法はエントリー後に案内予定)

参加費:無料

選考内容:エントリー時に事業アイデア・発表資料を提出し、当日は参加者がオンライン上で事業内容に関するプレゼンテーションを実施する。スタートアップスタジオメンバーである審査員4名が審査・フィードバックし、選考通過者を発表後その場で投資判断がされる。通過者にはすべてオンラインで投資、または投資に向けた仮説検証の支援を開始する。


当日のスケジュール(予定)
19:00 – OPEN
19:15 – オープニング
19:30 – プレゼンテーション
20:50 – 審査
21:00 – 審査結果発表
※他地区の選考に関しては順次情報解禁予定

ガイアックス技術本部長/スタートアップスタジオ責任者・佐々木 喜徳のコメント

地方には東京で暮らしていると気づけないような課題が山積しています。スタートアップビジネスにおいて、社会課題からユーザーのインサイトを見つけることがとても重要であり、それを見つけ検証する土壌としてとても可能性を感じています。また、コロナ禍により急速に広まったリモート(オンライン)での業務やサービスの拡充によって、地方から生まれたビジネスのタネを日本全国に展開することが以前よりも格段に取り組みやすくな っていると考えています。首都圏で培った事業開発ノウハウを惜しみなく注ぎ込み、地方から新たな起業家を創出していけることを非常に楽しみにしています。

今後の展望

九州・沖縄地区で選考後、関西、中国、東北、北海道地区でも選考を実施予定である。選考を突破した起業家には出資だけでなく、事業開発やエンジニアリング、バックオフィスの支援も行われる。初めての起業でも数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウを活かした事業活動に取り組むことができ、アイデアの構想段階から起業後の資金調達とパートナー探しのフェーズなどあらゆる相談に対応予定である。地区選考を通して10社の創出を目標としている。

ガイアックススタートアップスタジオについて

「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているガイアックスでは、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミー(CtoC)事業の新規立ち上げに注力している。
この分野で新しい未来を創りたい人を支援し、初期の事業検証から出資後のハンズオン支援までおこなう組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」である。ガイアックスのスタートアップスタジオは、リーンスタートアップをベースとして以下の特徴を持っている。

・若手に特化
・直近半年にスタートしたファウンダーの8割が、現役学生〜新卒3年目
・超シード期からの支援
・事業プランがまだ定まっていなくとも、有給インターンをしながら、事業アイデア探し〜初期検証が可能
・ファウンダーは社外と社内のハイブリッド型社外からのファウンダー採用だけでなく、ガイアックスの社員もファウンダー対象。社内人材の場合、何度もトライする中で、成功確度を上げることができる。

これまでの支援実績

農業人材のシェアリングを行う「株式会社シェアグリ」(https://sharagri.studio.design/)や、オンライン飲み会のプラットフォームを提供する事業を行う「株式会社オクリー」(https://okuly.jp/)など過去8件の創業を支援。これまで約300件のアドバイスをしてきた。

社名株式会社ガイアックス
設立1999年3月
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
代表者代表執行役社長:上田 祐司
事業概要ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URLhttps://www.gaiax.co.jp/


PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。