12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

ガイアックススタートアップスタジオ、地方の若手起業家に投資や事業支援のオンライン選考スタート

ガイアックスの新規事業創出・育成組織スタートアップスタジオは7月18日より、地方在住の起業家の投資・事業支援を対象としたオンラインの地区選考を開始する。18日は九州・沖縄地区の選考を実施し、関西、中国、東北、北海道地区でも順次開催予定である。ガイアックススタートアップスタジオは新型コロナウイルスの感染拡大防止をきっかけに完全オンラインでの起業支援をスタートした。これまでは、起業のサポートを受ける機会の少なかった地方に住む起業家にもチャンスがさらに広がることを目指す。

九州/沖縄地区の選考概要

開催日時:2020年7月18日(土)19:00〜21:00

エントリー〆切:同17日(金)18:00(定員集まり次第受け付け終了)

エントリー方法:九州/沖縄地区 選考ページ(https://gaiax-sutartup-studio.tilda.ws/kyusyu-okinawa)からアクセスし、エントリーする。エントリーに関する問い合わせも、上記の選考ページより連絡をする。 

対象:今後1年以内に起業予定の九州・沖縄在住の学生又は社会人3年目までの起業家
※一人でもチームでも参加可能。法人設立前又は法人設立1年未満が対象

定員:8名

参加方法:オンライン開催(Zoom、アクセス方法はエントリー後に案内予定)

参加費:無料

選考内容:エントリー時に事業アイデア・発表資料を提出し、当日は参加者がオンライン上で事業内容に関するプレゼンテーションを実施する。スタートアップスタジオメンバーである審査員4名が審査・フィードバックし、選考通過者を発表後その場で投資判断がされる。通過者にはすべてオンラインで投資、または投資に向けた仮説検証の支援を開始する。


当日のスケジュール(予定)
19:00 – OPEN
19:15 – オープニング
19:30 – プレゼンテーション
20:50 – 審査
21:00 – 審査結果発表
※他地区の選考に関しては順次情報解禁予定

ガイアックス技術本部長/スタートアップスタジオ責任者・佐々木 喜徳のコメント

地方には東京で暮らしていると気づけないような課題が山積しています。スタートアップビジネスにおいて、社会課題からユーザーのインサイトを見つけることがとても重要であり、それを見つけ検証する土壌としてとても可能性を感じています。また、コロナ禍により急速に広まったリモート(オンライン)での業務やサービスの拡充によって、地方から生まれたビジネスのタネを日本全国に展開することが以前よりも格段に取り組みやすくな っていると考えています。首都圏で培った事業開発ノウハウを惜しみなく注ぎ込み、地方から新たな起業家を創出していけることを非常に楽しみにしています。

今後の展望

九州・沖縄地区で選考後、関西、中国、東北、北海道地区でも選考を実施予定である。選考を突破した起業家には出資だけでなく、事業開発やエンジニアリング、バックオフィスの支援も行われる。初めての起業でも数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウを活かした事業活動に取り組むことができ、アイデアの構想段階から起業後の資金調達とパートナー探しのフェーズなどあらゆる相談に対応予定である。地区選考を通して10社の創出を目標としている。

ガイアックススタートアップスタジオについて

「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているガイアックスでは、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミー(CtoC)事業の新規立ち上げに注力している。
この分野で新しい未来を創りたい人を支援し、初期の事業検証から出資後のハンズオン支援までおこなう組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」である。ガイアックスのスタートアップスタジオは、リーンスタートアップをベースとして以下の特徴を持っている。

・若手に特化
・直近半年にスタートしたファウンダーの8割が、現役学生〜新卒3年目
・超シード期からの支援
・事業プランがまだ定まっていなくとも、有給インターンをしながら、事業アイデア探し〜初期検証が可能
・ファウンダーは社外と社内のハイブリッド型社外からのファウンダー採用だけでなく、ガイアックスの社員もファウンダー対象。社内人材の場合、何度もトライする中で、成功確度を上げることができる。

これまでの支援実績

農業人材のシェアリングを行う「株式会社シェアグリ」(https://sharagri.studio.design/)や、オンライン飲み会のプラットフォームを提供する事業を行う「株式会社オクリー」(https://okuly.jp/)など過去8件の創業を支援。これまで約300件のアドバイスをしてきた。

社名株式会社ガイアックス
設立1999年3月
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
代表者代表執行役社長:上田 祐司
事業概要ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URLhttps://www.gaiax.co.jp/


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント