12.8 C
Japan
水曜日, 12月 7, 2022

オンライン介護実現を目指す「リハブオンラインプロジェクト」第1回実証実験が終了。第2回実証実験を実施へ。

デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」を運営するRehab for JAPANは、将来的な「オンライン介護」の実現を目指す「リハブオンライン(RehabOnline)プロジェクト」で実施した6月の実証実験を終了した。また、実証実験が概ね好感触だったため、7月中旬より事業所数を拡大した第2回実証実験の実施に向けて動くとした。

オンライン介護の実現を目指す「リハブオンラインプロジェクト」第1回実証実験が終了

5月末から6月にかけて実施した「リハブオンラインプロジェクト」の第1回実証実験が終了した。
Rehab for JAPANは、実験を通して、わかってきたメリット/効果やデメリット/課題について以下に記している。

オンラインでの生存確認や健康状態の確認が可能に

今回、5名の高齢者を対象にオンラインコミュニケーションを通じて、「生存確認」、「健康状態の確認」、「痛みの状態の確認」、「運動状況の確認」と4つの基本的な状況確認を行った。

結果として5名すべての方とスムーズにオンラインでコミュニケーションを取り、状況を確認することでた。

オンラインコミュニケーションにより、高齢者本人のQOLの向上に貢献

オンラインコミュニケーションを実施した後で、高齢者またはその家族の変化はあったかを、デイサービス事業者と高齢者およびその家族にヒアリングを行ったところ、

【デイサービス事業者】

・普段デイサービスではできなかったタブレット仲間が増えていた。知り合いが増えることで本人の活動範囲が広がったり、コミュニティの輪が広がっているように感じた。

・高齢者さんが1週間のうちデイサービス以外の予定ができたことで、今まで以上に生活が充実している様子であった。

・1人では外出禁止で日中家族が不在のため1日中自宅にいた高齢者さんがアクティブに活動するようになっている。

【高齢者/家族】

・顔が見えるので相手の様子がよく分かり、話しやすい。
・参加している感が強く感じられる。
・顔が見えると服を着替えたり、化粧をしたり生活が変わるのが良い。
・タブレットの操作やオンライン会話など新しいことにチャレンジして自分で操作できるなど自信や意欲につながっている。

など、高齢者の普段の生活を充実させることができそうだということが明らかになった。

家族の介護への参加や介護に対する理解が深まる一面も

今回の実証実験では、高齢者本人のメリットだけでなく、家族の介護への参加や介護に対する理解が深まる一面があることも確認できている。
実証実験終了後に行ったデイサービス事業者やご家族のヒアリングでは、

【デイサービス事業者】
・高齢者本人よりも娘さんや息子さんなどが張り切って体操に参加していた。普段のデイサービスの様子を家族にもお伝えするために、日記、手帳などを渡している。オンラインコミュニケーションを実施することで家族とより良い信頼関係の構築に繋がった

家族の意識が大きく変わったように感じる。今まで家族が何事においても認知症があるからやれないだろう、圧迫骨折があったからあまり運動はできないという固定概念があった。オンラインコミュニケーションを通じて会話や体操に取り組めている姿をみて、もっといろんな活動に積極的に参加して欲しいなどと意識が変わったように思える。

【家族】
デイサービスの活動の様子が分かるのが凄く良かった。

機材操作や使い方レクチャー等の課題があることは明白

・ログインまでの操作手順をもっと簡単にして欲しい。
・画面を大きくする(full screen)をするタッチ方法が難しかった
・タブレットの数、WiFi環境、操作できる人がいるかが課題になりそう
・家族がいないとセッティングは難しい
・アプリマークなど絵でみて分かる説明資料や日本語での取扱解説書になるといい。

満足度は高水準。またやってみたいと答えた方が8割。家族・高齢者ともに様々な気づきも。

高齢者にオンラインコミュニケーションはどれくらい満足していますか?を5段階で聞いたところ、非常に満足が3名、やや満足が2名と全ての高齢者が、一定以上に満足していたことがわかった。
またオンラインコミュニケーションをやってみたいですか?の問に対しても4名の方がやってみたいと回答している。さらに、オンラインコミュニケーションを実施したことで、家族や本人ともに様々な気付きがあり、検証終了を惜しむ声もあったとしている。

【家族】
・オンラインコミュニケーションが楽しみで1時間前からタブレット越しで待機してたり日常の中に変化があって楽しそうだった

・母がタブレット操作ができると思ってもみなかったし、1時間も体操ができるなんて思わなかった。

【高齢者】
・タブレットを自分でも購入したい。息子とのオンライン会話でもやりたい
オンラインケーションがなくなるのは寂しくなる。

7月中旬より事業所数を拡大した第2回実証実験を実施へ

第1回の実証実験を終えて、デイサービス事業者や高齢者にとってメリットのあるサービス提供ができる可能性が高いと感じている。今後は実証実験を行うデイサービス事業者を複数社に増やし、第2回の実証実験を7月中旬より実施、サービス化に向けて取り組んでいく。

協力デイサービス事業者

法人名:株式会社 花咲み
事業所名:カルチャー型デイサービスセンターサロン de Day
定員数:10名
サービス提供時間:7-8h

実証実験の概要

・期間 :2020年5月23日~2020年6月22日
・対象者:5名
・年齢 :80~90代(80代3名、90代2名)

リハプランについて

リハプランは、機能訓練業務を誰でも簡単・安心・効果的に行える「デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト」である。最新の高齢者データベースをもとに2,500種類、500セットの目標・運動プログラムから最適な計画・訓練を自動で提案。リハビリ業務に必要な全ての機能があり、職員の書類業務負担を軽減、介護事業所の差別化・売上アップを支援する。

URL:https://rehaplan.jp/training/

社名株式会社Rehab for JAPAN
設立2016年6月10日
資本金東京都品川区西五反田8丁目8-15カーニープレイス五反田8F
代表者大久保亮
事業概要デイサービス向けのリハビリ特化型SaaS 「リハプラン」の開発
URLhttps://rehaplan.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント