12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

【Steams #2】「共創パートナーを選ぶ」難しさと未来への期待

Creww は、”共創”という手法で新しい事業の創生・既存事業の成長を促すためのクラウドサービス、Steamsの運営を開始した。Steams活用のための連載2回目のテーマは、「共創パートナーを選ぶ」難しさと未来への期待」である。

”共創”という手法で新しい事業の創生・既存事業の成長を促すためのクラウドサービスSteams(スチームス)のプロダクトマネージャー本間による、「Steams活用のための連載」が始まっています。第2回目のテーマは、「共創パートナーを選ぶ」難しさと未来への期待です。

共創先を選ぶという行為

日常生活において、「どっちのジャムを買おうかしら」「どの服を着て今日お出かけしようかしら」といったものですら悩みますが、まして「新規事業を成功するためにはどの共創パートナーとタッグを組むか」などという、会社にとっては非常に大きな”選ぶ”行為は、推して知るべき大変さがあります。

さて、私たちがサービス運営する「Steams」は、共創によって事業創出を行うための「共創プログラムの開催支援クラウドサービス」です。Steamsとは、簡単に表現すると「共創事業を創出するためのクラウドサービス」です。Steamsの概要については、こちらの記事をご覧ください。

Steamsを利用いただいている企業様には「共創パートナーを選ぶ」プログラムを運営するロールと、「共創パートナーとして選ばれる」ためにプログラムに応募するロールの2つがあります。

サービスの中でその2つのロールが出会い、共創で事業を作っていくというわけです。

共創パートナーを選ぶプログラムを開催する企業様には、常に「選ぶむずかしさ」と「選んだ先の未来」を感じながらプログラム運営をしていただいております。

Steamsのメイン機能「アクセラレータープログラムの開催」とは

Steamsのメイン機能として「アクセラレータープログラムの開催」があります。アクセラレータープログラムとは、一定期間をかけて複数回の選考を繰り返しながら採択先を選定する形式のプログラムです。

Steamsでは、合計3度の選考があり、プログラム開催企業には3度の「選ぶ」行為が発生します。

一番初めの選考は「書類と資料だけを見て」次のステージに進むか決める。
次の選考は「実際にコミュニケーションをとって」次のステージに進むか決める。
最後の選考は「事業案のプレゼンテーションを受け、ディスカッションをして」採択するか決める。

こう見ると、人材採用に近いかもしれません。

共創パートナーを選ぶ難しさを「未来への期待」先行で解決する

数ある企業、数あるアイデアの中から「未来の基幹事業」が生まれるかもしれない共創パートナー選び。

「どうやって数ある中から選べばいいの?」という疑問を解決することが本noteのメインテーマです。

ちなみにこの「共創パートナー」の選び方の話は、アクセラレータープログラム特有の話であり、ほかのオープンイノベーション手法とは合わない場合もあるので、ご承知おきください。

前述の通り、アクセラレータープログラムは3度の選考があります。書類選考・ディスカッション後の選考・プレゼン後の最終選考と合計3度です。

一番「選ぶのが難しい」のは書類選考であると考えております。少ない情報の中から、次に進む共創先を決める選考です。

ここで、一番してはいけないのは、未来の期待以上に足元の成功を求めてしまう事。

「この共創事業は売上上げるのに時間かかりそう…」
「このアイデアはお金にならなそう…」
「この事業案はよく分からないなぁ…」

そんな理由で書類選考の時点で落選させてしまう。それはとてももったいない!
のです。

まず勘違いしてはいけないのは「共創パートナーが事業を考えてくれる」わけではないということです。

共創の事業は一緒に作るものであり、関係は対等です。アイデアがわかりずらい、シナジーが薄い、短期売上が見えない等は、一緒にディスカッションをしていく内にどんどんとシャープに見えてきます。ご安心ください。

足元よりも、未来に期待しましょう。

ディスカッションを重ねていくうえで、思い描く世界観や目指したいことが重ならなければ、そのタイミングでお断りをすればよいのです。

(この場合は、節度ある対応をしましょう。急に連絡が途切れる等は、言語道断です。)

なにをもって共創パートナーを選ぶか

上記における書類選考を例にとったとき、私たちは2つの軸で「選考を通過させるか否か」を推奨しています。
それは、

– 提案された事業案が「魅力的」か
– 一緒に組む企業として「魅力的」か

この2点です。

最初の段階では、収益性や実現性は、いったん置いておきましょう。それは「見極める」ものではなく、「一緒に考えていくもの」であると考えております。

もし、企業が魅力的だと感じたが事業案が魅力的に見えない場合…

あくまでも提案内容は、協業案の一例に過ぎません。それだけを元に「協業出来る、出来ない」を判断してはいけません。

極論「何をやっている企業か」さえ理解出来れば、提案内容が退屈なものでも実現ハードルが高すぎるものだとしても逆提案すればいいのです。

もし、事業案が魅力的だと感じたが企業が魅力的に見えない場合…

企業の魅力は、提案された側がすべて把握できているわけではありません。人や組織の強み、隠れた技術力、今後想定しているプロダクトのロードマップなど…

事業案が魅力的であれば、きっとその組織は秘めたポテンシャルがあるはずです。ディスカッションの中で明らかにしていきましょう。

何よりも、共通した目的や世界観を

よく「新規事業を成功させる秘訣は?」という話で出てくるのは”担当者の熱意、やり切る力、どれだけ成功させたいと思えるか”というポイントです。

事業のアイデアは、ディスカッションの中でブラッシュアップしていけばよく、企業の魅力はディスカッションの中で見つけていけばよいのです。

けれど、両社の向かう方向性や描く世界観が違うと、どれだけディスカッションをしても、何年・何十年続く事業にはなりえないと思っています。

さあ、共創しよう

Steamsを利用すれば多くの企業と出会い、共創事業を作っていくことが出来ます。

執筆
本間 和城氏 Creww株式会社 Steams Team ProductManager Steams Team ProductManager
2012年に大手Web広告会社に入社後、Web広告を活用したプロモーション戦略の企画~運用までを担当。新規サービスの立ち上げや事業アライアンスも行い、2015年下期、全社MVP獲得。2016年には、マイナビ出版より『基礎から学ぶWeb広告の成功法則』を単著で出版。現在はCreww株式会社で、BtoB SaaSの新規事業におけるプロダクトマネージャー兼カスタマーサクセスとして幅広く業務に従事。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。