12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

『伊藤超短波アクセラレーター2020』を2020年1月20日より開始

伊藤超短波株式会社(代表取締役社長:倉橋 司)と国内最大級のスタートアップコミュニティ※1を運営するCreww株式会社(代表取締役:伊地知 天)は、オープンイノベーション※2により新規ビジネスを創出する『伊藤超短波アクセラレーター2020』を2020年1月20日より開始します。

『伊藤超短波アクセラレーター2020』は、伊藤超短波の経営資源とスタートアップ企業※3の持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すものです。本プログラムの開始に合わせてCreww(クルー)のホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始します。このインターネットを活用した選考プロセスにより、伊藤超短波とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。

伊藤超短波は、電気、温熱、超短波や超音波などの物理的なエネルギーを用いて治療を行う理学療法の一種「物理療法」機器のパイオニアとして数多くの治療器を開発してきました。創業100年を機に「物理療法を究める」をビジョンに掲げ物理療法機器によって、より多くの人が健康に暮らせる社会の実現と、その社会を実現するために「治す」ことにこだわり物理療法の進化と普及に貢献することを目標にしています。

『伊藤超短波アクセラレーター2020』では、伊藤超短波の経営資源を活用しIoT、ウェアラブル、ヘルステックをキーワードにスタートアップ企業との先進的かつ革新的なアイデアやノウハウ・技術を掛け合わせ、より良い社会を実現する共創を目指しています。さらには医療、健康、美容で培った物理療法の技術との融合でこれまでとは全く異なる新事業領域を共創することにより、全ての人々が健康で幸せに暮らせる社会の実現を目指しています。

※1 スタートアップ企業を中心に、投資家やアドバイザーなどのサポーターが参加するコミュニティ
※2 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※3  独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『伊藤超短波アクセラレーター2020』概要

募集期間2020年1月20日(月)~ 2020年1月31日(金)
対象企業国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。
目的伊藤超短波の技術・ノウハウとスタートアップの皆様の先進的かつ革新的なアイデアと熱意を掛け合わせ、全ての人々が健康で幸せに暮らせる社会の実現を目指します。
募集テーマ以下のテーマにおいて共創可能なスタートアップ企業を募集します。
1. 働く世代を心身共に健康に!
現代人は日々の生活の中で生まれる様々なストレスにより自律神経が乱れがちです。睡眠の質を向上させるなど心身のバランスを整えることで働く世代を応援したいと考えています。 
・日々忙しく働く人のライフワークをサポート 
・女性の美と健康をサポート 
・ママの笑顔をサポート(家事・育児支援等)

2. 未来のトップアスリートを支え育てる!
スポーツ界では若い世代が活躍するようになってきており、子どもの頃からコンディショニングを意識することで記録の更新や選手生命の延伸をサポートしていきたいと考えています。 
・あらゆるスポーツにおける競技力向上のサポート 
・セルフケアやコンディション維持  
・ケガの予防

3. いつまでも若々しく元気でいてほしい!
急速に進む高齢化社会において人生100年時代をより健康で生き生きと過ごせる社会を実現したいと考えています。 
・アクティブシニアの健康寿命延伸 
・高齢者の健康維持や未病対策 
・介護支援(睡眠、リハビリ等)、在宅医療やセルフメディケーション 

4. 技術の応用で生み出す新たな世界!
医療、健康、美容で培った物理刺激技術をヘルスケア以外の領域でも活用できるような協業を実現したいと考えています。 
・植物の成長促進や動物のケア等、ヒト以外を対象とした領域での可能性追求 
・物理刺激と化学刺激の融合による新たな産業領域への参入
エントリー方法下記URL(Crewwホームページ内の専用WEBサイト)より、協業案を2,500字以内でご提案くださいhttps://creww.me/ja/collaboration/itochotanpa-2019-12
※2020年1月20日開設
スタートアップ企業が活用できる伊藤超短波の経営資源1.技術・ノウハウ
物理療法機器トップシェアの自社サービス・プロダクト開発、及び国内外自社工場での連携が可能です。・基礎技術:超短波、超音波、ラジオ波、電流、電位、温熱、冷却等の電気エネルギー・開発、規格、技術研究、知財に関する技術・ノウハウ・セミナー開催ノウハウ  

2. 「スポーツ競技団体・選手とのネットワーク」柔道、野球、サッカー、陸上、ラグビー等、様々なジャンルの競技団体・チーム・選手・トレーナーが自社製品を活用しています。効果性を追求した治療器はアスリートから支持を得ており、トップアスリートとのネットワークの活用が可能です。

3.顧客基盤
販路の活用や実証実験場所の提供が可能です。・医療機器エンドユーザー登録数:約200,000件(2019年10月現在) ・取引社数:約4,000件(2019年10月現在)・直営店への来場者数:期間中10,000人以上(3ヵ月間)

4. 資金
具体的な協業がイメージできる案件には出資も検討します。


執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント