12.8 C
Japan
水曜日, 10月 20, 2021

『伊藤超短波アクセラレーター2020』を2020年1月20日より開始

伊藤超短波株式会社(代表取締役社長:倉橋 司)と国内最大級のスタートアップコミュニティ※1を運営するCreww株式会社(代表取締役:伊地知 天)は、オープンイノベーション※2により新規ビジネスを創出する『伊藤超短波アクセラレーター2020』を2020年1月20日より開始します。

『伊藤超短波アクセラレーター2020』は、伊藤超短波の経営資源とスタートアップ企業※3の持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すものです。本プログラムの開始に合わせてCreww(クルー)のホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始します。このインターネットを活用した選考プロセスにより、伊藤超短波とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。

伊藤超短波は、電気、温熱、超短波や超音波などの物理的なエネルギーを用いて治療を行う理学療法の一種「物理療法」機器のパイオニアとして数多くの治療器を開発してきました。創業100年を機に「物理療法を究める」をビジョンに掲げ物理療法機器によって、より多くの人が健康に暮らせる社会の実現と、その社会を実現するために「治す」ことにこだわり物理療法の進化と普及に貢献することを目標にしています。

『伊藤超短波アクセラレーター2020』では、伊藤超短波の経営資源を活用しIoT、ウェアラブル、ヘルステックをキーワードにスタートアップ企業との先進的かつ革新的なアイデアやノウハウ・技術を掛け合わせ、より良い社会を実現する共創を目指しています。さらには医療、健康、美容で培った物理療法の技術との融合でこれまでとは全く異なる新事業領域を共創することにより、全ての人々が健康で幸せに暮らせる社会の実現を目指しています。

※1 スタートアップ企業を中心に、投資家やアドバイザーなどのサポーターが参加するコミュニティ
※2 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※3  独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『伊藤超短波アクセラレーター2020』概要

募集期間2020年1月20日(月)~ 2020年1月31日(金)
対象企業国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。
目的伊藤超短波の技術・ノウハウとスタートアップの皆様の先進的かつ革新的なアイデアと熱意を掛け合わせ、全ての人々が健康で幸せに暮らせる社会の実現を目指します。
募集テーマ以下のテーマにおいて共創可能なスタートアップ企業を募集します。
1. 働く世代を心身共に健康に!
現代人は日々の生活の中で生まれる様々なストレスにより自律神経が乱れがちです。睡眠の質を向上させるなど心身のバランスを整えることで働く世代を応援したいと考えています。 
・日々忙しく働く人のライフワークをサポート 
・女性の美と健康をサポート 
・ママの笑顔をサポート(家事・育児支援等)

2. 未来のトップアスリートを支え育てる!
スポーツ界では若い世代が活躍するようになってきており、子どもの頃からコンディショニングを意識することで記録の更新や選手生命の延伸をサポートしていきたいと考えています。 
・あらゆるスポーツにおける競技力向上のサポート 
・セルフケアやコンディション維持  
・ケガの予防

3. いつまでも若々しく元気でいてほしい!
急速に進む高齢化社会において人生100年時代をより健康で生き生きと過ごせる社会を実現したいと考えています。 
・アクティブシニアの健康寿命延伸 
・高齢者の健康維持や未病対策 
・介護支援(睡眠、リハビリ等)、在宅医療やセルフメディケーション 

4. 技術の応用で生み出す新たな世界!
医療、健康、美容で培った物理刺激技術をヘルスケア以外の領域でも活用できるような協業を実現したいと考えています。 
・植物の成長促進や動物のケア等、ヒト以外を対象とした領域での可能性追求 
・物理刺激と化学刺激の融合による新たな産業領域への参入
エントリー方法下記URL(Crewwホームページ内の専用WEBサイト)より、協業案を2,500字以内でご提案くださいhttps://creww.me/ja/collaboration/itochotanpa-2019-12
※2020年1月20日開設
スタートアップ企業が活用できる伊藤超短波の経営資源1.技術・ノウハウ
物理療法機器トップシェアの自社サービス・プロダクト開発、及び国内外自社工場での連携が可能です。・基礎技術:超短波、超音波、ラジオ波、電流、電位、温熱、冷却等の電気エネルギー・開発、規格、技術研究、知財に関する技術・ノウハウ・セミナー開催ノウハウ  

2. 「スポーツ競技団体・選手とのネットワーク」柔道、野球、サッカー、陸上、ラグビー等、様々なジャンルの競技団体・チーム・選手・トレーナーが自社製品を活用しています。効果性を追求した治療器はアスリートから支持を得ており、トップアスリートとのネットワークの活用が可能です。

3.顧客基盤
販路の活用や実証実験場所の提供が可能です。・医療機器エンドユーザー登録数:約200,000件(2019年10月現在) ・取引社数:約4,000件(2019年10月現在)・直営店への来場者数:期間中10,000人以上(3ヵ月間)

4. 資金
具体的な協業がイメージできる案件には出資も検討します。


執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント