12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

バーチャルイベントプラットフォーム運営のクラスター、総額8.3億円の資金調達実施

バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターは、KDDI Open Innovation Fund 3号、テレビ朝日ホールディングス、Wright Flyer Live Entertainment、31VENTURES Global Innovation Fund 1号、個人投資家を引受先とした第三者割当増資による総額8.3億円の資金調達を実施した。また、資金調達にあわせテレビ朝日とWFLEの2社と業務提携契約を締結した。

「cluster」は、誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントを開催できるVRアプリを展開している。同時に数千人と接続可能で、これにより大規模なバーチャル音楽ライブの開催を可能にし、バーチャル空間での“集まる”熱狂体験を提供してきた。この度の資金調達により、さらなる事業拡大に向けてプロダクト開発やマーケティング強化を図る。

また、この大規模通信可能なバーチャル空間の用途拡大とサービスの利便性向上を目的として、テレビ朝日とWFLEの2社とそれぞれ業務提携契約を提携した。テレビ朝日とは、双方の保有する資産を活用し、バーチャルイベント事業や映像配信事業などにおいて包括的な連携を行い、これまでにないコンテンツの企画・開発を検討していく。WFLEとは、同社の提供する「REALITY」のサービス上で作成したアバターを「cluster」で簡単に利用できる機能開発を共同で行う他、コンテンツ開発に関する連携も強化する。

■クラスター代表取締役 加藤直人氏
「家からライブに参加したい! というシンプルな想いから始まったクラスターですが、これまでユーザーの皆さま、法人取引先の皆さま、投資家の皆さま、そして優秀なメンバーたちに支えられながら、いくつもの世界初となる試みに挑戦しつつ市場を切り拓いてきました。 この度、素晴らしいパートナーの皆さまに理念に共感いただき、そして実績・ポテンシャルを評価していただいて資本業務関係を締結できたこと、非常に嬉しく思います。 バーチャル x エンタメは、日本特有の文化と歴史が強みとなる稀有な領域です。「創造力を加速する」というミッションのもと、日本発のこの体験を世界規模でより多くの人に届けるべく、さらに成長を加速させていきますので、引き続き応援のほどよろしくお願いします。」

■KDDI株式会社 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部長 中馬和彦氏
「KDDIは、KDDIグループのあらゆるアセットを活用し「cluster」のさらなる魅力化に加えて、より高品質なバーチャルイベント体験を共創していきます。また、2020年から開始される5G(第5世代移動通信システム)は、V Rの大容量コンテンツが配信可能となります。バーチャルイベントの体験をよりリッチにすべく、KDDIは引き続きクラスター社のさらなる成長を全力でサポートします。」

■株式会社テレビ朝日ホールディングス 専務取締役 藤ノ木正哉氏
「コンテンツを軸に先端技術を活用した事業創出を推進するテレビ朝日グループにとって、デジタルテクノロジーでライブエンターテインメントをアップデートし、これまでにないワクワクする体験価値を創出するクラスターは、理想的なパートナーであると大変期待しております。」

■Wright Flyer Live Entertainment 代表取締役 荒木英士氏
「私は音楽フェスが好きでよく行くのですが、五感で味わう音圧や熱狂が大好きながらも行列や人混みは大嫌いなので、早くこの体験がバーチャル化して自宅から参加できるようにならないかなと常々思っておりました。clusterが創造する、物理制約から解放されたライブエンターテイメント体験の未来。それを推し進めるチームの一員になり、「なりたい自分で、生きていく」ことができる世界を共に実現していくことを楽しみにしています。」

■三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部 統括 加藤慎司氏
「リアルな空間を創造する三井不動産に対し、バーチャルな空間を様々な様態で創造するクラスター社には無限の可能性を感じます。リアルな空間では制約がある『場所と時間』を容易に超越するその技術に、驚きと興奮を隠せません。未だ誰も成しえていない新しい『場』の創造に期待するとともに、三井不動産としても最大限の協力を行ってまいります。」

今後もクラスターは、“バーチャル経済圏のインフラをつくる”というビジョンの実現に向け、人が集まった時の熱狂感や一体感をオンラインで提供し続けることで、新たな価値を創造して行く。

クラスター株式会社とは

バーチャルキャラクターになってバーチャル空間で人が集まることができるバーチャルイベントサービス「cluster」の企画開発から運営までを行う。「cluster」では音楽ライブやミーティングなどの様々な「集まるシチュエーション」やバーチャルタレントと「会える」イベントなど、新たなエンタメ体験をあらゆる角度から模索し提供している。2018年8月31日には世界初のVR音楽ライブとして、バーチャルYouTuber輝夜月さんの「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」を開催した。
現在「cluster」を利用可能な機種は、VRデバイス(Oculus Rift /HTC VIVE/HTC VIVE Pro)とPC(Mac/Windows)である。

社名クラスター株式会社
設立2015年7月
所在地東京都品川区
代表者代表取締役 加藤直人
事業概要バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」の企画・開発・運営
URLhttps://corp.cluster.mu
プレスリリース発表元企業:クラスター株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント