12.8 C
Japan
日曜日, 12月 6, 2020

丸紅と mobby ride の協業による「電動キックボードシェアリング事業」に向けた実証実験の開始

丸紅株式会社と株式会社 mobby rideは、電動キックボードシェアリング事業に向けた実証実験に、共同で取り組むことに合意したことを発表。

丸紅は国内電力プロジェクト部において、主に国内電力事業に関わる新規事業創出手段の多様化、ノウハウ獲得・内製化、人材育成等のため、オープンイノベーションプログラム「Marubeni Accelerator 2018」*¹を 2018 年 11 月より実施し、多数の応募の中から mobby ride の採択を決定しました。

共同実証実験の一つ目の取り組みとして、2019 年 8 月 11 日(日)と 18 日(日)の 2 日間、静岡県浜松市の浜松市フラワーパーク(以下、「はままつフラワーパーク」)で電動キックボードの乗車イベントを実施します。この取り組みでは、利便性、快適性及びニーズに関するユーザーの声を集め、今後のシェアリング事業実現に向けた経済効果、集客効果等の検証を行います。

丸紅は、発電事業から地域密着型ユーティリティサービス事業まで幅広く手掛け、電力事業の拡大に取り組んでおり、人々の生活課題の中で、とりわけ「移動」という活動領域における新たな電力サービス事業の可能性を追求していきます。

mobby ride は、電動キックボードのシェアリングサービス「mobby」
を展開しており、福岡市や神戸市で実証実験を進めています。mobby ride はマイクロモビリティの社会実装を目指し、今後も自治体や企業と連携し、事業を推進していきます。

丸紅と mobby ride は、はままつフラワーパークでの実証実験を経て、更なる取り組みとして、国家戦略特区²における実証実験を行う べく協議しております。また、中長期的には継続的なシェアリング事業及びその他 MaaS³関連ビジネスへと発展させ、移動手段の提供のみならず、自由な移動そのものが、より豊かな暮らし、幸福な体験といった付加価値を生む事業の実現を目指します。

*¹丸紅の国内電力プロジェクト部が、2018 年 11 月より「お金で買えない価値を売りたい!~コンセントの先の未来へ~」という募集テーマで、国内電力事業に関わる新規事業創出手段の多様化、ノウハウ獲得・内製化、人材育成等のために開始したプログラム。
*²国家戦略特区とは、地域や分野を限定することで、大胆な規制・制度の緩和や税制面の優遇を行う、平成 25 年度に制定された規制改革制度のこと。現在、東京圏や関西圏、愛知県等が指定されている。
*³MaaS (Mobility as a Service)は、サービスとしての移動を指す

はままつフラワーパークでの実証実験概要(予定)

実施日: 2019 年 8 月 11 日(日)、18 日(日)の 10 時~15 時 30 分
    ※ 雨天中止。予備日については 9 月以降に別途設定予定。
対象者: 16 歳以上~60 歳未満のはままつフラワーパーク来園者(事前予約不要)
実施概要: 利用希望者へ電動キックボードの貸出しを実施し、mobby の利便性、快適性やニーズ等の検証を行う。
WEB サイト: はままつフラワーパーク公式 HP http://www.e-flowerpark.com/

事業者概要

会社名丸紅株式会社
設立1949 年 12 月 1 日
資本金262,686 百万円
住所東京都中央区日本橋二丁目 7 番 1 号 東京日本橋タワー
代表者代表取締役社長 柿木 真澄
会社HP https://www.marubeni.com/jp/

国内外のネットワークを通じて、食料、生活産業、素材、エネルギー・金属、電力・プラント、輸送機その他の広範な分野において、輸出入(外国 間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資 源開発等の事業活動を多角的に展開。

会社名株式会社 mobby ride
設立 2017 年 8 月 21 日
住所東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー8 階
代表者代表取締役 日向 諒
事業内容シェアリングモビリティ事業
会社HPhttps://mobbyride.jp/
プレスリリース発表元企業:丸紅株式会社、株式会社 mobby ride
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。