12.8 C
Japan
土曜日, 5月 21, 2022

「未来の仕事」を働き方という視点からカタチにしていく

株式会社オールアバウトのいちプロジェクトであるオンラインショッピング事業「スタイルストア」と専門家マッチング事業「プロファイル」から始まった株式会社エンファクトリー。エンファクトリー自体は2011年の設立になるが、そこでの事業は2005年からスタートしたものだ。
理念として掲げている「専業禁止」「複業推奨」がクローズアップされがちな同社ではあるが、事業を軌道に乗せるまでの流れについて、代表の加藤健太氏に聞いた。

エンファクトリーのスタートは大きなマイナスを抱えた事業だった

組織のいち事業として始まり、子会社化、親会社を変えてのスタートを切り、独自の成長曲線を描くエンファクトリーですが、ひとつの会社として歩み始めるまでの経緯を教えて下さい。

2005年にオールアバウトの広告以外のビジネスモデルとして、オンラインショッピング事業「スタイルストア」と専門家マッチング事業「プロファイル」が始まりました。丁度リーマンショックの頃に、この二つの事業が大きなマイナスを抱えていて、新たな出資先を見付けるということで分社化しました。コスト構造や業務改革、商品ラインナップの見直しやマーケティング施策の大幅変更等により黒字化。現在も増収増益を継続し、いよいよこれからというところまできました。

大きなマイナスを抱えた事業でありながら、辛抱強く取り組んで、ひとつの会社として成立させてきた原動力は?

私自身は元々、社長や上場を目指していたわけではなく、一緒に働く人たちにとって、より良い環境を提供しようとし続けた結果の今だと考えています。

最初の10年間はリクルート、CFOとしてオールアバウトで10年。期せずして10年毎に大きな転機が訪れているわけですが、その流れの中での今であり、2011年からの10年は自分の考えてきたことを形にする10年だとも考えています。

私が在籍していた当時のリクルートは裏側がいろいろ大変な時期だったのですが、そもそも大企業ではそのブランドや組織の力もあって、仕事が出来ると錯覚しがちです。もちろん個人として優秀な人材はたくさんいますが、スタッフ職で会社の動き方を裏から見ていると、それが危ないと思いました。

オールアバウト時代はそれを踏まえて、時代背景もあり、人材の自立を応援していましたし、CFOの時にはそのスタンスで人材ポリシーをつくっていました。とはいえ、社内セミナーや401Kの導入などでそれを促しても、その効果は一時的なものです。自分が代表取締役となったエンファクトリーで、「個人の生きる力」というところにフォーカスした事業を行うだけではなく、社外でするビジネスを奨励することで、ビジネスに対する当事者意識や経営者意識、自分の名前で繋がっていくネットワークなどを持っていってもらっています。

株式会社エンファクトリー 代表取締役社長 加藤健太

人がどのように働いていくことが幸せか? から考える事業

従業員の働き方から考えていくのは、スタッフ職を経験されている加藤さんならではの事業展開ですよね。

時代の流れとしても、大手企業でも突然の早期退職や倒産があり、「明日はどうなるか分からない」というのが正直なところだと思います。そういう流れのなかでは、組織にいても、ひとりになっても、生きていける力があることが必要です。幸い、インターネットもあり、個人でできることは増えていっています。そのため、力があるひとは、より快適な、自分に合った労働環境を求めて組織の外に飛び出していきがちです。

組織が個人に対して、その自立を「許容できなかった」という状態を作ってしまうと縁が切れてしまいます。力をつけた個人と連携していくというのが、これからの組織と個人の在り方のひとつです。自立した個人は、お客さんにどういう価値を提供して、それが実際幾らになって、最終的にどうやって儲けるかといったことを考えます。それは、企業経営をやっているのと一緒なので、会社にとってはそのプロ意識や意思決定の力が活かされます。

パラレルワーク(複業)制度とフェロー制度で個人の選択が尊重される環境を提供しています。この二つは個人が自立し、長い目でキャリアを考え、会社も受益者になるべく取り入れた仕組みだと考えています。自分を軸にして仕事を考えていくことで、会社での働き方にもいい効果があります。

そういった経緯でエンファクトリーが動き始めてからは「専業禁止」というのをスローガンにしましたが、禁止という強い言葉を使う方がメッセージとして伝わりやすいということで、必ずパラレルワーク(複業)をやれと言っているわけではありません。「専業禁止」という背景を理解したうえで、会社の仕事に100%集中したいというのも構いません。大事なのは自分が選択することです。それをまず自社で実現しようというところです。

フェロー制度についても、もう少し詳しく教えて下さい

独立後も当社の名刺を持って活動することができます。それによって個人は「会社の信用」を維持したまま独立できるし、会社としては独立できるような優秀な人と、これまでの信頼や関係性を元に仕事を依頼できます。そこには契約のような強制力はなく、言ってみれば苦労を共にしてきた信頼できる関係があります。

組織と人、人と人が信頼で繋がる社会の実現

エンファクトリーの事業自体も個人支援になるものが多いですよね

そうですね。事業内容としては、プロマッチング事業、ショッピング事業、クリエイティブ事業になりますが、この共通点というのは、ローカルプレナー支援に紐付きます。ローカルプレナーというのは、クリエイター、専門家、企業に勤めながら副業などを通じて自立していこうとする個人のことです。アントレプレナーより、幅広い意味での個人事業主ですね。

そもそも人が働く環境も、時間や場所を選ばずに色々なことができる世の中になってきたので、企業の管理下に個人を止めることは難しくなってきています。会社は人を駒のように扱うのではなく、自立した個人が集まるプロ集団であることが、組織と個人の成長の鍵になります。

パラレルワークから、自分で始めた事業にシフトして独立していった社員の方との協業も機能していますか?

しています。パラレルワークや、フェローで繋がっていった縁だけではなく、パートナー企業もできてきて、その繋がりは日々自律的に拡大しています。良好なネットワークを維持拡大していくのに必要なのは、「これをやっている」と、それぞれがオープンにすることで、情報を共有していくことで、アドバイスしあえる状態になっています。

社員が辞めることは人的資産を失うことだという発想があると思いますが、IT業界は特に人材の流動が激しい業界でもありますし、この傾向は他業界にも波及しつつあると思います。そういった環境のなかでは、人に紐づくスキルやネットワークをいつでも引き出し合える状態をつくることが長い視点でのリスクマネジメントになります。社員が独立していくことで、信頼関係で結ばれた仲間が増え、必要な時に助け合えるので、とても快適ですよ。

※この記事は、2016年1月14日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント