12.8 C
Japan
金曜日, 12月 2, 2022

チームビューワーとHyundaiが協業!ARプラットフォームでスマート・ファクトリー製造工程のDX推進

リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewerは、Hyundaiと戦略パートナーシップを締結し、「Hyundai Motor Company(現代自動車)グループシンガポールグローバルイノベーションセンター」のビジネス・オペレーションと製造工程のデジタル化を推進すること発表しました。

本パートナーシップの目的

HMGICSは、ヒョンデグループのテストベッドであり、グローバルにおけるオープン・イノベーション・ハブとして、新しい電気自動車(EV)のビジネス・モデルの開発、革新的なパートナーシップの構築、モビリティ製品の生産、グループ全体の知的生産プラットフォームの開発を通じて、モビリティ・バリューチェーン全体に革新を起こすことを目指しています。

チームビューワーとヒョンデは、複合現実(MR)および人工知能(AI)機能を備えた『TeamViewer』の拡張現実(AR)プラットフォームを駆使し、HMGICSにおけるデジタル活用の最大化を図ります。当社が提供するARプラットフォームは、組立、メンテナンス、品質管理、物流、顧客体験プロジェクト、現場作業員の人材育成を支援します。

また、両社は、ARを活用したスマート・ファクトリーの運営、現場作業員の没入型デジタル体験、未来の自動車製造現場におけるAI支援の分野において、共同で研究開発(R&D)を進める予定です。

本パートナーシップを通じて得られた、自動車製造工程全体における現場作業員の生産性、正確性、スピード、安全性の向上に関する知見や効果を自動車業界で活かすため、スマート・ファクトリーや法人向けAR技術の共同マーケティング活動もグローバルに展開します。

チームビューワーのAPAC地域統括プレジデントであるソジョン・リー(Sojung Lee)氏は次のように述べています。

「製造工程のデジタル化と未来のスマート・ファクトリーの構築において、ヒョンデと協業できることを嬉しく思います。昨今、製造現場におけるデジタル・トランスフォーメーションが加速するなかで、産業における現場の作業工程の最適化を支援する『TeamViewer Frontline』(https://www.teamviewer.com/ja/frontline/)のようなARソリューションへの需要は高まっています。本パートナーシップは、製造業に特化したソリューションを提供するエンタープライズ向けソフトウェア・プロバイダーである当社の地位をより強固なものとし、更には、インダストリアル・メタバースの領域におけるリーディング・プレーヤーとしての役割を示す素晴らしい機会になると考えています。」

HMGICSの最高経営責任者であるホン・ブン・ジュン(Hong Bum Jung)氏は次のように述べています。

「チームビューワーが、現代自動車のスマート・ファクトリー構築におけるデジタル変革の重要なテクノロジー・パートナーになったことを光栄に思います。インテリジェントな製造プラットフォームの開発は、未来のモビリティ業界をけん引する当社の戦略の要です。HMGICSでは、未来のモビリティ・スマートファクトリーのビジョンを示しながら、モビリティ業界のバリューチェーン全体に、継続的に革新を巻き起こしています。本パートナーシップにより、スマート・ファクトリーへの移行がさらに加速し、その効率が高まることを期待しています。」

※本プレスリリースは、2022年9月30日にシンガポール・韓国で配信された発表の日本語抄訳です。

TeamViewer (チームビューワー)について

チームビューワーは、リモート接続プラットフォームのグローバルリーダーとして、デジタル化を推進するあらゆる規模の企業を支援しています。リモート接続ソリューションである『TeamViewer』は、PC、モバイル端末、工場の機械やロボットなどのデバイスと人、そして場所や時間を問わず世界のユーザーとの接続を可能にし、セキュリティの高いリモートアクセス、サポート、コントロール、コラボレーション機能がいかなるオンライン上のエンドポイントでも利用可能です。

個人向けには無償で提供しており、現在の登録者は62万5千人以上。法人は中小企業から大企業まで多様な業種で利用されています。チームビューワーはデバイスの分散化、自動化、ニューノーマルといった環境の変化に柔軟に対応しながらAR、IoT、AIの分野でのDXやイノベーションを主導しています。会社設立以来、『TeamViewer』がダウンロードされているデバイスは現在25億台に達しています。

会社設立は2005年。本社はドイツのゲッピンゲン、従業員は全世界で約1,500名。2021年度の売上は約5億4,800万ユーロ。TeamViewer AG(TMV)はフランクフルト証券取引所に上場しており、MADAX株式指数構成銘柄となっています。TeamViewerジャパン株式会社はTeamViewerの日本法人として2018年に設立されました。

社名TeamViewer ジャパン株式会社
設立2018年8月
所在地東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9F
代表者西尾 則子
URL日本法人のウェブサイト https://www.teamviewer.com/ja/

Hyundai(ヒョンデ)について

1967年に設立されたHyundai Motor Companyは、世界200カ国以上でトップクラスの自動車とモビリティサービスを提供し全世界で12万人以上の従業員を雇用しています。また、より持続可能な未来の到来を見据えた製品ラインアップを強化するとともに、現実のモビリティ課題に対する革新的なソリューションを展開しています。
Hyundaiは、このプロセスを通じて人と人とのつながりを活性化し「Progress for Humanity(プログレスフォーヒューマニティ)」を掲げ、人類のための進歩に貢献することにより、顧客へ質の高い時間を提供するスマートモビリティソリューションプロバイダーを目指しています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント