12.8 C
Japan
金曜日, 9月 30, 2022

第一三共ヘルスケア、“わくわくする未来”をめざす『アクセラレータープログラム2022』を開催

第一三共ヘルスケアは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービス「Creww Growth」を通じて、『第一三共ヘルスケア アクセラレータープログラム2022』を開催し、本年9月1日(木)より共創パートナーとなるスタートアップ企業の募集を開始しました。

本プログラムを開催する背景

超少子高齢社会の進展や、AIやIoTをはじめとするテクノロジーの急速な進歩を背景に、ヘルスケアの世界は変革の時代を迎えています。第一三共ヘルスケアでは、「人生100年時代のクオリティ・オブ・ライフを支える」というビジョンのもと、本プログラムのような社外パートナーとの共創を積極的に進めることにより、人々の健康と美に貢献できる新たな価値の創造に挑んでいます。

本プログラムの概要

プログラム名:「第一三共ヘルスケア アクセラレータープログラム2022」
募集期間:2022年9月1日(木)0:00~2022年9月15日(木)20:00
※プログラムの内容およびエントリーに関する詳細は、Creww Growth内の本プログラム特設サイトで ご確認ください。
URL:https://growth.creww.me/6fdf2a8e-0739-11ed-8935-cf416aca028e.html

このプログラムで実現したいこと

1.「モノ×テクノロジー」で、一人ひとりに最適な健康を届けたい。
第一三共ヘルスケアはこれまで、OTC医薬品や機能性表示食品、機能性スキンケア・オーラルケアの製品群を通じて、人々の健康と美に貢献してきました。今後はこれらの製品やそれぞれのカテゴリーで培ってきた知見を、スタートアップの皆様の多彩な技術やサービスを掛け合わせることで、より効果と利便性が高いセルフケア、一人ひとりにとって最適化されたセルフケアを実現したいと考えています。

<強化・開拓したい主な領域>
・睡眠改善:質の高い眠りを通じて、パフォーマンスや人生の満足度を向上させたい
・女性の健康(フェムケア):月経、妊娠・出産から更年期まで、「元気で自分らしく」を応援したい
・オーラルケア:歯周病や口臭の問題を解決し、さらには全身状態の改善につなげたい
・生活習慣病予防:続けられる効果的な対策で、健康寿命を延ばしたい
・栄養、ダイエット、スキンケア
・シニアの健康、認知機能、こどもの健康
・ペット(犬、猫)の健康増進:ペットの健康を通じて、人の暮らしに健やかさと潤いを届けたい

<Key words>
ウェアラブルデバイス、アプリ、測定・診断・モニタリング技術、機能性食品素材、アシスト機器・ロボット、AI、IoT、デジタルコミュニケーションなど

2.100年時代のクオリティ・オブ・ライフを支えるサービスを提供したい。
日々の健康管理から病気の予防・診断・治療・予後まで、ヘルスケアの各ステージを切れ目なくつないでいく。運動や食事などの身近な努力を、確かな成果へと導き、家族や地域の人たちにも広げていく。私たちは、人生100年時代のクオリティ・オブ・ライフをキーワードに、医療界や他産業との連携のもと、新たなサービスの提供を通じて、誰もが健康を実感できる社会を支えたいと考えています。

<展開したいサービスの例>
・健康と美の実現をサポートするパーソナルカウンセリングの提供
・家族みんなの健康を応援するプログラムの提供
・がんや生活習慣病で闘病中・療養中の方々や、退院後に社会復帰している方々に対する健康・生活支援サービスの提供
・情報発信や交流の場となるコミュニティやプラットフォームの開設・運営

<Key words>
パーソナル・ヘルス・レコード (PHR)、健康管理アプリ、オンライン相談、フィットネス・食事指導等のプログラム、サブスクリプションモデル、ポイント制度、健康関連のエンタメ・ゲーム、SNS、コミュニティなど

3.組織と業務のDXを進めたい。
研究開発、生産・品質管理、物流から広告宣伝、カスタマーサービスに至るまで、私たちの社内には効率化すべき点がまだたくさんあります。また、サステナブルな共生社会を実現するために、製品や情報の届け方にも、DXの側面から一層の工夫が必要だと考えています。

<ソリューション>
・DXのための基盤づくり:サイロ化されがちなデータ文書・画像などを一元的に管理するための技術(ソリューション)。
・予測技術:「製剤安定化予測」や「売上需給予測」に適したシステムの検討など。

<アクセシビリティ>
・視聴覚障碍のある方向けの製品サイトや情報提供のあり方(音声化、テキスト化)を検討し、アクセシビリティへの取り組みを強化します。
・日本在住の外国人の方や旅行者に向けた多言語コミュニケーションを強化します。

スタートアップ企業が活用できるリソース

  1. 健康と美を支える製品群
  2. 薬局・ドラッグストア・コンビニへの販売網
  3. 自社通販の顧客基盤とWEBマーケティング力
  4. 付加価値を生みだす製薬会社の研究開発力
  5. 第一三共グループとしての総合力
  6. 健康でつながる業界横断ネットワーク
  7. オウンドメディアを通じた情報発信力
  8. 資金

第一三共ヘルスケアは、第一三共グループ*の企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考えのもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。

* 第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。

社名第一三共ヘルスケア株式会社
設立2005年12月16日
所在地〒103-8234 東京都中央区日本橋三丁目14番10号
代表者代表取締役社長 吉田 勝彦
事業概要医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、食品、飲料水等の製造および売買
URLhttps://www.daiichisankyo-hc.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント