12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

脱炭素社会の実現へ!「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」に東京ガス参画!

日本の使い捨て傘ゼロを目指す傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営するNature Innovation Groupが主催する「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」に、東京ガスの参画が決定しました。これにより、大手企業9社(※1)がアイカサと手を取り合い日本の使い捨て傘ゼロを目指していくこととなります。
※1東京ガス株式会社、旭化成ホームプロダクツ株式会社、NOK株式会社、大阪ガス株式会社(Daigasグループ)、サントリーホールディングス株式会社、第一生命保険株式会社、100BANCH(パナソニックグループ主催)、株式会社丸井グループ、Rethink PROJECT)

取り組み内容

東京ガスは、「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」 への参画を決定し、2022年10月より、東京ガス施設内への傘スポットの設置や東京ガスオリジナル傘の制作などの取り組みを開始します。
※詳細は下記「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」 とはを参照

同プロジェクトに東京ガスが参画する背景

東京ガスは、電気契約数300万件到達(2022年4月19日時点の供給中件数)を契機に、 「みんなではじめよう脱炭素アクション 」 (※2) に取り組んでいます。
その一環として本格展開を開始する『夏の節電キャンペーン』(※3)においてデマンドレスポンス(※4)を行い、今夏の節電量に応じた金額を社会貢献活動に寄付・協賛を予定しており、東京ガスの「脱炭素社会の実現に向けた行動をお客さまに身近に感じていただけるような活動を選びたい」との思いから、身近なアクションの1つである 「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」 への参画を決定しました。

※2 東京ガスが電力事業も担う企業として、脱炭素社会の実現をはじめとする社会課題の解決に向け、お客さまと一緒に、責任を持って取り組む第一歩のアクション。
特設サイト:https://home.tokyo-gas.co.jp/power/special/campaign/300sus.html
※3 特設サイト:https://drlv.tokyo-gas.co.jp/campaign/dr2022_summer.html
※4 電力の需給バランスを調整し電力の安定供給を図る仕組み

「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」 とは

使い捨て傘ゴミの削減を目指す「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」は、今まで日本で社会的に大きく問題視されていなかった傘の使い捨て問題を提起し、日本で初めて企業間が一丸となって本気で使い捨て傘ゼロを目指すアクションです。
世界でワースト1位となっている日本の傘消費と使い捨て文化を脱却すべく、大手企業が率先して「傘シェア」の認知拡大と利用を促すことで、いつでもどこでもアイカサを借りられる仕組みをより大きく展開することが実現し、行動する人を増やしムーブメントを起こします。

このプロジェクトによりアイカサは、更なる環境面(SDGs12.13)での貢献度を増やし、日本政府も掲げているカーボンニュートラルを傘、傘立てのサプライチェーンにて実現いたします。そして、SDGsの達成期限である2030年までに使い捨て傘ゼロの社会を実現し、いつか令和の子供たちに「昔って、傘を使い捨てていたの?」と言われるような傘をシェアするのが当たり前の世の中を目指します。

プロジェクトの取り組みまとめ

2030使い捨て傘ゼロプロジェクトでは各パートナーと共に下記の2つを軸として推進することにより、地球にポジティブな結果を実現したいと思います。

①カーボンニュートラルの実現
・資源効率が高い方法でサービスを提供し、かつプロダクトのサプライチェーンにおいて排出GHGを計測、その排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資等をするカーボンオフセットを行います。

②傘シェアリングの普及
・傘の製造本数と使いたくなる傘を増やすため各企業オリジナルの傘を展開します。
・まずは自分ごとに、企業の従業員はだれでもアイカサが無料で利用できます。
・周りにも推進、各企業のお客様やステークホルダーが無料で使えるクーポンを発行します。
・自社にアイカサスポットを設置。アイカサスポット拡大で身近な
場所で当たり前に利用できるインフラになります。

2030年使い捨て傘ゼロプロジェクトでは、今後も賛同を寄せる企業・団体を継続的に募集しています。
詳細は以下の特設サイトよりご覧ください。
2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト特設サイト
https://i-kasa-lp.studio.site/2030pj

アイカサとは

「アイカサ」は、“雨の日を快適にハッピーに”と“使い捨て傘をゼロに”をミッションに2018年12⽉にサービスを開始した日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。現在はアプリ登録者数は約30万人。首都圏をはじめ、関西、愛知、岡山、福岡、佐賀などで展開し、鉄道沿線を中心にスポット数は1,000か所以上にわたります。

突発的な雨にもビニール傘をその都度購入せずに、駅や街中で丈夫なアイカサを借り、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することで手ぶらで便利に移動ができるのが特徴です。
必要な時にだけ傘を利用するシェアリングサービスの仕組みを構築することで、限りある資源で豊かに暮らし、無駄な傘ゴミの消費を抑えCO2排出量の削減(アイカサ1回の利用でCO2約692g削減*)につなげます。

2021年には環境省主催のグッドライフアワードの環境大臣賞ユース部門を受賞し、傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、ひとりひとりが過ごしたい今を過ごせるよう「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし人にも地球にも愛ある社会づくりを構築しております。
*環境省3R 原単位の算出方法より https://www.env.go.jp/press/files/jp/19747.pdf
アイカサ 公式HP URL:https://www.i-kasa.com/

アイカサ アプリダウンロード URL:https://ikasa.onelink.me/IdAp/390be792

社名株式会社Nature Innovation Group
設立2018年06月
所在地渋谷区代々木3-1-10代々木中央ビル402
代表者丸川照司
事業概要傘のシェアリングサービス「アイカサ」の運営
URLhttps://i-kasa.com/


 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント