12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

ライムライトがYahoo Edgecast買収を完了|統合会社エッジオ誕生!市場規模400億ドルへ

Edgio, Inc.は、ライムライトによるエッジキャストの買収完了に伴い、エッジオとして事業を開始しました。エッジオは、エッジにおけるセキュアでシームレスに統合された配信、アプリケーション、ストリーミング体験を提供する、グローバルなソフトウェアソリューションプロバイダーです。統合により、エッジオは、様々な製品、顧客、地域、チャネルにまたがる多様化した収益を有することとなり、また、エッジオが獲得可能な市場規模は、約400億ドルへと大幅に拡大します。

エッジオの事業展望と現在地

・400億ドルの高成長市場において、世界最速のウェブアプリケーションを提供する最も完全なエッジネイティブソリューションで成長態勢を整える。
・5000万ドルを超えるランレートのコストシナジーと収益の多様化により収益性が向上。
・Apollo ファンド/ Yahooの出資により、バランスシートと取締役会が強化。

現在、エッジオは、AmazonやSony、Kate Spade、Microsoft、Sun TV、Verizon、Disney、TikTok、Twitterなどの2万社にわたる大手デジタル企業向けに、インスタントロードのウェブサイトからハイデマンドコンテンツまで、世界のインターネットトラフィックの約20%を配信しています。

エッジオのソリューションは、世界最高のパフォーマンスを誇るエッジプラットフォームと、ウェブアプリケーション、API、ビデオコンテンツ向けに完成された機能を組み合わせたものです。エッジオは、このようなソリューションのもと、収益性と事業成長を継続させる戦略を引き続き実行していきます。

エッジオのCEOであるBob Lyonsは、次のように述べています。

「デジタルワークロードとその消費者がますます分散する世界においては、企業が優れたデジタル体験を提供するためには、顧客のために、より生産的に、より速く、よりセキュアなソリューションをエッジで構築することが必要です。エッジオは、現在、最も完全なエッジネイティブのWebアプリケーションおよびAPIソリューション、世界最高クラスのストリーミングおよび配信機能を誇っており、これら全てが、世界で最もパフォーマンスの高いグローバル規模のエッジネットワーク上で稼働しています。このような独自の機能により、エッジオは事業成長と収益性の向上を実現します。」

戦略的な事業規模

エッジオのグローバルなエッジプラットフォームは、200Tbps以上の容量、300以上のグローバルPoP、そして、7,000以上のISP接続を提供します。この基盤に支えられた「Edgio AppOps」は、地球上で最速のWebアプリケーションとAPIをセキュアに提供しています。
「Edgio AppOps」は、ネイティブに統合された開発者向けのツールや複数回層のセキュリティとネットワークを備えた、最も完全なソリューションです。「Edgio Delivery」と「Edgio Streaming」は、ワークフロー管理や処理、分析、ライブイベントのサポートと配信に対応する、OTT業界向けに最も包括的なソリューション群であり、利用者に豊富なオプションを提供します。

成長と収益性

このような強固な基盤のもと、エッジオは、従量制とSaaS型の両方のマージンプロファイルをバランスよく含むことができるように、収益プロファイルを直ちに改善します。クロスセルとアップセルの機会の拡大とチャネルの能力向上により、計画通りの成長を実現します。プロフォーマベースでは、最大の顧客は収益の約13%を占め、その他の顧客の収益に占める割合は、10%を超えることはありません。

統合により、2社のサーバや回線接続装置を同じ場所に設置したり、インターネット・ピアリング費用の削減により約3000万~3500万ドルの売上原価の削減や、約1500万~2000万ドルの営業費用削減など、年間5000万ドル以上のコストシナジーが生まれ、収益性が向上します。このシナジー効果の約半分は、買収完了後の2四半期で達成する見込みです。さらに、Apolloファンドによる3000万ドルの現金投資により、バランスシートがさらに強化され、成長に向けた取組みを継続することができます。

このような背景のもと、エッジオは、売上高の成長率と営業利益率の合計で40%を超えるという長期的な戦略目標の実現に向け、事業成長と収益性の向上を継続していきます。

Apolloのパートナーであり、統合会社の取締役に就任する予定のReed Rayman氏は、次のように述べています。

「エッジオは、エッジでネイティブなデジタルソリューションを提供するリーダーとして認められており、Apolloは、この共通のビジョンに参加できることを非常に喜ばしく思っています。顧客により高速でセキュアなデジタル体験を提供しようとする企業にとって、エッジオは、エッジネイティブなデジタル・ソリューションを強化するためのパートナーとして認められる存在にすぐになれると確信しています。」

財務の見通し

エッジオの2022年暦年の財務見通しは、2022年第2四半期決算の発表に合わせて発表する予定です。

取締役会について

エッジオの取締役会は、成長志向で収益性が高く、世界的な規模を持つ技術系企業のニーズにより合致するよう、再編成される予定です。ApolloからReed Rayman氏とE-Fei Wang氏が加わったことは、エッジオの将来に対するApolloの強い信頼を示すとともに、戦略および経営に関する多大な専門知識を提供するものです。さらに、エッジオは、経験豊富な技術系幹部であり戦略リーダーであるDianne Ledingham氏を取締役に迎えます。Ledingham氏は、ベインの顧客戦略・マーケティングプラクティス、および通信・メディア・テクノロジープラクティスのアドバイザリーパートナーとして、企業がその潜在的な価値を実現することを30年以上にわたって支援してきました。

エッジオのCEOであるBob Lyonsは、次のように述べています。

「エッジオは、今後も、成長を支えるために必要な技術、オペレーション、戦略のスキルを備えた役員および経営陣の育成を強化します。エッジオの取締役会と経営陣は、高い業績とイノベーションを実現するためには、多様な視点と経験を結集することが有益であるという信念を持っています。」

完了時点における取引の詳細

エッジキャストの売却に関して、ヤフーは、ライムライトの普通株式約8080万株を受け取りました。30日間のトレーリングVWAP約4.12ドルに基づき、エッジキャストの価値は約3億ドルと評価されました。この買収価格には、Apolloとその共同投資家がヤフーの所有権を通じて統合会社に出資する3,000万ドルの現金投資と、ヤフーによる特定の費用の前払いを含む正味運転資本の予備的な調整が含まれています。

また、ヤフーは、株価目標の達成を条件として、取引完了から3年の期間に、最大1億ドルの追加取引対価に相当する1270万株のエッジオの株式を追加で受け取ることができます。エッジオの株主は、統合後の会社の株式を約66.8%(エッジオが条件付対価契約に基づくすべての株価目標を達成したと仮定した場合には約63.5%)、ヤフーはそれぞれ約33.2%と36.5%を保有することになります。

アドバイザー

Goldman Sachs & Co. LLCがエッジオの財務アドバイザーを務め、Goodwin Procter LLPが法務アドバイザーを務めました。EvercoreとRBC Capital Markets, LLCは、エッジキャストとApolloの財務アドバイザーを担当し、Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLPは法律顧問を務めました。

エッジオについて

エッジオ (NASDAQ: EGIO) は、シームレスに統合された配信、アプリケーション、ストリーミング・プラットフォームを通じて、比類のない安全なデジタル体験を提供するエッジ対応ソフトウェア・ソリューション・プロバイダーです。
エッジオがグローバルに提供するテクノロジーと専門家によるサービスにより、世界のトップブランドは、教育、エンターテインメント、イベント、アプリケーションを最速かつダイナミックに、そして摩擦なくすべてのユーザーに提供することができます。
比類のない顧客ケアとあらゆる段階での価値の拡大に専心するエッジオは、世界のインターネットトラフィックの約20%を配信し、最も人気のあるショー、映画、スポーツ、ゲーム、音楽、インスタントロードのウェブサイトをサポートするパートナーとして、選ばれ続けています。

社名Edgio Inc
設立2001年6月
所在地2220 W. 14th Street Tempe, AZ 85281 USA
代表者Mr. Bob Lyons
URLコーポレートサイト: https://edg.io/   
カントリーサイト: https://meet.edg.io/japan/ 
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント