12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

観光DXを推進加速!JTB×九州観光機構×セールスフォース・ジャパンが連携協定を締結

JTBは、一般社団法人九州観光機構、セールスフォース・ジャパンと、九州における「魅力ある観光地域づくり」や「誘客推進」に貢献するため、観光DXを推進し、地域事業者のデジタルビジネスの支援や九州ファンの獲得、リピーター化に向けて観光客一人一人に寄り添える仕組みづくりを実現し、持続可能な九州経済の発展に繋げることを目的として、包括連携協定を締結します。

観光DXに関する締結の背景

JTB、九州観光機構、Salesforceは、デジタル化に関する知識の習得と組織課題の顕在化を図り、プロモーション・市場分析・会員サービス・事業運営などの効率化を目指すことを目的に、2021年6月~12月の期間で全6回にわたる3社連携の「観光DX推進ミーティング」を実施しました。

この取組みを通じて、九州を訪れる観光客の利便性向上と観光関連事業者のマーケティング支援等による九州観光の活性化・スマート化に向け、更なる観光DXの取組み加速化を図るべく包括連携協定の締結に至りました。

連携により実現すること

デジタルの活用による観光客の満足度向上、観光関連事業者へのデータ利活用支援等により、九州や各地域の観光素材の人気ランキング化等、地域の魅力を高め、リピーターを中心とした交流人口増加による九州経済の活性化を目指す「観光DXによる魅力ある観光地域づくり」を実現します。

連携取組みの内容

(1)九州の課題の抽出と効果的なマーケティング・情報を活かしたイベントの創出
(2)九州観光機構の実施事業のデータ蓄積と活用戦略の策定
(3)九州観光プラットフォーム「地域共創基盤 🄬」※1の導入
(4)観光DXに関する実証事業の合同実施
(5)DXアドバイザーの設置
(6)九州観光DX戦略立案
(7)デジタル活用人材育成と教育システムの構築

※1 地域の計画や観光戦略に基づき、Salesforce Customer 360やMarketing Cloudにより目的に合わせたマーケティングロードマップを策定するシステム

https://www.jtbbwt.com/government/service/solution/area-management/degital-marketing/chiiki-kyoso/

観光DX実現に向けたロードマップ

本協定に基づき、1年目にJTBとSalesforceは、地域DMO、自治体、観光事業者との情報連携を効率的に行うほか、九州観光機構の会員企業との相互利用可能なシステム環境を整備し、各地域の観光DXのモデルとなる「九州観光プラットフォーム」を構築します。
(JTBの投資開発にて先行して構築します。)
その後、九州観光機構は、保有する各種事業データを収集、九州観光プラットフォームに蓄積します。並行して、DXの推進体制作り、学習支援、専門家派遣、観光庁事業の取組み、会員組織との連携をすすめていきます。

株式会社JTBについて

JTBグループは、「交流創造事業」※2を事業ドメインとする企業グループとして、地域にあるタカラ(資源)を掘り起こし磨きをかけ、人が集まる元気な地域を日本全体のチカラ(活性化)につなげること、人と人、人と場所、人とコトをつなぎ、新たな価値を創出し、デジタル&ヒューマンタッチで地域に新たなイノベーションを起こすことで、持続可能な地域づくりの実現を目指しています。

※2 「交流創造事業」は、株式会社JTBの登録商標です。

社名株式会社JTB
設立1963年11月
所在地東京都品川区東品川2-3-11 JTBビル
代表者山北 栄二郎
URLhttps://www.jtbcorp.jp/

一般社団法人九州観光機構について

※「九州観光推進機構」より「九州観光機構」へ6/15改称
九州観光機構は、九州地方知事会と九州の主要経済団体から成る九州地域戦略会議で策定された「九州観光戦略」の実行組織として2005年4月に設立されました。

これまで、国内、東アジア、欧米豪を中心に九州ブランドの認知度向上や九州への誘客促進を行ってきましたが、広域連携DMOとして、地域と連携した「魅力ある観光地づくり」の取組みを強化し、リピーターを中心とした交流人口の増加にも取り組んでいます。

株式会社セールスフォース・ジャパンについて

セールスフォース・ジャパンは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づける取り組みをしています。
1999年に設立されたセールスフォース・ジャパンは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供しています。

社名株式会社セールスフォース・ジャパン
設立2000年4月
所在地東京オフィス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー
代表者小出 伸一
事業概要クラウドアプリケーション及びクラウドプラットフォームの提供
URLwww.salesforce.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント