12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

バカン、サービスの導入企業・協力団体と連携|トイレの使用回数に応じてNGO/NPOに寄付

AIとIoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ バカンは、トイレの使用回数に応じて連携するNGO/NPOに寄付をおこなう「バカンサポーター制度」を開始しました。本取り組みにより、トイレの混雑抑止メディアサービス「VACAN AirKnock Ads」が導入されている施設でのトイレの利用回数に応じて、売上の一部が連携しているNGO/NPOに寄付されます。

トイレが利用されるほど、NGO/NPOの活動が支援される「バカンサポーター制度」

バカンサポーター制度は「AirKnock Ads」が導入されているトイレの利用回数に応じて、売上の一部を連携しているNGO/NPOに寄付をおこなう仕組みです。日常生活で誰もが利用するトイレを通してNGO/NPOの活動を支援できることで、導入企業やトイレの利用者は無理なくサポート団体を応援し、社会課題の解決をサポートできます。

また個室内に設置されたAirKnock Adsのサイネージを通して、サポート団体のプロモーション動画も配信します(※)。これによりトイレを利用するだけで、社会課題やサポート団体の活動への認知向上が期待できます。
※動画の配信は希望があった場合に限る

サポート団体の紹介

・国際NGOウォーターエイドについて
2030年までにすべての人が安全な水とトイレを利用できる世界を目指し、貧困下で生活する人びとの水と衛生状況改善に専門的に取り組む国際NGOです。2019年現在、34か国に拠点を置き、26か国で水・衛生支援を実施しています。2013年、日本法人を設立しました。
URL:https://www.wateraid.org/jp/

・認定NPO法人フローレンスについて
フローレンスは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指すNPOです。「訪問型病児保育」「障害児保育」「認可保育事業」などを通して、子育てと仕事の両立支援やこどもの貧困、虐待問題といった社会問題の解決に取り組んでいます。親子の笑顔をさまたげる社会問題への「小さな解」を事業として生み出し、自ら実践しながら政治や行政と共に制度として広げ、全国に広げることで多くの親子が救われるよう社会問題解決のイノベーションを牽引しています。
URL:https://florence.or.jp/

・認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
むすびえは「こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる。」ことを目指すNPOです。こども食堂が全国のどこにでもあり、みんなが安心して行ける場所となるよう環境を整え、こども食堂を通じて、多くの人たちが未来をつくる社会活動に参加できるように活動しています。具体的には、各地域のこども食堂ネットワークを支援する地域ネットワーク支援事業、こども食堂支援を行う企業・団体との連携事業、こども食堂の実態を明らかにし普及・啓発する調査研究を行っています。
URL:https://musubie.org/

・NPO法人あなたのいばしょ
あなたのいばしょは「望まない孤独を根絶すること」をミッションに、日本初24時間365日、年齢や性別を問わず誰でも、無料・匿名で利用できるチャット相談窓口を提供するNPOです。独自に抱えるボランティア相談員による傾聴によって、個人の問題に寄り添うほか、DVや虐待など、危機的な状態にある人への警察・児童相談所等との連携を含めた緊急支援窓口としての機能も有しています。
URL:https://talkme.jp/

トイレの混雑抑止メディアサービス「AirKnock Ads」について

「AirKnock Ads」は、個室内に設置したタブレット(※1)を活用することでトイレの長時間利用を抑制および、動画情報を利用者に届けるサービスです。滞在時間に応じて画面の表示を滞在抑制につながる表示に変更したり、混雑具合に応じて広告の長さを自動で調整したりといった、バカンがこれまでに蓄積してきた技術やノウハウから生み出した特許技術(出願中含む)を多数用いることで、トイレの混雑抑制とメディア化を実現しています。
サービスの提供を開始して以来、オフィスやコンビニ、商業施設などへの導入が進んでいます。
※1:本サービスに利用しているタブレットのカメラは利用していません。

導入実績:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000252.000018933.html
サービスサイト:https://corp.vacan.com/service/airknock

今後の展開について

バカンは「いま空いているか1秒でわかる、優しい世界をつくる」というミッション実現に向けて、あらゆる混雑の可視化や抑制、管理をするサービスを提供しています。トイレの混雑抑止メディアサービス「AirKnock Ads」も、商業施設やオフィスのトイレから待ちや混雑を無くし「行ってみたら空いていなかった」という体験をなくすことを目的としたサービスです。今回新たに開始したバカンサポーター制度を通して、設置企業やサポート団体と共に優しい世界の実現を推進します。

株式会社VACANについて

バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空き情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、観光地、避難所、投票所などあらゆる場所の空き状況をセンサーやカメラなどで検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを提供しています。また可視化だけでなく混雑の抑制・管理なども行っており、空き情報を起点としたDXサービスを提供しています。

社名株式会社バカン
設立2016年6月
所在地東京都千代田区永田町2−17−3 住友不動産永田町ビル2階
代表者河野剛進
URLhttps://corp.vacan.com/


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント