12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

primeNumber社、クラスメソッドとのパートナーシップを締結!データ統合自動化サービス「trocco®」の提供で、データ活用を効率化!

ビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「trocco」を提供しているスタートアップ「primeNumber」は、クラスメソッドとパートナー契約を締結し、同社によるデータ統合自動化サービス「trocco®」の提供をサポートします。primeNumber社が開発する「trocco®」を使用することにより、約100種類のクラウドサービス、データベース、ファイルなどからデータをクラウド上のデータウェアハウス(DWH)に自動同期させるパイプラインを構築し、一元管理することが可能になります。

パートナーシップ締結について

クラスメソッド株式会社 代表取締役 横田聡氏コメント

このたびprimeNumber社とのパートナーシップにより、「trocco®」をお客様にお届けする機会を得たことを嬉しく思います。
社内に眠るデータの活用は、多くの日本企業が抱えている課題です。クラスメソッドにも、データ分析基盤の構築に関するお問合せが日々寄せられています。
「trocco®」を導入することで、お客様企業がデータを資産に変えて新たな価値創造に取り組めるよう、primeNumber社とともに支援してまいります。

primeNumber企画イベント「01(zeroONE)について

本件に関連し、primeNumber企画イベント「01(zeroONE)」にクラスメソッド 代表取締役の横田聡氏が登壇する。

セッションタイトル
トップクラウドインテグレーターが語る。Build with SaaS で実現するデータ活用

概要
豊富な導入事例と最新クラウド活用スキルを有するトップクラウドインテグレーターの両社が、近年、重要度が増しているデータ活用プロジェクトの潮流について講演する。最近注目される Build with SaaS という環境構築手法は、これまでのアプローチとどう異なるのか。どんなメリットがあり、顧客はどう評価しているのか、両社の事例に触れながらリアルな話が聞ける機会となる。

日時
2022年3月3日15:20~16:00

登壇者
クラスメソッド株式会社 代表取締役 横田 聡 氏
クラウドエース株式会社 取締役会長 吉積 礼敏 氏
株式会社primeNumber 社外取締役 Still Day One合同会社 代表 小島 英揮

申込
https://01.primenumber.co.jp/c6dpy6dw からイベントへの参加登録の上、本セッションを選択することで視聴が可能となる。

セッション詳細
https://01.primenumber.co.jp/v9cq0vxw

データ統合自動化サービス「trocco®」とは

「trocco®」は、ユーザーの持つ膨大かつさまざまな種類のデータを自動で統合し、データ活用を効率化するクラウド型サービスである。
多くの日本企業にとってデータ活用は喫緊の課題だ。しかしデータは大容量で形式も様々、かつ複数の場所に散らばっているためそのままでは活用できず、まずは前準備として「統合」する必要がある。一方、多くの企業において、希少なエンジニアが「データ統合」を手作業で行っており、非効率的である。こうした課題を解決するのが「trocco®」である。

「trocco®」は「データ統合」を自動化し、工数の約9割を削減することで、エンジニアがより戦略的な業務に集中することを支援。また、データ統合のリードタイム削減も実現し、企業は営業やマーケティングといったビジネスの意思決定に、データを素早く活用することができる。

東証一部上場の金融企業からスタートアップまで幅広い企業が利用しており、顧客数は2020年9月からの半年間で約2倍に増加している。

URL:https://trocco.io/lp/index.html

株式会社primeNumberについて

primeNumberは、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える」データテクノロジーカンパニーである。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジーと独自のアイデアで、世界中のビジネスを支援している。

社名株式会社primeNumber
設立2015年11月
資本金東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル7F
代表者田邊 雄樹
事業概要・データ統合自動化サービス「trocco®」の開発・運営
・汎用型データエンジニアリングPaaS 「systemN ™」の開発・運営
・データ活用伴走支援型ソリューション
URLhttps://primenumber.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント