12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

【二子玉川ライズ×プラゴ】国内商業施設初!EV充電アプリ使用による、来店事前充電予約の実証実験を開始

EV充電サービスの株式会社プラゴは、東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅直結の複合型商業施設「二子玉川ライズ」と共同で、 2022年3月1日(火)~6月30日(木)の期間、既存充電システムに予約機能を追加し、「EV充電予約アプリ使用による来店事前予約充電の実証実験」を実施します。

【実証実験背景と目的】

2021年8月にプラゴが実施したEVユーザーアンケートの結果、東京都内で自宅に基礎充電設備のないユーザー数は推定2万931台という試算結果が算出されました。一方でコストやメンテナンスの問題から国内の充電スタンド数は減少、EVユーザーは少ない充電設備の共用を余儀なくされています。

プラゴ代表の大川氏は、自らのEVユーザー体験から、限られた充電器を有効利用するには事前予約が有効ではないかと考え、2021年4月に日本初となる目的地施設 特化型のEV充電予約サービスの提供を開始、ゴルフ場やホテルなど郊外での充電器設置を増やしてきました。

現在は次なるステップとして生活圏内の商業・公共施設で一定時間過ごす間に充電ができる「サードプレイスチャージング™」という新しい生活ルーティンとなるサービスを推進。

自宅で充電ができない「充電難民」の受け皿を目指し、自社アプリで、これから出かける前に行き先の充電器予約ができる機能をはじめとするEVユーザーの快適な充電環境の整備に取り組んでいます。

一方、二子玉川ライズでは2022年2月時点で普通・急速合計全22基の充電設備があるものの、EVユーザーから来店前に充電可能か確認する問い合わせ電話が多く、空きを確認後来店しても、その間に既に埋まっている状況が多く発生していました。

そこで二子玉川ライズとプラゴでは、「サードプレイスチャージング™」という新しい概念の社会実装に向けた第一弾の取組みとして、充電設備の一部に予約機能を搭載し、充電設備運用の効率化、およびEVユーザーの利用状況改善と、来店促進をはかる実証実験を開始することとしました。二子玉川ライズ協力のもと、以下の項目につき効果を検証します。

1.事前充電予約機能におけるEVユーザーの来場促進と顧客満足度向上
2.事前充電予約したEVユーザー向けに発行するクーポンによる充電中の消費行動のデザイン
3.クーポンの有用性の検証
4.事前充電予約アプリ利用による、施設側工数の変化
5.事前充電予約への課金制導入によるユーザーの利用意向への影響

上記検証結果をもとに、今後も各社共同で二子玉川ライズにおけるEVユーザーの充電環境改善、およびクリーンなエネルギー活用によるEVシフトで脱炭素化に取り組んでいきます。

プラゴでは本実証実験を通して、「サードプレイスチャージング™」の受容性検証と、サービス改善を進め、EVユーザー、脱炭素化に積極的に取り組む商業施設のニーズをデザインとテクノロジーで解決し、2022年末に国内目標設置台数 1,000基を目指します。

【実証実験概要】

実施箇所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ P3駐車場(テラスマーケット MB階)
実施期間:2022年3月1日~6月30日(予定)
実施内容:既存充電設備22基のうち普通充電器2基、急速充電器1基にプラゴの予約システムを搭載、
充電予約アプリをダウンロードしたEVユーザー向けにクーポンを発行し、来店頻度や充電状況を計測。自宅以外での効率的な充電環境の運用と施設側工数の削減をはかります。

【充電予約システム詳細】

充電予約アプリ名:「MY PLUGO」
サービス名:【60minキープ】(仮称)
「今から行こうかな」と思ったときにその場で予約ができ予約後60分は予約者のために車室を抑えておく機能があるため、到着後待たされることなくスムーズに利用が可能。
※予約キープ時間については本実証実験の結果により変更の可能性あり。

プラゴ代表取締役  大川 直樹氏コメント

私たち株式会社プラゴは、「続けたくなる未来を創る」というビジョンのもと、様々なEVユーザのニーズに応える多種多様な充電サービス・ソリューションの社会実装を通じて、「新しいユーザ体験の創出」を目指しております。

今回、二子玉川ライズというEVユーザの方々もたくさんご利用されている、大型商業施設様において、「サードプレイスチャージング™」の第一弾の取組を開始できることは、大変光栄です。

EV充電がただ車内で待つだけ、あるいは買い物していても慌てて車に戻らなければならないような、充電に振り回される「やらなければならないもの」ではなく、新しい発見や消費につながるような利便性の高い機会となるよう、益々楽しく便利な充電サービスを提供して参ります.

設置施設概要 名称:二子玉川ライズ

所在地〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1
開業日第1期事業 2011年3月、第2期事業 2015年4月
総面積約11.2ha
アクセス東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅直結
URLhttps://www.rise.sc/

充電サービス提供企業概要 株式会社プラゴ

代表者代表取締役 大川直樹
設立2018年7月18日
事業内容EV充電器及びIoTサービスの企画・開発・販売、販売製品の保守・メンテナンス
EV普及に関連する情報発信、コンソーシアムの事業戦略策定・統括およびそれに付帯する業務
資本金1億8,800万円 (資本準備金・新株予約権含む)
本社〒141-0022 東京都品川区東五反田2-20-4 NMF高輪ビル8F
URLhttps://www.plugo.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント