12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

社会的課題や地域課題の解決がテーマ!「ひょうご神戸スタートアップファンド」約11億円でファイナルクローズ

Bonds Investment Groupは、兵庫県、神戸市や民間企業等と連携し、飛躍的な成長が見込まれるスタートアップへの投資を行う「ひょうご神戸スタートアップファンド」を約11億円でファイナルクローズしました。

「ひょうご神戸スタートアップファンド」とは

「ひょうご神戸スタートアップファンド」は、兵庫県、神戸市におけるベンチャー企業への注目度が高まっていることに合わせ、ベンチャー投資に関心を持つ地元事業会社や地域金融機関からの出資によってファンドを組成したものです。地元ベンチャー企業の情報網や投資先支援ノウハウに加え、出資者の事業支援等も最大限に活用し、ベンチャー企業への投資・企業価値向上支援を行っていきます。

なお、同ファンドにて新規に3社(株式会社FABRIC TOKYO、株式会社AIトラベル、MIL株式会社)への投資実行が完了しています。

【主な出資者】※順不同
・公益財団法人ひょうご産業活性化センター
・兵庫県信用保証協会
・株式会社三井住友銀行
・株式会社ゆうちょ銀行
・株式会社みなと銀行
・株式会社池田泉州銀行
・株式会社神戸新聞社
・シスメックス株式会社
・株式会社但馬銀行
・株式会社パソナグループ
・株式会社新井組

「ひょうご神戸スタートアップファンド」の対象企業

同ファンドは、地域、社会課題の解決を投資テーマに飛躍的な成長が見込まれるスタートアップへの投資活動を実行し、重点投資対象として、環境・エネルギー、健康・医療の他、SDGsやポストコロナ社会への対応等社会的課題や地域課題の解決する企業を対象としています。

以前よりイノベーション創出に向けた活動を積極的に行う先端地方都市であり、地域経済の活性化、各地方都市の新しいロールモデルとなる兵庫県神戸市や、ひょうご神戸スタートアップ・エコシステム・コンソーシアム、関係支援機関と連携し、投資先企業の成長段階に応じ、経営、技術等に関する支援を行う予定です。自社のバリューアップ体制・ナレッジについても引き続き活用していきます。

今回、同ファンドのロゴも制作しました。ロゴに込めた思いとして、地元事業会社や地域金融機関、多様な事業や人種、地域等が1つのファンドを盛り上げていけるよう、「コラボするロゴ」をテーマとしています。

新規投資先企業一覧

投資先企業①「株式会社FABRIC TOKYO」 

企業名株式会社FABRIC TOKY
代表者代表取締役CEO:森雄一郎
所在地東京都渋谷区神宮前2丁目34-17
事業内容カスタムオーダーアパレルブランド「FABRIC TOKYO」の運営
URLhttps://corp.fabric-tokyo.com/ 

投資先企業②「株式会社AIトラベル」

企業名株式会社AIトラベル
代表者代表取締役CEO:村田佑介
所在地東京都港区三田二丁目10番5号
事業内容出張手配・管理サービス「AI Travel」の提供 
URLhttps://aitravel.cloud/ 

投資先企業③「株式会社MiL」

企業名株式会社MiL
代表者代表取締役CEO:杉岡侑也
所在地東京都渋谷区神南1-12-16
設立2018年1月
事業内容子育て層向け幼児食D2C「the kindest」の企画・販売
URLhttps://mil-inc.com/ 

「ひょうご神戸スタートアップファンド」の概要

正式名称:「ひょうご神戸スタートアップ投資事業有限責任組合
 (通称:ひょうご神戸ファンド)
ファンド総額:約11億円
設 立 日:2021年3月1日
無限責任組合員:Bonds Investment Group株式会社
有限責任組合員:兵庫県及び神戸市、他複数
運⽤期間:10年(最⻑3年の延⻑可能)
投資対象:シード期またはアーリー期のスタートアップを中心とした、「兵庫県内に本社または
      拠点を有する企業」または「今後兵庫県内に拠点を整備する予定の企業」
代表パートナー:細野 尚孝

【代表パートナープロフィール】

細野 尚孝氏
新卒で大手SIerに入社。組織・人事コンサルティング会社、独立を経て、
オプト(現、株式会社デジタルホールディングス)にジョイン。
新規事業開、グループ経営企画、M&Aの責任者を歴任。
2013年に投資育成事業の立ち上げ、
2015年にオプトベンチャーズ(現、当社)を立ち上げる。
2018年には『Forbes Japan』が選ぶ「日本で最も影響力のあるベンチャー
投資家ランキングBEST10」第3位に選出される。
ラクスル、ジモティー、ウェルスナビ、ENECHANGE等多数の上場実績あり。

【Bonds Investment Groupについて】

社名Bonds Investment Group株式会社
パートナー野内敦、細野尚孝、日野太樹
URLhttps://bonds-ig.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント