12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。
CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。
ゲスト
廣瀬 未来氏 magokoroファウンダー

Crewwおすすめスタートアッププロジェクト「magokoro(まごころ)」の推しポイント

寺田:Crewwが運営するスタートアップスタジオは、本業を続けながら起業・新規事業を創出したい方による、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。今ちょうど第3期が始まり、約30チームがサイドプロジェクトとしてゼロイチに挑戦し、半年間の期間でチームアップ、ニーズ検証、MVP検証、実証実験を行い、実践的にゼロイチを学びながら、事業創出に挑戦しています。

その中から本日は伝統工芸品のカスタムオーダーサービス「magokoro(まごころ)」のファウンダー廣瀬 未来さんをご紹介します。

廣瀬さんは幼少の頃から伝統工芸品にすごく興味があり、「職人さんの直面している課題やすばらしさをもっと世に広めたい」という想いが誰よりも強く、各地の伝統工芸品のアンバサダーを務めるなど、現在も幅広く活動されています。

まだ事業検証中ではありますが、今後、スタートアップや事業会社さんとの実証実験など、事業化加速に向けご一緒にお取り組みさせていただけますと嬉しいです。

自分だけの伝統工芸品をカスタマイズできるサービスを

廣瀬:伝統工芸品のカスタムオーダーサービスをつくっております、廣瀬 未来(ひろせ みく)です。
私は幼少期から、着物が大好きな祖母の影響で、着物に囲まれて育ちました。しかし、家のタンスには眠った状態の着物もいっぱいあり、「もったいないな」と思いながら過ごしていました。

23歳のときに着付け教室に通い始め、そこから着物にどんどんのめり込んでいったのですが、若い方が少ないことを寂しく思い、2018年からインスタグラムで着物についての発信をスタートしました。

それをきっかけに京都西陣織の職人さんからご連絡をいただいて、工場見学へ伺ったのですが、そこで職人さんの手仕事のすばらしさに感動し、たくさんの職人さんとお話をするようになりました。しかしその一方で、伝統工芸が抱える課題にも直面するようになりました。

現在の私の主な活動としては、最初に工場見学へ伺った「京都西陣ふくおか」と、京都で綴織の商品を作られている「上七軒あだち」のアンバサダー、それから西陣織を使った、日常になじむ製品を販売している「k-cs(ケークス)」のブランドディレクターを務めています。

廣瀬:magokoro(まごころ)」はこれから、「伝統工芸品のカスタムオーダーサービス」をつくります。好きな商品を選択して、自分だけの伝統工芸品をカスタマイズできるようなサービスで、後日職人さんから商品が発送されてくるという仕組みです。

廣瀬:流れとしては、magokoroと職人さんで商品開発を行い、それをECサイトで販売します。

第一弾として、「本藍染のルームウェア」を準備中です。江戸時代から続く「天然灰汁発酵建て」という手法で1枚1枚染め上げる本藍染は染料自体がすべて自然素材でできており、肌触りが良く、乾燥や冷えを防ぐ効果があります。

生地や縫製にもこだわり、自然素材のみで仕上げます。また本藍染は、色移り・色落ちしにくいというのもポイントです。現在のところ、染めの濃さなどをカスタマイズできるようなオーダーメイドを予定しております。

伝統工芸品の生産額は、ピーク時の5分の1まで縮小しています。職人さんのなかには、有名企業や有名ブランドとのコラボレーションに挑戦している方もいらっしゃいますが、ほとんど利益の出ない仕事をさせられて終わるというケースも多々あり、「若い職人にお給料を払うだけでもいっぱいいっぱいだ」と頭を抱える方をたくさん見てきました。

伝統工芸品の職人さんの手仕事は本当に繊細ですばらしく、その魅力をよりたくさんの人に届けて、実際に使って欲しいと思い、このプロジェクトをスタートさせました。

廣瀬:現在のメンバーは、ファウンダーの私の他、メンバーの青野と近石、その他にサポーターが11名、アドバイザーが3名となっています。そして現在、WEBデザイナーを募集しております。

一人でも多くの方に、素晴らしい手仕事を届け、職人さんを笑顔にできるよう頑張ってまいります。

https://studio.creww.me/

Facebook コメント
石神 美実子
広告代理店、広告制作事務所を経て、現在フリーランスのコピーライター・ライターとして活動中。キャッチフレーズやネーミング、プレスリリース等の制作から、WEBメディアの執筆まで幅広く従事。とりわけ、円滑なコミュニケーションを必要とする人物インタビューが得意。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント