12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。
CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。
ゲスト
廣瀬 未来氏 magokoroファウンダー

Crewwおすすめスタートアッププロジェクト「magokoro(まごころ)」の推しポイント

寺田:Crewwが運営するスタートアップスタジオは、本業を続けながら起業・新規事業を創出したい方による、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。今ちょうど第3期が始まり、約30チームがサイドプロジェクトとしてゼロイチに挑戦し、半年間の期間でチームアップ、ニーズ検証、MVP検証、実証実験を行い、実践的にゼロイチを学びながら、事業創出に挑戦しています。

その中から本日は伝統工芸品のカスタムオーダーサービス「magokoro(まごころ)」のファウンダー廣瀬 未来さんをご紹介します。

廣瀬さんは幼少の頃から伝統工芸品にすごく興味があり、「職人さんの直面している課題やすばらしさをもっと世に広めたい」という想いが誰よりも強く、各地の伝統工芸品のアンバサダーを務めるなど、現在も幅広く活動されています。

まだ事業検証中ではありますが、今後、スタートアップや事業会社さんとの実証実験など、事業化加速に向けご一緒にお取り組みさせていただけますと嬉しいです。

自分だけの伝統工芸品をカスタマイズできるサービスを

廣瀬:伝統工芸品のカスタムオーダーサービスをつくっております、廣瀬 未来(ひろせ みく)です。
私は幼少期から、着物が大好きな祖母の影響で、着物に囲まれて育ちました。しかし、家のタンスには眠った状態の着物もいっぱいあり、「もったいないな」と思いながら過ごしていました。

23歳のときに着付け教室に通い始め、そこから着物にどんどんのめり込んでいったのですが、若い方が少ないことを寂しく思い、2018年からインスタグラムで着物についての発信をスタートしました。

それをきっかけに京都西陣織の職人さんからご連絡をいただいて、工場見学へ伺ったのですが、そこで職人さんの手仕事のすばらしさに感動し、たくさんの職人さんとお話をするようになりました。しかしその一方で、伝統工芸が抱える課題にも直面するようになりました。

現在の私の主な活動としては、最初に工場見学へ伺った「京都西陣ふくおか」と、京都で綴織の商品を作られている「上七軒あだち」のアンバサダー、それから西陣織を使った、日常になじむ製品を販売している「k-cs(ケークス)」のブランドディレクターを務めています。

廣瀬:magokoro(まごころ)」はこれから、「伝統工芸品のカスタムオーダーサービス」をつくります。好きな商品を選択して、自分だけの伝統工芸品をカスタマイズできるようなサービスで、後日職人さんから商品が発送されてくるという仕組みです。

廣瀬:流れとしては、magokoroと職人さんで商品開発を行い、それをECサイトで販売します。

第一弾として、「本藍染のルームウェア」を準備中です。江戸時代から続く「天然灰汁発酵建て」という手法で1枚1枚染め上げる本藍染は染料自体がすべて自然素材でできており、肌触りが良く、乾燥や冷えを防ぐ効果があります。

生地や縫製にもこだわり、自然素材のみで仕上げます。また本藍染は、色移り・色落ちしにくいというのもポイントです。現在のところ、染めの濃さなどをカスタマイズできるようなオーダーメイドを予定しております。

伝統工芸品の生産額は、ピーク時の5分の1まで縮小しています。職人さんのなかには、有名企業や有名ブランドとのコラボレーションに挑戦している方もいらっしゃいますが、ほとんど利益の出ない仕事をさせられて終わるというケースも多々あり、「若い職人にお給料を払うだけでもいっぱいいっぱいだ」と頭を抱える方をたくさん見てきました。

伝統工芸品の職人さんの手仕事は本当に繊細ですばらしく、その魅力をよりたくさんの人に届けて、実際に使って欲しいと思い、このプロジェクトをスタートさせました。

廣瀬:現在のメンバーは、ファウンダーの私の他、メンバーの青野と近石、その他にサポーターが11名、アドバイザーが3名となっています。そして現在、WEBデザイナーを募集しております。

一人でも多くの方に、素晴らしい手仕事を届け、職人さんを笑顔にできるよう頑張ってまいります。

https://studio.creww.me/

Facebook コメント
石神 美実子
広告代理店、広告制作事務所を経て、現在フリーランスのコピーライター・ライターとして活動中。キャッチフレーズやネーミング、プレスリリース等の制作から、WEBメディアの執筆まで幅広く従事。とりわけ、円滑なコミュニケーションを必要とする人物インタビューが得意。
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント