12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

Creww株式会社(以下、Creww)が始めた新たな試みは、個人の挑戦の支援。社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」を立ち上げた。
このプログラムに参加する個人は、本業を続けながらゼロイチの事業開発に挑戦できる。最終的には売却を目指すため、法人化しないサイドビジネスのプロジェクトとして参加できるのがポイントだ。
第一回目のプロジェクトは3つあり、そのうちの1つ「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Repro株式会社(以下、Repro)で働く金卓史(コン タカフミ)氏だ。金氏は「STARTUP STUDIO」の経験から何を得たのか。お話を伺った。

新しい仕事を始めると同時に参加した「STARTUP STUDIO」

―金さんのこれまでのキャリアについて教えてください。

大学を卒業後に入社したのはヘアケアなどのトイレタリー用品や基礎化粧品などを扱うクラシエホームプロダクツ株式会社(以下、クラシエ)です。東北エリアを担当する営業部に配属され、卸店と販売店への営業活動をしていました。

ここでは、バイヤーと一緒に消費者にとって魅力的な売り場を考えたり、販売店の店員さんに商品理解を深めてもらうために定例会議に参加したり、卸売の流通から商品が買われるまでを一気通貫で仕事ができたのは楽しかったです。

それから約5年が経ち、20代のうちにマーケティングのスキルを実務経験として身に付けたいと思うように。ただ、クラシエのような大企業では、個人の意見で簡単に部署異動はできません。そこで思い切って、デジタルコンサルティングファームの株式会社プリンシプルに転職しました。

それとほぼ同じタイミングで、偶然Facebookのタイムラインで「STARTUP STUDIO」の存在と募集内容を知って、即応募しました。

―転職後すぐに「STARTUP STUDIO」も始めたんですね。

クラシエを退職したときに、やりたいことは同時並行でもいいから挑戦して、とにかく自分を成長させたいと思ったんです。「STARTUP STUDIO」はゼロイチで事業を立ち上げる経験が積めるチャンスですし、他にも目的を決め、いくつかのプロジェクトに挑戦しています。

とはいえ、転職後すぐなので両立するのは簡単ではありませんでした。でも環境を変え、追い込むことが自分を成長させると考えているので、アグレッシブに行動していましたね。

学びしかない、初めてのゼロイチの事業立ち上げ

―「STARTUP STUDIO」ではどのような役回りだったのでしょうか。

プロジェクトメンバーは役割を固定していたわけでなく、毎週金曜日の定例ミーティングで次週やるべきことを決めて、振り分けていました。そのなかで僕の役回りとして多かったのは資料づくりです。営業資料やサービス概要のスライドなど、直接ユーザーの声を聞く機会が多かったので、それを資料に反映させていました。

ちょうど、プリンシプルで優秀な先輩から資料作成ノウハウを改めて学んでいた時期だったので、本業の学びが生きたと思います。

Repro株式会社 金卓史(コン タカフミ)氏

―「STARTUP STUDIO」に参加して得られたことを教えてください。

たくさんあるのですが、一番はプロジェクトメンバーと出会えたこと。この出会いには本当に感謝しています。実務においては、ゼロイチで事業を立ち上げるにあたってのリサーチ経験もなかったですし、開発を進める際に考えるべきポイントなど、学ぶことばかりでした。

また「petip」のプロダクトは、最低限必要な機能だけで作っていたので、実証実験に進む過程で、ユーザーに対して何がメリットになるのか、プロダクトのバリューを深く思考して言語化するのも難しかったです。

売却を見据えるタイミングでも、サービス価値を試算して資料をつくるわけですが、どういった視点で何を資料に盛り込むべきなのか、構成を理解できたのは良かったと思います。

ただ、Crewwとしても「STARTUP STUDIO」は初めての試みで、参考にできる過去の実績はないから、反省する点はたくさんあります。それは、また次に参加できる機会や今後自分がサービスを作ることがあれば、ぜひ生かしたいです。

何歳になっても挑戦し続ける人生を送りたい

―「STARTUP STUDIO」は半年間のプログラムですが、金さんは終了後ほどなくして転職されています。何があったのでしょうか。

「STARTUP STUDIO」が直接的な原因ではありませんが、ゼロイチで事業やサービスを立ち上げる過程がとても面白くて、これを人生の生業にしたいと思えたんです。プリンシプルでの仕事は楽しかったのですが、「事業開発がしたい」という思いは日に日に強くなり、カスタマーエンゲージメントを高めるプラットフォームを提供しているReproに転職しました。

ここでは、プロジェクト・マーケティング・マネージャーというポジションを担っています。開発、マーケティング、営業など社内の全ての部署と関わる機会があり、顧客とプロダクトの接点において、課題解決やプロジェクトをリードします。やりたいと考えていた事が全部入りのミッションを持つポジションに出会えたので、とにかく経験を積んで、会社や社会にバリューをより出せる存在になりたいと思っています。

―短期間でさまざまなことに挑戦している金さんですが、これから何に挑戦したいですか?

本業で圧倒的バリューを出せる存在になることはもちろんですが、引き続き社外での活動も続けたいと考えています。無闇に活動するのではなく、自分のスキルアップや人脈が広がること、そこから本業にも好影響があることを意識しています。

進める予定の活動はいくつかあるのですが、個人で活動する中での大きな挑戦は「ジーズアカデミー」という半年間の有料プログラムに参加します。未経験からプログラミングを勉強してサービスを作ります。参加する理由は、個人的な興味関心もありますが、本業にもバリューが出ると考えています。エンジニア視点や開発工程などを理解することで、開発チームと円滑コミュニケーションが取れるようになり、プロジェクトを上手に進められる存在を目指します。

また、「STARTUP STUDIO」に参加することで出会えたメンバーと始めたメディアを創ることにも挑戦をします。何もない状態から誰かに価値があるモノを創ることを引き続きやりたいと考えているからです。内容は、ライターさんに協力してもらいながら作っていて、まずはブログを使って、「セルキャリ」というキャリア形成の気づきを得て、考える場所となる場を進めているところです。今後、何らかの形で「STARTUP STUDIO」も機会があればまた参加したいですね。

僕はこの先何歳になってもずっと挑戦し続ける人生を送りたいから、これからより一層ギアを上げていくつもりです。いろんな人と出会い、いろんなスキルを身につけて幅を広げたい。いずれ、地元の秋田県と東京で二拠点生活をしたいと考えているので、それくらい自由に働けるように成長していきます。

【プロジェクトメンバー募集】“挑戦する個人”のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww』

2020年4月24日

そもそもスタートアップスタジオって何?|STARTUP STUDIO by Creww

2020年4月28日
Facebook コメント
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント