12.8 C
Japan
日曜日, 5月 31, 2020

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

Creww株式会社(以下、Creww)が始めた新たな試みは、個人の挑戦の支援。社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」を立ち上げた。
このプログラムに参加する個人は、本業を続けながらゼロイチの事業開発に挑戦できる。最終的には売却を目指すため、法人化しないサイドビジネスのプロジェクトとして参加できるのがポイントだ。
第一回目のプロジェクトは3つあり、そのうちの1つ「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Repro株式会社(以下、Repro)で働く金卓史(コン タカフミ)氏だ。金氏は「STARTUP STUDIO」の経験から何を得たのか。お話を伺った。

新しい仕事を始めると同時に参加した「STARTUP STUDIO」

―金さんのこれまでのキャリアについて教えてください。

大学を卒業後に入社したのはヘアケアなどのトイレタリー用品や基礎化粧品などを扱うクラシエホームプロダクツ株式会社(以下、クラシエ)です。東北エリアを担当する営業部に配属され、卸店と販売店への営業活動をしていました。

ここでは、バイヤーと一緒に消費者にとって魅力的な売り場を考えたり、販売店の店員さんに商品理解を深めてもらうために定例会議に参加したり、卸売の流通から商品が買われるまでを一気通貫で仕事ができたのは楽しかったです。

それから約5年が経ち、20代のうちにマーケティングのスキルを実務経験として身に付けたいと思うように。ただ、クラシエのような大企業では、個人の意見で簡単に部署異動はできません。そこで思い切って、デジタルコンサルティングファームの株式会社プリンシプルに転職しました。

それとほぼ同じタイミングで、偶然Facebookのタイムラインで「STARTUP STUDIO」の存在と募集内容を知って、即応募しました。

―転職後すぐに「STARTUP STUDIO」も始めたんですね。

クラシエを退職したときに、やりたいことは同時並行でもいいから挑戦して、とにかく自分を成長させたいと思ったんです。「STARTUP STUDIO」はゼロイチで事業を立ち上げる経験が積めるチャンスですし、他にも目的を決め、いくつかのプロジェクトに挑戦しています。

とはいえ、転職後すぐなので両立するのは簡単ではありませんでした。でも環境を変え、追い込むことが自分を成長させると考えているので、アグレッシブに行動していましたね。

学びしかない、初めてのゼロイチの事業立ち上げ

―「STARTUP STUDIO」ではどのような役回りだったのでしょうか。

プロジェクトメンバーは役割を固定していたわけでなく、毎週金曜日の定例ミーティングで次週やるべきことを決めて、振り分けていました。そのなかで僕の役回りとして多かったのは資料づくりです。営業資料やサービス概要のスライドなど、直接ユーザーの声を聞く機会が多かったので、それを資料に反映させていました。

ちょうど、プリンシプルで優秀な先輩から資料作成ノウハウを改めて学んでいた時期だったので、本業の学びが生きたと思います。

Repro株式会社 金卓史(コン タカフミ)氏

―「STARTUP STUDIO」に参加して得られたことを教えてください。

たくさんあるのですが、一番はプロジェクトメンバーと出会えたこと。この出会いには本当に感謝しています。実務においては、ゼロイチで事業を立ち上げるにあたってのリサーチ経験もなかったですし、開発を進める際に考えるべきポイントなど、学ぶことばかりでした。

また「petip」のプロダクトは、最低限必要な機能だけで作っていたので、実証実験に進む過程で、ユーザーに対して何がメリットになるのか、プロダクトのバリューを深く思考して言語化するのも難しかったです。

売却を見据えるタイミングでも、サービス価値を試算して資料をつくるわけですが、どういった視点で何を資料に盛り込むべきなのか、構成を理解できたのは良かったと思います。

ただ、Crewwとしても「STARTUP STUDIO」は初めての試みで、参考にできる過去の実績はないから、反省する点はたくさんあります。それは、また次に参加できる機会や今後自分がサービスを作ることがあれば、ぜひ生かしたいです。

何歳になっても挑戦し続ける人生を送りたい

―「STARTUP STUDIO」は半年間のプログラムですが、金さんは終了後ほどなくして転職されています。何があったのでしょうか。

「STARTUP STUDIO」が直接的な原因ではありませんが、ゼロイチで事業やサービスを立ち上げる過程がとても面白くて、これを人生の生業にしたいと思えたんです。プリンシプルでの仕事は楽しかったのですが、「事業開発がしたい」という思いは日に日に強くなり、カスタマーエンゲージメントを高めるプラットフォームを提供しているReproに転職しました。

ここでは、プロジェクト・マーケティング・マネージャーというポジションを担っています。開発、マーケティング、営業など社内の全ての部署と関わる機会があり、顧客とプロダクトの接点において、課題解決やプロジェクトをリードします。やりたいと考えていた事が全部入りのミッションを持つポジションに出会えたので、とにかく経験を積んで、会社や社会にバリューをより出せる存在になりたいと思っています。

―短期間でさまざまなことに挑戦している金さんですが、これから何に挑戦したいですか?

本業で圧倒的バリューを出せる存在になることはもちろんですが、引き続き社外での活動も続けたいと考えています。無闇に活動するのではなく、自分のスキルアップや人脈が広がること、そこから本業にも好影響があることを意識しています。

進める予定の活動はいくつかあるのですが、個人で活動する中での大きな挑戦は「ジーズアカデミー」という半年間の有料プログラムに参加します。未経験からプログラミングを勉強してサービスを作ります。参加する理由は、個人的な興味関心もありますが、本業にもバリューが出ると考えています。エンジニア視点や開発工程などを理解することで、開発チームと円滑コミュニケーションが取れるようになり、プロジェクトを上手に進められる存在を目指します。

また、「STARTUP STUDIO」に参加することで出会えたメンバーと始めたメディアを創ることにも挑戦をします。何もない状態から誰かに価値があるモノを創ることを引き続きやりたいと考えているからです。内容は、ライターさんに協力してもらいながら作っていて、まずはブログを使って、「セルキャリ」というキャリア形成の気づきを得て、考える場所となる場を進めているところです。今後、何らかの形で「STARTUP STUDIO」も機会があればまた参加したいですね。

僕はこの先何歳になってもずっと挑戦し続ける人生を送りたいから、これからより一層ギアを上げていくつもりです。いろんな人と出会い、いろんなスキルを身につけて幅を広げたい。いずれ、地元の秋田県と東京で二拠点生活をしたいと考えているので、それくらい自由に働けるように成長していきます。

【プロジェクトメンバー募集】“挑戦する個人”のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww』

2020年4月24日

そもそもスタートアップスタジオって何?|STARTUP STUDIO by Creww

2020年4月28日
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。
- Advertisment -

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。