12.8 C
Japan
木曜日, 8月 13, 2020

そもそもスタートアップスタジオって何?|STARTUP STUDIO by Creww

2020年3月2日から本格的に活動を開始したCrewwのインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」は、2019年に1年をかけてPoC(事業化検証)を行いました。結果、様々な課題が浮き彫りになり、改善点が明確になったため、今回改めて本格始動しました。本コラムでは、継続して事業企画背景から各採択プロジェクトの進捗レポートなどをお伝えしていきます。

そもそもSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)って何?

ざっくり言うと、新しい事業をたくさん創りまくる集団のこと。事業を創る人を創る事業というイメージです。

割とよく言われているフレーズとしては”同時多発的にスタートアップを作り出す工房・組織・事業体“などと言うものがあります。スタートアップスタジオにも色々と種類はあるのですが、「(創業者)これやりたい!どうやっていいかわからないこと沢山ある!困った」、に対して「(STUDIO)わかりました。それでは、お助けしましょう。」の事業体が多いです。種類が多いという話ですが、支援内容が「ヒト・モノ・カネ」を提供することが多く、その提供方法によってSTUDIO事業体のマネタイズ方法が変わってきます。

※Crewwと同じ領域で事業を行っている01boosterの川島さんがスタートアップスタジオについて詳しく説明されているのでご参考までに。
https://note.com/takerukawashima/n/n00ae7a00d4ff

改めて整理しますと、「STARTUP STUDIOとは、同時多発的に数々のスタートアップを生み出す工房のような環境や事業体のこと」を指します。現在のSTARTUP STUDIOでは、国内においても起業家やイノベーターが様々な0→1を生み出す経験を持って集まっており、同時多発的にスタートアップを生み出し始めています。

『STARTUP STUDIO by Creww』では、社会を変える挑戦を、プロジェクト公募型で行う全く新しい挑戦のカタチです。本職を続けつつも、サイドプロジェクトとしてスタートアップへ挑戦出来る機会と成長体験を提供しています。

https://studio.creww.me

なぜスタートアップスタジオを始めたのか?

シンプルに言うと、起業家が一般的に負うものとされているリスクを減らしたいここに尽きます。

「起業家は莫大なリターンが得られる可能性があるため、リスクを負うことが当たり前。リスクを追わないとスケールする事業は創り上げられない」というのは本当なのだろうか?
従来と違う選択肢は創れないのだろうか?
個人でリスク最小に抑えつつ事業を創り、軌道に乗ったタイミングでしっかり軸足変えていく選択肢があっても良いのではないだろうか?
という仮説を持って始めました。

我々はVCでもなく、ファンド組成もしていないため、短期で回収するマネタイズモデルを設計する必要がありました。そうでないと資金ショートしてしまうからです。という背景から「ショートEXIT(超短期間での事業売却)の選択肢がもっと増えたらエキサイティングなのではないだろうか?」という若干プロダクトアウト的な要素もありながら今のビジネスモデルになってます。もちろん、今後もアップデートしていく可能性があります。

運営はどうなっている?

『STARTUP STUDIO by Creww』は、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営するCreww株式会社の事業の一つです。

Creww(クルー)は、スタートアップ企業の事業加速と事業会社の新規事業創出を目的とし、アクセラレータープログラムの開催やスタートアップコミュニティなどを運営しているオープンイノベーションプラットフォーマーです。

25件のプロジェクトが採択

『STARTUP STUDIO by Creww』は個人や創業前チームを対象に新規事業創出するための支援をしてます。4月24日には25件のプロジェクト採択のプレスリリースを出しました。

【プロジェクトメンバー募集】“挑戦する個人”のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww』

2020年4月24日

大前提として、「やりたいことが既に決まっている方」が採択基準で、まずは、新しく事業を作りたい方々のプロジェクトから25件を採択いたしました。
今後、図のようなスケジュール感で進めていく予定です。

興味のあるプロジェクトがあれば、ぜひエントリーください。
https://studio.creww.me

執筆
STARTUP STUDIO by Creww 
STARTUP STUDIO by Crewwです。STARTUP STUDIO by Crewwは“挑戦する個人”のためのインキュベーションプログラムです。 採択プロジェクトの活動記録をnoteにて随時発信しております。
https://note.com/crewwstudio
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。