12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

浜松アクセラレーター2021開催決定|浜松ものづくり企業と全国のベンチャーによるイノベーションモデルの創出

浜松市は、市内のものづくり企業の技術と、全国のベンチャー企業の革新的な技術やア
イデアの融合によるイノベーションのモデル事例を創出し、本市の産業を活性化させる
ことを目的に、「浜松アクセラレーター2021」を 2021年7月から実施します。
事業実施に先立ち、市内ものづくり企業を対象に、本プログラムの説明会をオンラインで 2021年6月1日(火)に開催します。

浜松アクセラレーター2021の概要

事業の目的

浜松市のものづくり企業の技術と、全国のベンチャー企業の革新的な技術やアイデアの融合によるイノベーションのモデル事例を創出することで、本市の産業を活性化させる。

事業内容

【募集対象】※以下を全て満たす事業者であること

①市内に本社もしくは主たる事業所を有する製造事業者(従業員数、資本金等の制限なし)
②ベンチャー企業との協業により、新規事業の創出や自社課題の解決に繋げる強い意志を持つ事業者

【プログラム運営 】

Creww 株式会社(代表取締役:伊地知 天 以下「Creww(クルー)」)
5,300 社以上のスタートアップ企業が登録する国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営する企業。2012 年の創業以来、スタートアップ企業と企業・自治体による新規事業の創出やデジタル化(DX推進)を目的としたオープンイノベーションプログラムを200回以上開催し、これまで約690件の協業を実現。

【プログラム特長】

①ベンチャー企業とのコミュニケーションの取り方から、共同開発プロジェクトの実証実験まで、各フェーズに応じたベンチャー企業と接するノウハウが学べる。
②Creww の持つスタートアップとの圧倒的なネットワークから、市内参加事業者のシーズ、ニーズに親和性のあるスタートアップ複数社の紹介を受けられる。
③マッチング候補のスタートアップとの綿密な個別協議により、マッチングの確度を高められる

【事業実施期間 】

令和3年7月2日(金)(市内参加企業選定)~令和4年3月末

市内企業募集期間

令和3年5月31日(月)~令和3年6月25日(金)
※今回の報道発表は、募集開始前の事前告知である点にご留意ください。

応募方法

募集案内を確認の上、指定様式のエントリーシートを作成し、浜松市HPから電子申請してください。(Google フォーム等を想定)
※募集案内、エントリーシート様式、電子申請用 URL は、募集開始日(令和3年5月31日)にあわせて公開する予定です。

オンライン説明会の詳細

本事業の募集開始にあわせ、下記のとおりオンラインによる事業説明会を開催します。本事業の説明加え、プログラムを運営する Creww から、昨今のオープンイノベ―ションの動向に係る基調講演を行います。オープンイノベーションの手法の活用により自前主義から脱却し、新規事業創出や自社課題解決に繋げるためのヒントが詰まった講演ですので、奮ってご参加ください。

■実施概要

実施日時 令和3年6月1日(火)14時~15時30分(予定)
実施方式 オンライン(Zoom により開催)
内 容
1.本プログラムの趣旨説明(浜松市)
2.マクロ視点で見るオープンイノベーションの動向(Creww)
3.本プログラムの説明(Creww)
4.協業事例の紹介(昨年度プログラムに参加した浜松市内企業)
5.質疑応答
参加料 無料
参加方法 下記のいずれかの方法で、事前に参加登録をしてください。

①下記の URL(イベント管理サイト「Peatix」)から登録
※5月17日(月)オープン予定
https://hamamatsu-accelerator-2021.peatix.com

②令和3年5月31日(月)15時までに、下記のメールアドレスに参加希望メールを送付
※メールの件名は、「浜松アクセラレーター2021 オンライン説明会参加希望」としていただき、本文に参加者の会社名/ご所属/お名前/メールアドレスをご記載ください。

【問い合わせ先・オンライン説明会登録先】
浜松市産業部スタートアップ推進課
TEL 053-457-2825 /FAX 053-457-2283
E-mail:vs-sangyo@city.hamamatsu.shizuoka.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント