12.8 C
Japan
金曜日, 12月 2, 2022

欧州市場に飛躍!日欧ピッチコンテスト『TechBIZKON VI Mobility』参加スタートアップ募集

ADVANTAGE AUSTRIA Tokyo、在日ドイツ商工会議所、イタリア大使館貿易促進部、ベルギー・フランダース政府貿易投資局、トヨタコネクティッドが主催となり、各国のスタートアップによるモビリティ技術をテーマとしたビジネス・ピッチコンテスト『TechBIZKON VI Mobility – A journey into the future』を2022年12月6日(火)に開催。これに伴い、ピッチコンテストに参加する日本のスタートアップ企業を募集します。

“TechBIZKON VI Mobility – A journey into the future”概要

日時:2022年12月6日 15:30〜21:00
形式:リアルの会場とオンラインのハイブリッド型イベント
場所:axle 御茶ノ水 東京都千代田区神田小川町三丁目28-5
イベント詳細:https://techbizkon-vi-mobility.b2match.io/
申し込み締め切り(日本の参加希望スタートアップ):2022年10月19日(水)
参加申し込みリンク:https://bit.ly/TechBIZKON-JPStartups-2022

第6回目の開催となる今年のテーマは「A journey into the future」(未来への旅)と題され、自動車の電化、自動運転、IoT、AI、デジタルツインなど次世代モビリティ技術の活用に焦点をあてます。
主催国であるオーストリア、ドイツ、イタリア、ベルギー・フランダース、日本のスタートアップと大手中堅企業やベンチャーキャピタル、アクセラレーター等の支援機関が参加し、参加各国のスタートアップへの投資や協業の検討、ネットワーク構築や海外進出の機会を創出します。
欧州展開を目指すスタートアップにとってはプロモーションやコネクションの場として最適の交流イベントです。

なお、特に優れたピッチを行った日本のスタートアップには、欧州各国でのアクセラレーションプログラムへの参加や国際展示会・見本市での無償出展などの賞品が贈られます。

ピッチコンテスト ベスト登壇者への賞

・Go Austria Golden Ticket
オーストリアのグローバルインキュベーターネットワーク「GIN」が運営するオーストリアのウィーンで2週間にわたって開催されるアクセラレーションプログラム。参加企業はオーストリアとヨーロッパの市場調査に加え、ウィーンで新しい投資家やコラボレーションパートナーを見つけることができます。GINは参加者に対し、参加費用のみならず旅行費や宿泊費の提供も用意しています。
詳細:https://www.gin-austria.com/programs/goAustria

・Explore Europe Award
ベルギー・フランダースでの1週間集中アクセラレーションプログラム。専門家によるマスタークラスと顧客開拓サポートを提供します。渡航前にオンラインによる予備セッションを行います。

・Free booth at Hanover Messe
ハノーバーメッセでの出展ブースを無償提供します。

・axle Award from Toyota Fudosan
出会いと交流、新しい産業を生み出す場、「Connected Industries Space」をコンセプトにした施設「axle御茶ノ水」のコワーキングスペースを6か月無料提供します。日本でのビジネス展開の拠点として活用が可能です。

・GLIP Award from Toyota Connected
トヨタコネクティッド株式会社のグローバル拠点として、2020年7月、axle御茶ノ水ビル(5-6F)に開設されたGlobal Leadership Innovation Place(GLIP)。5階の「マルシェ」をコワーキングスペースとして3か月無料で提供します。日本でのビジネス展開の拠点として活用が可能です。

昨年の日本のスタートアップ企業の声

つばめBHB株式会社 小出智幸氏

Explore Europe Award賞により2022年4月に2週間のベルギー・フランダースへの出張を行いました。現地滞在中はベルギー・フランダース政府貿易投資局のご協力により、現地企業との多数の面談・視察や、関連産業のセミナー参加を実施することができました。この機会を通じて、顧客の声を聞き、また欧州内の仕組みを理解することができ、弊社の海外展開において非常に有益な機会となりました。

XELA Robotics株式会社(COO)

2020年度のTechbizkonに参加し、「Go Austria Golden Ticket」に入賞いたしました。その後、GINオーストリアからサポートを受け、特に素晴らしいメンターを得ることができました。このメンターからオーストリアの投資家を紹介され、近々本社をオーストリアに移転する予定です。オーストリアは欧州市場へのアクセスが最適で、教育水準の高い労働力があり、資金調達の機会も豊富です。

TechBIZKONとは

TechBIZKONは欧州と日本のスタートアップ、ベンチャーキャピタル、大手中堅企業の関係者を対象とする最先端のテクノロジーをビジネステーマとしたピッチイベント。2017年から毎年開催されており、参加国のスタートアップエコシステム間の長期的な技術・経済交流を促進することを目的に開催されています。これまでハイテク、AI、デジタルヘルス、グリーンテクノロジーがテーマとして扱われてきました。
今回は「モビリティ技術」をテーマに参加国から選ばれた15社のスタートアップによるピッチングコンテストを行われます。欧州と日本の専門家による、ビジネスとテクノロジーの観点から見たモビリティの課題に関するパネルディスカッションや、参加スタートアップ企業による展示コーナーを設けます。日欧のモビリティ関連企業の代表が集まり、ビジネスマッチングや参加国の名物料理が楽しめるネットワーキング・レセプションも開催します。
2021年の開催では日欧のスタートアップ30社が参加し、10名のパネリストが登壇、155名の参加者を迎え、盛況のうちに閉幕しました。

昨年開催されたTechBIZKONの様子はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=ZY223AqdGpI

“TechBIZKON VI Mobility – A journey into the future”概要

日時:2022年12月6日 15:30〜21:00
形式:リアルの会場とオンラインのハイブリッド型イベント
場所:axle 御茶ノ水 東京都千代田区神田小川町三丁目28-5
イベント詳細:https://techbizkon-vi-mobility.b2match.io/
申し込み締め切り(日本の参加希望スタートアップ):2022年10月19日(水)
参加申し込みリンク:https://bit.ly/TechBIZKON-JPStartups-2022
主催:
・ADVANTAGE AUSTRIA Tokyo(オーストリア大使館商務部)
・在日ドイツ商工会議所
・イタリア大使館貿易促進部
・ベルギー・フランダース政府貿易投資局
・トヨタコネクティッド株式会社
共催:
・日欧産業協力センター
・ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH Tokyo)
スポンサー:
・Austrian Business Agency
・CMB.TECH
・Continental
・BMW GROUP
・BOSCH
・German Accelerator
・Global Incubator Network Austria
・トヨタ不動産株式会社
・横浜未来機構 YOXO
後援:
・公益社団法人日本ロジスティクス システム協会(JILS)
・公益社団法人自動車技術会(JSAE)
・一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント