12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

【香港貿易発展局×Creww】香港のフードテック界をリードする2企業によるピッチ開催!

香港貿易発展局とCreww株式会社による初のコラボレーション!オンラインセミナー『いま注目の多彩なイノベーション・スタートアップ拠点 「香港」 香港のフード・テック界をリードする企業がピッチ』が、2022年9月6日 (火)に開催されます。

香港貿易発展局とCreww株式会社による、初コラボレーションセミナー開催!

多彩なイノベーションが繰り広げられる香港はスタートアップ分野においても世界最先端のインフラを有し、アジア太平洋地域における優れたビジネス拠点として大きな役割を果たしています。
香港の高度で充実した研究・開発環境は世界からも注目されており、香港が生みだしたいくつかの革新的技術は、近年日本でも注目を浴びています。

本ウェビナーでは、革新的なイノベーションを起こした香港のフードテック企業2社の代表をお招きし、プレゼンテーションを行っていただきます。香港のスタートアップ界をリードする彼らがどのように事業を興してきたのか、また独自のビジネス戦略や国際ビジネス都市としての香港の強みや活用法についてお話いただきます。本ウェビナーが、新たなビジネスコラボレーションの可能性を模索していただく契機となれば幸いです。

こんな方におすすめ

・香港のフードテックスタートアップとの協業を検討している事業会社担当者
・香港フードテックスタートアップとコラボを検討しているスタートアップ

皆さま、是非奮ってご参加ください!

■開催日時 2022年9月6日(火)11:00-12:10(日本時間)
■場所 Zoomビデオウェビナー
■言語 日本語 *英語→日本語同時通訳あり
【主催】 香港貿易発展局(HKTDC)
【共催】 Creww株式会社

プログラム概要

11:00-11:05【開会挨拶】香港貿易発展局 東京事務所長 伊東 正裕

11:05-11:10【主催者・登壇者紹介】香港貿易発展局 & Creww株式会社

11:10-11:25【講演①】香港発のフードテック企業
「独自の代替タンパク質食品で、プラントベースムーブメントを巻き起こす ~国際的なビジネス都市としての香港の強み~」
GreenMonday アソシエイト・ディレクター Angelica Leung氏

11:25-11:40【講演②】香港発のフードテック企業
「17秒で食べられるグルメ弁当を実現~スタートアップが輝く香港の基盤~」
WADA BENTO 代表取締役 Jason Chen 氏

11:40-11:50 香港貿易発展局より「香港貿易発展局の役割」と「スタートアップ・エクスプレス・インターナショナル」のご案内

登壇者紹介

■伊東正裕 香港貿易発展局 東京事務所長/Director of Tokyo Office

兵庫県出身、英国レスター大学経営学大学院修了(MBA)、味の素株式会社で台湾、香港、広州、上海に駐在し、食品素材、調味料、加工食品の販売・マーケティングに従事。2006年7月香港貿易発展局に転じ、マーケティングマネジャー、2007年5月東京事務所次長、2012年1月大阪事務所長を経て、2018年3月より現職。日本香港間の貿易振興業務に長く従事し、日本企業に対する個別コンサルティングやアドバイザリーサービスにも対応している。香港通算在住歴約17年、英語・広東語・北京語にも堪能。英国レスター大学経営学修士(MBA)。農林水産省輸出倍増リード事業委員、近畿経済産業局「関西のクリエイティブ産業を考える会」委員、宮城県食品輸出協議会参与、札幌市「東アジア食品輸出エキスパート養成講座」講師、沖縄国際航空物流ハブ活用推進事業戦略検討委員会委員、沖縄県アジア経済戦略構想推進・検証委員会委員、沖縄県観光・MICE振興専門推進部会副部会長、石川県海外経済戦略連携調整会議専門委員などを歴任。
https://japanese.hktdc.com/

■田尻 瞳 Creww株式会社/Open Innovation Dept. Growth Team Biz Dev.Senior Account Executive

大手人材派遣会社での営業職を経て、株式会社リクルートホールディングスのブライダル事業部でコンサルティング営業に従事し、新規事業、戦略立案、社内外の人材育成、マネジメントを経験。メーカー、金融系等の多岐にわたる業界での経験を積んだ後、2016年にCrewwに参画。 Crewwではアクセラレータープログラムを運営し、これまで多数の協業を成功に導き、業務・資本提携を通じて、スタートアップの成長支援と企業の新規事業創出の支援を実施。 現在は営業チームに所属し、企業のオープンイノベーション、及び地域イノベーションプロジェクトの推進や海外アクセラレーターの企画、運営に従事。
※Creww株式会社 https://creww.me/

■Angelica Leung (アンジェリカ・リャン)GREEN MONDAY / Associate Director

気候変動、世界な食糧不足、公衆衛生の課題に取り組むことを使命とする香港発の多面的なソーシャルベンチャー企業、グリーンマンデー・アンド・オムニフーズの国際開発担当シニアマネジャーです。
サステナビリティへの情熱を持つ同社は、このユニークな統合プラットフォームを香港からアジア太平洋地域へと拡大し、何百万人もの人々の環境意識と行動力を高めています。大手植物由来ブランドや最新の自社イノベーションブランドOMNI Foodsの開発に積極的に関わった経験から、世界的・地域的な植物由来の製品やトレンドに精通しています。香港のマクドナルド社、中国のスターバックス社と提携し、植物性の豚肉代替品を提供しています 。また、2021 年 3 月、「俺の 」 グループ (例:俺の イタリアン) とコラボして日本市場に進出しています。
グリーンマンデーグループはフォーチュン誌の2020年「世界を変える企業」リストに選出されています。
https://greenmonday.org/en/

■ Jason Chen (ジェイソン・チェン) WADA BENTO / Chief Executive Officer

国際的な電子企業で半導体や家電製品のプロジェクト監督の経験を積み、多岐に亘るプロジェクトマネジメントの分野で専門的キャリアを積んできたジェイソンは、香港のオフィスワーカーが抱えるランチ問題を解決するためにWADA BENTOを立ち上げました。
東京大学で電子工学の修士号を、香港シティユニバーシティでMBAを取得。また、カリフォルニア大学バークレー校のアントレプレナーシップ&ベンチャープラン開発プログラムも修了しており、若手イノベーターとして注目を集めています。
WADA BENTOは、香港貿易発展局主催の「スタートアップ コンテスト Startup Express 2021」優勝した企業の1つです。
https://wadabento.com/en

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント