12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

【資生堂 fibona × SCENTMATIC】香りの感性を揺さぶる!?超感覚体験イベントを開催

嗅覚のデジタライゼーションによって新たな顧客体験を提案するSCENTMATIC と資生堂の研究所が主導するオープンイノベーションプログラム「fibona」は、2022年7月14日(木)から、超感覚体験イベント「資生堂 fibona × セントマティック Experience KAORIUM 2022」を開催しています。

未知な領域だった「嗅覚」の世界が楽しくなる最先端テクノロジー「香りの超感覚体験」の凄さとは

感じた香りについて具体的に言葉で表現することが難しく、今まで五感の中でも最も未知な領域だったのが嗅覚。しかし、テクノロジーが進化していき、その秘められたポテンシャルに注目が集まっています。嗅覚を通して、脳をさらに活性化させたり、他の五感に比べ、本当の自分の感性を知覚できる可能性があることがわかってきました。

セントマティックが開発した、香りと言葉を変換するAI システム「KAORIUM(カオリウム)」は、世の中に存在する様々な香りを「感性表現の言葉」に変換すると同時に、言葉から香りを選び出すことができるシステムです。香りから言葉を連想し、言葉から香りを想像する「香りの超感覚体験」によって、多様な感性表現が広がり、捉えにくかった香りがよりクリアに感じられ、また香りの豊かさをより深く感じ取る感性をもたらします。体験した方からは、「こんなテクノロジーを待ってました!(40代女性)」「今までにない感覚で楽しい(20代女性)」など、嗅覚の感度や解像度の高まりについて驚きの声もあがりました。

今回のイベントでは、資生堂研究所のオープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」とKAORIUM を開発するセントマティックがコラボし、ユーザーが出会ったことのない新たな体験を目指したイベントになります。きっと自分の感性を知るきっかけとなるでしょう。

超感覚体験イベント
「資生堂 fibona × セントマティック Experience KAORIUM」開催概要

資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)

主催:株式会社資生堂、SCENTMATIC 株式会社
日程:2022年7月14日(木)~10月14日(金)
時間:12:00~18:00 ※水曜・施設休館日はサービス停止
会場:資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK・エスパーク)
   〒220-8559 神奈川県横浜市西区高島1丁目2-11
施設情報:https://spark.shiseido.co.jp/
※入場無料
※営業時間は施設ホームページをご覧ください。

今までにない感覚で楽しい!香りの超感覚体験

香りある商品を選ぶ上で難しいのが、香りを言葉で表しにくいということ。最先端のテクノロジーであるKAORIUM は、香りのイメージを言語化し、AI による言葉を頼りに、直感的に自分の好きな香りを探すことができます。
資生堂の化粧品に合わせてカスタマイズされた香り体験デバイスでは、S/PARK に展示されている20 種類の資生堂香料(既存化粧品の香料や開発中の香料を含む)から言葉とともに香りを選んでいくことで、一人ひとりの“好きな香り”選びをサポートします。

はじめに、好きな香りを選びコースターに置くと、その香りの印象を表すさまざまな言葉が画面にあらわれます(「ロマンティック」「品のある」など)。表示された言葉の中から自分が求めるイメージにもっとも近い言葉を選択すると、その言葉に紐づく香りが導き出されます。この動作を数回繰り返し、香りと言葉を選んでいくことでAI がその人の香りの感性をもとに好みの香りの傾向を分析し、その印象を情景的なキーワードとして導き出します(例:「甘い春の空気」)。一連の体験を通して、自分の好きな香りの軸を知ることができ、自分に合ったフレグランスを選ぶことが可能になります。

香りと言葉を変換するAI システム「KAORIUM」とは

KAORIUM は、セントマティックが開発した香りと言葉を相互に変換するAI システムです。最先端のテクノロジーによって、曖昧で捉えにくい香りの印象を言葉で可視化したり、ある言葉に紐づく香りを導き出したりすることを可能にします。

また、言葉を意識しながら香りを深く味わう体験は左右両脳を活性化し(※1)、私たちのまだ見ぬ感性への気付きをもたらします。香りと言葉をつなぐ今までにない体験が生み出す価値は、フレグランスの世界にとどまらず、感性教育、飲食体験、購買体験など様々な分野に新しいビジネスチャンスを生み出すものとして、その可能性に大きな期待が寄せられています。
(※1)参照元:「注意が脳での嗅覚処理に及ぼす影響 ―脳波計測により匂い呈示後1 秒以内の脳活動の変化を検出―」https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20190322-1.html

株式会社資生堂について

1872年日本初の民間洋風調剤薬局として東京・銀座で創業し、現在では約120の国と地域で事業を展開しています。150年にわたる歴史と伝統は、常にその時代ごとの革新のつみ重ねともいえます。そして今も、革新へ挑み続けています。日本発のグローバルビューティーカンパニーを目指し、化粧品事業だけでない、まだ見たことのない商品と新しい価値を創造し、美を通じて世界中を幸せにする「ビューティーイノベーション」を実現します。

社名株式会社資生堂
創業1872年(明治5年)
所在地〒104-0061 東京都中央区銀座7-5-5
代表者代表取締役 社長 CEO 魚谷 雅彦
事業概要スキンケア、メイクアップ、フレグランスなどの「化粧品」を中心とした事業展開を行いながら、「レストラン事業」「教育・保育事業」など幅広く展開
URLhttps://corp.shiseido.com/jp/

オープンイノベーションプログラム「fibona」

研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(GIC)」は都市型オープンラボとして2019年4月に本格稼働。オープンスペースとなる低層階を中心とした顧客と研究員の交流、国内外の外部研究機関との連携、研究員の多様な働き方などによる“多様な知と人の融合”をコンセプトとしてイノベーション創出に向けた活動が推進されています。GIC のコンセプトを象徴する活動である「fibona」は、外部のユニークな発想やテクノロジーと、資生堂が持つ美やサイエンスの知見を融合し、世界をワクワクさせる新たな価値の創造に挑戦しています。

URL:https://spark.shiseido.co.jp/fibona/

SCENTMATIC 株式会社について

セントマティックは、香りを言語化するAI システムを用いて、あらゆるものに“情緒的な体験価値”をプラスできる香りの共創型の香りのビジネスデザイン集団として2019年に設立しました。五感の中でも最も未知な領域であった「嗅覚」に着目し、香りを言語化するAI ツール「KAORIUM」を開発しています。これまで「香り」という概念は個人の感覚の違いにより他者へのイメージの伝達が難しく、明確な指標というものが存在しませんでした。KAORIUM の登場により様々なビジネス上での”香り”の活用が期待できます。セントマティックが取り組むのは「嗅覚のデジタライゼーション」。それは、香りと言葉による「香りの体験」によって人の感性を進化させ、あらゆる業界のビジネスに革新をもたらします。

社名SCENTMATIC 株式会社
設立2019年11月
所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目22番7号 6階
代表者栗栖 俊治
事業概要香り/風味を言語化するAIシステム「KAORIUM(カオリウム)」の開発
KAORIUMを活用した
・香り体験 企業向け製品
・サービス企画開発
・香り体験 D2C商品企画
・香り体験 ワークショップ/教育イベントの企画開発
・香り体験に関わる研究開発
URLhttps://scentmatic.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント