12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

【2/21開催・無料ウェビナー】CVC / VC向け! 2022年CVCの最新投資戦略とEXITの動向

株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」運営の株式会社CAMPFIRE Startupsは、スタートアップ向けの資金調達サポート事業に加え、大手企業のCVC投資事業に対する包括的な支援事業をスタートしました。それに伴い、2月21 (月)に無料のZoomウェビナーを開催します。

イベント概要

【CVC / VC向け】2022年CVCの最新投資戦略とEXITの動向

本イベントを主催する株式会社CAMPFIRE Startups 代表取締役 出縄 良人氏と豪華3名の講師を迎えて、スタートアップの資金調達手段としての多角的なCVC投資戦略、最新の協調投資事例、アクセラレータープログラムを活用するCVC投資、クラウドファンディング活用するメリット、IPOによる最新のEXIT戦略について、最新情報を交えながら市場動向をお伝えします。

日   時:2022年2月21日(月)17:00~18:30(開場:16:50頃)
参 加 費:無料(アンケート回答にご協力いただく場合があります)
会   場:Zoomウェビナー ※お申し込み後にURLを確認できます。

【カリキュラム】

17:00〜17:05  登壇者の紹介とイベントのご紹介
17:05〜17:20  コンサルティングファームによるCVC投資の新戦略       
株式会社ICMG Partners 代表取締役 舩橋 元氏
17:20〜17:35  アクセラレータープログラムを活用するCVC投資の実際       
Creww株式会社 代表取締役CEO 伊地知 天氏
17:35〜17:50  CVCのクラウドファンディング活用戦略とそのメリット       
株式会社CAMPFIRE Startups 代表取締役 出縄 良人氏
17:50〜18:05  東証新市場区分IPOによるEXIT戦略と2022年の見通し       
東京証券取引所 上場推進部 勝尾 修氏
18:05〜18:30  クロージング       
お問い合わせ・ご相談方法・アンケートのご案内

本セミナーの対象者

・CVCの投資担当者
・CVC設立の準備をしている担当者
・オープンイノベーションの担当者
・スタートアップのM&Aを推進している担当者
・最先端のCVC投資戦略について理解を深めたい方
・東証の新市場区分におけるIPOについて知識を広げたい方
・CVCからの出資を希望するスタートアップ
・その他、CVC投資戦略とEXIT戦略に関心を持っている方。
※上記に該当しない方でもご参加可能です。

講師紹介

株式会社ICMG Partners 代表取締役 舩橋 元(ふなはし げん)氏

Deloitteにて、UKやUSにおける製造業のクロスボーダーM&Aを手掛け、2016年よりシンガポールに移住。プライベートエクイティファンドのACA Investments にて、ライフサイエンスや航空宇宙業界のファンド運用を手掛け、ICMGに参画。ICMGグループでは、Chief Investment Officerとしてシンガポールをベースにアジアの各種投資案件を管轄。2018年より東京電力、中部電力、ICMGの3社で設立した再生可能エネルギー/次世代インフラファンドを運用。2021年より、ICMGでベンチャーキャピタル事業を立ち上げ、ICMG共創ファンドのキャピタリストとして、日本及びアジアのベンチャー投資全体を管轄。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。Boston University Exchange Program, Economics修了。

Creww株式会社 代表取締役CEO 伊地知 天(いじち そらと)氏

高校、大学を米国で過ごす。カリフォルニア州立大学在学中に起業したことをきっかけに、これまで国内外で合計4社の企業を設立した実績を有す。2012年にCreww株式会社を創業し、新経済連盟の幹事やJ-startup推薦委員を務めるなどIT ベンチャーのエコシステムやオープンイノベーションに関わる多くの組織やプロジェクトに参画している。

東京証券取引所 上場推進部 勝尾 修(かつお おさむ)氏

慶應義塾大学卒業後、キヤノン株式会社に入社。財務本部福島工場経理課という経理の現場で直接金融と間接金融とを使い分ける大企業の姿を垣間見る。その後、1988年東京証券取引所に転籍し、上場審査部などを経て、現在上場推進部に所属。地方にスタートアップ・エコシステム(※)を構築し、地方経済・企業を振興することをライフワークとしている。
(※)起業家、起業支援者、企業、大学、金融機関、公的機関等が結びつき、スタートアップを次々と生み出し、それがまた優れた人材・技術・資金を呼び込み、発展を続けることを生態系になぞらえた表現。

株式会社CAMPFIRE Startups 代表取締役/公認会計士 出縄 良人(でなわ よしと)氏

1997年ディー・ブレイン証券を創業。同社は株式投資型クラウドファンディング(ECF)の前身、グリーンシート制度で募集取扱主幹事シェア9割超。上場引受主幹事業務にも進出。札証アンビシャス、福証Q-Boardの主幹事シェアは6割。2010年に同社代表を退任。2015年にDANベンチャーキャピタル(現:CAMPFIRE Startups)を設立。2017年に第一種少額電子募集取扱業者として登録。ECF事業を開始。2019年CAMPFIREが資本参加。同社グループ傘下に入る。2020年、ECFのサービスサイトをCAMPFIRE Angelsとしてリニューアルオープン。

【株式会社ICMG Partners】

所在地東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル11階
設立日2000年4月19日
URLhttps://www.icmg.co.jp/partners/
代表者代表取締役 舩橋 元
事業内容ベンチャー企業を主とした非上場企業への投資やプロジェクト投資、経営アドバイザリーと、それらの関連業務

【Creww株式会社】

所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目19−9 4階
代表者代表取締役 伊地知 天(いじち そらと)
創業2012年8月13日
資本金8億2,955万円(資本準備金含む)
主な事業内容国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームの運営。スタートアップコミュニティの運営。
URLhttps://creww.in/

【東京証券取引所】

所在地東京都中央区日本橋兜町2-1
設立日1949年4月1日
URLhttps://www.jpx.co.jp/
代表者代表取締役社長:山道 裕己
事業内容有価証券の売買を行うための市場施設の提供、相場の公表及び有価証券の売買の公正の確保その他の取引所金融商品市場の開設に係る業務、これらに附帯する業務

【CAMPFIRE Angels運営会社】

名称株式会社CAMPFIRE Startups
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3000号
加入協会日本証券業協会
契約紛争解決機関証券・金融商品あっせん相談センター
代表者代表取締役:出縄 良人
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
資本金1億円
事業内容第一種少額電子募集取扱業、適格機関投資家等特例業務、コンサルティング事業、教育研修事業
URLhttps://campfire-startups.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント