12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

【相鉄ホールディングス×Creww】「相鉄アクセラレータープログラム2021」10月28日(木)より開始!

相鉄ホールディングスと国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営するCrewwは、オープンイノベーションによる社会課題の解決や新規事業の創出などを目的とした『相鉄アクセラレータープログラム2021』を2021年10月28日より開始しました。本プログラムの開催を通じて、相鉄グループはスタートアップ企業との協業によるイノベーションエコシステムの構築を目指します。

「相鉄アクセラレータープログラム2021」とは

みんなが笑顔になるくらしを、移動を、そして未来を、想像以上に創造する」をテーマにスタートアップ企業を募集するものです。

横浜を拠点に事業展開をする相鉄グループの多様かつ豊富な経営資源と、スタートアップ企業の持つ全く新しいアイデアやテクノロジーに加え、斬新なアプローチやノウハウを活用して、社会課題の解決につながる新しい価値の提供やサービスの創出を目的に実施します。

相鉄グループでは、昨年まで横浜駅西口の活性化を目的としたアクセラレーションプログラムを4度開催。スタートアップ企業と商業施設の相鉄ジョイナスなどで具体的な取り組みを行い、利用者へのサービス向上などの成果をあげています。

本プログラムでは、その対象を相鉄グループの事業全体に拡大して実施することで、参画する相鉄グループ9社が展開するさまざまな事業の幅広いリソースの活用が可能となります。そして、より多くのスタートアップ企業からの提案や、相鉄グループとの協業の機会を創出することを目指しています。

本プログラムの開始に合わせてCrewwのウェブサイト内に専用ページをオープンし、全国のスタートアップ企業に向けて協業案の募集を開始します。協業案の選考をはじめ、マッチング・事業化の推進はオンライン(Crewwのプラットフォーム)上で行います。約半年間のプログラムを経て、2022年3月に成果報告会を開催する予定です。

相鉄グループでは、スタートアップ企業との「議論=コミュニケーション」を大切にし、「くらし」と「移動」に新しい価値を、また社会課題の解決を通して「みんなが笑顔になる」取り組みを創出してまいります。

「相鉄アクセラレータープログラム2021」概要

1.    募集期間:2021年10月28日(木)~ 2020年11月16日(火)

2.    エントリー方法:Crewwのウェブサイト内 専用ページからエントリーしてください。
URL:https://growth.creww.me/fb0f1750-1aac-11ec-916f-cf7c92e2b0c3.html

3.    対象企業:国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。

4.    スタートアップ企業向け説明会:2021年11月11日(木)15:00~16:00
オンライン(ZOOM)にて開催いたします。以下のWEBサイトよりお申込みください。
URL: https://spot.creww.me/open_innovation_event/sotetsu-accele-2021

5.    スタートアップ企業と実現したいこと

①   くらしに、より快適さと豊かさを
相鉄グループは、「ターンテーブル・モデル」の実現による「選ばれる沿線」を目指しています。不動産(商業施設、住宅、オフィス)・スーパーマーケット・ホテルの各事業を通じて、相鉄線沿線に住む方の“くらし”を、『より快適に』・『より豊かに』・『より健康に』する、新しい提案をお待ちしています。2022年度(予定)に新横浜や渋谷に直結する「相鉄線」で実現する“くらしの新しい価値”を、東京に、そして日本全国に、一緒に発信しましょう。

②   移動に今までにない価値を
私たちの生活に欠かせない、人やモノの“移動”において、『お客さまにやさしい』、『働く人にやさしい』、そして『地球にやさしい』、今までにない価値を提供したい。“移動”を『より安全に』、『より快適に』・・・運輸業における永遠のテーマに、新しい価値を創造するアイデアを是非ご提案ください。

③   みんなが笑顔になる未来を
みんなが笑顔になる“サステナブルな社会“をどうつくるか? 社会全体が今、これまでにない転換点を迎えています。『こんな未来をつくりたい、みてみたい』、『世の中を変えてみたい』。この夢の実現に向けて、“社会課題の解決”をするための持続可能な仕組みづくりに挑戦するため、熱い思いと情熱が詰まった提案やアイデアをお待ちしています。その先には、事業領域の拡張や新規領域への参入など、未来に向かって共に成長するストーリーを共有できるパートナーとの出会いを期待しています。

※プログラムの詳細・経営資源については、専用ページでご確認ください。

6.    参加事業会社
相模鉄道、相鉄バス、相鉄ローゼン、相鉄不動産、相鉄アーバンクリエイツ、相鉄ビルマネジメント、相鉄ホテルマネジメント、相鉄企業、相鉄ビジネスサービスの合計9 社

7.    活用できる経営資源
①   「年間輸送人員2億5千万人以上」の運輸業の交通ネットワーク
②   横浜駅西口を中心とする大規模商業施設や首都圏での住宅開発
③   年間5,500万人が来店するスーパーマーケット(54店舗)のネットワーク
④   国内外に展開する客室約13,000室、年間宿泊者約420万人のホテル事業
⑤   相鉄グループの各事業会社が持つビジネスリソースや社内外のネットワーク
※提案によっては、一部施設・設備・データをご利用いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

8.    運営体制
主催:相鉄ホールディングス㈱、Creww㈱
後援:横浜市経済局、㈱三井住友銀行

相鉄ホールディングス株式会社

所在地:横浜市西区北幸2-9-14
代表者:代表取締役社長 滝澤 秀之
創業:1917年12月18日
資本金:388億303万4,708円
主な事業内容:グループ経営事業
URL:https://www.sotetsu.co.jp/

相鉄グループは、鉄道・バスの運輸業を中核に、スーパーマーケットを含む流通業、住宅の分譲・賃貸や商業・オフィスの事業を主とする不動産業、国内外に60店舗を出店するホテル業ならびに建物管理業などの関連分野に事業展開する33社(営業休止中の会社を除く)から構成される企業グループです。生活に密着したサービス・お客さまのニーズを捉えた裾野の広いサービスを提供し、地域社会の発展に貢献しています。

Creww株式会社

所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目19−9 4階
代表者:代表取締役 伊地知 天(いじち そらと)
創業:2012年8月13日
資本金:8億2,955万円(資本準備金含む)
主な事業内容:国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームの運営。スタートアップコミュニティの運営。
URL:https://creww.in/

Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれのニーズにマッチした様々なサービスを提供します。
2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを260社以上と実施しこれまで約700件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約5700のスタートアップが登録しています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceCreww
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント