12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

デジタル身分証とeKYC提供のTRUSTDOCK、経済産業省の支援プログラム「J-Startup」企業に選定

TRUSTDOCKは、公的個人認証をはじめ、犯罪収益移転防止法のeKYCが可能なデジタル身分証アプリと、あらゆる業法に対応するKYCのAPI基盤サービスを提供する、日本で唯一のKYCの専門業者である。eKYC/KYC導入数No.1(※1)のリーディングカンパニーとして、日本初の生活者向けの大規模eKYC利用調査(※2)や、外部の有識者による「デジタル社会の本人確認に関するアドバイザリーボード(※3)」の設置など、生活者視点でのデジタルアイデンティティ&eKYCの社会インフラ整備に尽力してきた。この度、TRUSTDOCKは経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」企業に選定された。

普及が進むeKYCと、いよいよはじまるデジタル身分証の世界

現在、COVID-19により、世界中で非対面・オンラインの手続きや取引が増加しており、企業のeKYC/AML等の顧客管理(カスタマー・デュー・ディリジェンス:CDD)の整備は、全世界で深刻な経営課題となっている。
また、世界では難民をはじめ、身分証を持っていないために身元証明ができず、住居や銀行口座等の生活インフラにアクセスできない人々が大勢いるほか、ワクチン接種証明をはじめ、身元証明や資格証明をデジタルで行わなければならないシーンも増加しており、デジタル身分証の環境整備も進みつつある。

このニューノーマルな国際社会において、個人情報の主権者たる個人のデータプライバシーへ配慮した取組みを推進しながら、安心な・安全なデジタル社会を支える基盤として、今後、TRUSTDOCKは、様々なIDプロバイダーと、相互運用可能なAPIエコノミー構築を加速していく。

官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」について

「J-Startup」は、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために、2018年6月に立ち上げられ、実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、約1.5万社の中から、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムである。
経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局となり、プログラムの運営を行っている。

経済産業省のニュースリリース:
『官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」新たな選定企業を発表』

https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211020004/20211020004.html

「J-Startup」公式WEBサイト
https://www.j-startup.go.jp/

KYC as a Service「TRUSTDOCK」について

KYC as a Service「TRUSTDOCK」が提供している、あらゆるeKYC手法に対応したデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスでは、犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、古物営業法、労働者派遣法、出会い系サイト規制法、民泊新法など、各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現する。

これにより、サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や、オペレータの採用・教育、24時間体制でのシフト管理を行うことなく、低コストで本人確認を行うことが可能である。
また、オンラインで会員登録を行うあらゆるIDサービスやプラットフォーム、または既存で顧客DBがある事業者なら、業態や規模の大小を問わず利用可能である。事業者のサービスIDを持つ個人の「本人性の証明」を、システムにAPIを組み込むだけで、フルデジタル且つ法律に準拠した形で提供する。

独立した様々なAPI群を用意しているため、新規アカウント開設時だけでなく、不正検知時の取引時確認、定期的な顧客確認、休眠口座からのアクティベートなど、事業者様の業務フローに合わせて、必要なタイミングで必要なAPIを実行することができる。
日本をはじめアジアを中心に、広くデジタルアイデンティティ&eKYC基盤の構築を行い、社会に貢献する。

公式WEBサイトでは、経営者やコンプライアンス・オフィサー向けに、様々な業界でDXを推進する時に、その手続きや取引の本人確認(身元確認+当人認証)をどう行うべきか、そのKYCノウハウや無料のハンドブック等、最新情報を幅広く発信している。
https://biz.trustdock.io/column

社名株式会社TRUSTDOCK
設立2018年04月
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
代表者千葉 孝浩
事業概要デジタルアイデンティティ(KYC/本人確認)事業
URLhttps://biz.trustdock.io/

e-KYC/本人確認APIサービス −  KYC as a Service「TRUSTDOCK」
https://biz.trustdock.io/

※1:2021年6月 東京商工リサーチ調べ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000132.000033766.html

※2:MMDLabo株式会社との共同調査「オンライン本人確認(eKYC)に関する利用動向調査」
第一弾:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1986.html
第二弾:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1992.html

※3:デジタル社会の本人確認・認証・デジタルIDに関して、有識者によるアドバイザリーボードを設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000033766.html


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceTRUSTDOCK
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント