12.8 C
Japan
土曜日, 1月 22, 2022

デジタル身分証とeKYC提供のTRUSTDOCK、経済産業省の支援プログラム「J-Startup」企業に選定

TRUSTDOCKは、公的個人認証をはじめ、犯罪収益移転防止法のeKYCが可能なデジタル身分証アプリと、あらゆる業法に対応するKYCのAPI基盤サービスを提供する、日本で唯一のKYCの専門業者である。eKYC/KYC導入数No.1(※1)のリーディングカンパニーとして、日本初の生活者向けの大規模eKYC利用調査(※2)や、外部の有識者による「デジタル社会の本人確認に関するアドバイザリーボード(※3)」の設置など、生活者視点でのデジタルアイデンティティ&eKYCの社会インフラ整備に尽力してきた。この度、TRUSTDOCKは経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」企業に選定された。

普及が進むeKYCと、いよいよはじまるデジタル身分証の世界

現在、COVID-19により、世界中で非対面・オンラインの手続きや取引が増加しており、企業のeKYC/AML等の顧客管理(カスタマー・デュー・ディリジェンス:CDD)の整備は、全世界で深刻な経営課題となっている。
また、世界では難民をはじめ、身分証を持っていないために身元証明ができず、住居や銀行口座等の生活インフラにアクセスできない人々が大勢いるほか、ワクチン接種証明をはじめ、身元証明や資格証明をデジタルで行わなければならないシーンも増加しており、デジタル身分証の環境整備も進みつつある。

このニューノーマルな国際社会において、個人情報の主権者たる個人のデータプライバシーへ配慮した取組みを推進しながら、安心な・安全なデジタル社会を支える基盤として、今後、TRUSTDOCKは、様々なIDプロバイダーと、相互運用可能なAPIエコノミー構築を加速していく。

官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」について

「J-Startup」は、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために、2018年6月に立ち上げられ、実績あるベンチャーキャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、約1.5万社の中から、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムである。
経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局となり、プログラムの運営を行っている。

経済産業省のニュースリリース:
『官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」新たな選定企業を発表』

https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211020004/20211020004.html

「J-Startup」公式WEBサイト
https://www.j-startup.go.jp/

KYC as a Service「TRUSTDOCK」について

KYC as a Service「TRUSTDOCK」が提供している、あらゆるeKYC手法に対応したデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスでは、犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、古物営業法、労働者派遣法、出会い系サイト規制法、民泊新法など、各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現する。

これにより、サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や、オペレータの採用・教育、24時間体制でのシフト管理を行うことなく、低コストで本人確認を行うことが可能である。
また、オンラインで会員登録を行うあらゆるIDサービスやプラットフォーム、または既存で顧客DBがある事業者なら、業態や規模の大小を問わず利用可能である。事業者のサービスIDを持つ個人の「本人性の証明」を、システムにAPIを組み込むだけで、フルデジタル且つ法律に準拠した形で提供する。

独立した様々なAPI群を用意しているため、新規アカウント開設時だけでなく、不正検知時の取引時確認、定期的な顧客確認、休眠口座からのアクティベートなど、事業者様の業務フローに合わせて、必要なタイミングで必要なAPIを実行することができる。
日本をはじめアジアを中心に、広くデジタルアイデンティティ&eKYC基盤の構築を行い、社会に貢献する。

公式WEBサイトでは、経営者やコンプライアンス・オフィサー向けに、様々な業界でDXを推進する時に、その手続きや取引の本人確認(身元確認+当人認証)をどう行うべきか、そのKYCノウハウや無料のハンドブック等、最新情報を幅広く発信している。
https://biz.trustdock.io/column

社名株式会社TRUSTDOCK
設立2018年04月
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
代表者千葉 孝浩
事業概要デジタルアイデンティティ(KYC/本人確認)事業
URLhttps://biz.trustdock.io/

e-KYC/本人確認APIサービス −  KYC as a Service「TRUSTDOCK」
https://biz.trustdock.io/

※1:2021年6月 東京商工リサーチ調べ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000132.000033766.html

※2:MMDLabo株式会社との共同調査「オンライン本人確認(eKYC)に関する利用動向調査」
第一弾:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1986.html
第二弾:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1992.html

※3:デジタル社会の本人確認・認証・デジタルIDに関して、有識者によるアドバイザリーボードを設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000033766.html


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceTRUSTDOCK
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント