12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1の日本金銭機械がアクセラレータープログラムを開催

カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1の「日本金銭機械株式会社」が、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、アクセラレータープログラムを開催。「共創による融合で、新たな社会課題解決を目指す!」をテーマに、全国のスタートアップから協業ビジネスアイデアを募集しています。

共創による融合で、新たな社会課題解決を目指す!

日本金銭機械は金銭に関わる事業を通じて、日本のみならず世界の貨幣の法的秩序を保つことで、人々の貨幣に対する信頼の維持、社会の治安維持に貢献することを目指してきました。

昨今の新決済システムの普及を背景として、貨幣処理に求められるニーズや市場構造が多様化するなか、当社のユニークなノウハウ/技術等を更に飛躍させ、既存のビジネス領域に囚われずに、共に社会課題の解決を検討/実現していただけるような協業先を探しています。

このプログラムで実現したいこと

1.「製商品 × システム/アプリ」による新たなサービスの創出

JCMの製商品群とスタートアップ企業様のアイデア・サービス・システム/アプリを組み合わせることで、新しいサービスを生み出したいと考えています。

・自動精算機とシステムサービスとの融合(予約や受付システム等)
・JCM製商品群から入手したデータを活用したシステムサービス
・医療、介護施設や自立可能高齢者を対象とした現金に関わるシステム
・Fintech

2.JCMの貨幣処理技術・ノウハウを活かした新たな製品・サービスの創出

JCMのコア技術/ノウハウにフォーカスをあてて、スタートアップ企業様のアイデア・サービス・システム/アプリを組み合わせることで、新しいサービスを生み出したいと考えています。

・貨幣鑑別・識別アルゴリズム : セキュリティを有する紙媒体などの識別
・センシング技術 : IoTシステムに要するセンサー
・メカトロニクス技術 : モノの搬送、集積、再搬送
・モノづくり:小型、中型のハード開発、製造、組立て
・ゲーミングライセンス:カジノ市場への販売/情報チャネルの活用
・JCMの得意とする市場への参入、情報配信などに関するプラットフォーム事業

3.既存製品/サービスの延長線上にない新たなサービスの検討・創出

経営理念「成果は顧客のために」のもと、JCMのこれまで蓄積/発展させてきたリソースを活用することで、新たな社会課題を解決するソリューションを作り上げたいと考えています。
対象とするビジネス領域は、JCM既存ビジネス領域はもちろん、スタートアップ様が得意とするビジネス領域など問いません。

活用できるリソース

1.貨幣処理事業で培った技術・ノウハウ

世界140を超える国や地域の貨幣に対応しているJCM製品は、当社独自の技術・ノウハウに支えられ、人々の貨幣に対する信頼の維持と、社会秩序の安定に貢献しております。各分野(研究開発・生産・品質・営業・管理等)のスペシャリストによる人的サポートの提供が可能です。
(詳細)
・貨幣鑑別・識別アルゴリズム、センシング技術、メカトロニクス技術など
・現金管理/運用管理システムノウハウ
・参入障壁の高いカジノ市場ノウハウ(カジノ市場で商売するためのゲーミングライセンス)
・グローバルサプライチェーンならびにモノづくりノウハウ

▶︎詳しくはこちら

2.国内・海外生産拠点、生産設備および外注委託先パートナー

開発から組立てまで自社一貫体制を整備し、生産については、日本国内は長浜工場(滋賀県)、海外は中国・フィリピンを中心とする体制を構築しており、ODM・OEMなどを検討することが可能です。
また、実証実験先として、JCMグループ各拠点や外注委託先パートナーなどでの実施場所を提供することが可能です。

▶︎詳しくはこちら

3.グローバル販売体制および顧客チャネル

世界各国を事業活動対象として展開しているJCM顧客や販売、カスタマーサポート・ネットワークの活用を検討することが可能です。

(主要な顧客チャネル)
・精算機、ATMメーカー:交通市場、流通市場、セルフガソリンスタンド市場、金融市場
・カジノスロットメーカー:海外カジノ市場
・カジノホテル:海外カジノ市場(ゲーミングライセンス活用市場)
・パチンコ・パチスロホール:国内遊技場向機器市場

4.資本提携

本プログラムにおいて、長期的な協業の形の一つとして資本提携も視野に入れています。

5.当社が保有する製商品群

グローバルに対応するJCM製商品の提供が可能です。
・貨幣処理機器:ATM、券売機、精算機、自動販売機などに搭載される紙幣・硬貨識別機ユニットのほか、自動精算機・券売機などの完成品
・遊技場向機器:パチンコ/パチスロ市場において、店舗運営をサポートするメダル回収・洗浄・補給を行うシステム機器、景品管理するPOSシステム製品等

▶︎詳しくはこちら

JCMアクセラレーター2021概要

▶︎募集期限:2021年4月30日
▶︎エントリー方法:リンクURL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:日本金銭機械株式会社

※エントリー締め切り:2021年4月23日(金)23:00

プログラムへの意気込み

わたしたちは、2020年10月に役員直轄の組織として、開発・生産技術・品質・購買・営業・管理などの部門から招集されたメンバで構成されています。わたしたちは「今までやってきていないこと」を理由として、その道を狭めることは決してしません。これまで実現してきたテーマでは、同時に会社の進むべき道もみずから開拓してきました。

スタートアップの皆様との共創により、この活動を加速化したい次第です。皆さまからの多数のご提案をお待ちしております。

開催会社概要 

日本金銭機械株式会社
カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1。日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)は、世界に認められた鑑識別技術を応用し、世界中の様々な市場(カジノ、ATM、券売機、精算機、自動販売機、各種キオスク端末機など)をターゲットに貨幣処理機器、金融関係機器、パチンコ/パチスロ市場向け機器およびソリューションの開発・製造・販売を行っております。
▶︎オフィシャルウェブサイトはこちら

エントリーの流れ

エントリー条件

分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント