12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1の日本金銭機械がアクセラレータープログラムを開催

カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1の「日本金銭機械株式会社」が、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、アクセラレータープログラムを開催。「共創による融合で、新たな社会課題解決を目指す!」をテーマに、全国のスタートアップから協業ビジネスアイデアを募集しています。

共創による融合で、新たな社会課題解決を目指す!

日本金銭機械は金銭に関わる事業を通じて、日本のみならず世界の貨幣の法的秩序を保つことで、人々の貨幣に対する信頼の維持、社会の治安維持に貢献することを目指してきました。

昨今の新決済システムの普及を背景として、貨幣処理に求められるニーズや市場構造が多様化するなか、当社のユニークなノウハウ/技術等を更に飛躍させ、既存のビジネス領域に囚われずに、共に社会課題の解決を検討/実現していただけるような協業先を探しています。

このプログラムで実現したいこと

1.「製商品 × システム/アプリ」による新たなサービスの創出

JCMの製商品群とスタートアップ企業様のアイデア・サービス・システム/アプリを組み合わせることで、新しいサービスを生み出したいと考えています。

・自動精算機とシステムサービスとの融合(予約や受付システム等)
・JCM製商品群から入手したデータを活用したシステムサービス
・医療、介護施設や自立可能高齢者を対象とした現金に関わるシステム
・Fintech

2.JCMの貨幣処理技術・ノウハウを活かした新たな製品・サービスの創出

JCMのコア技術/ノウハウにフォーカスをあてて、スタートアップ企業様のアイデア・サービス・システム/アプリを組み合わせることで、新しいサービスを生み出したいと考えています。

・貨幣鑑別・識別アルゴリズム : セキュリティを有する紙媒体などの識別
・センシング技術 : IoTシステムに要するセンサー
・メカトロニクス技術 : モノの搬送、集積、再搬送
・モノづくり:小型、中型のハード開発、製造、組立て
・ゲーミングライセンス:カジノ市場への販売/情報チャネルの活用
・JCMの得意とする市場への参入、情報配信などに関するプラットフォーム事業

3.既存製品/サービスの延長線上にない新たなサービスの検討・創出

経営理念「成果は顧客のために」のもと、JCMのこれまで蓄積/発展させてきたリソースを活用することで、新たな社会課題を解決するソリューションを作り上げたいと考えています。
対象とするビジネス領域は、JCM既存ビジネス領域はもちろん、スタートアップ様が得意とするビジネス領域など問いません。

活用できるリソース

1.貨幣処理事業で培った技術・ノウハウ

世界140を超える国や地域の貨幣に対応しているJCM製品は、当社独自の技術・ノウハウに支えられ、人々の貨幣に対する信頼の維持と、社会秩序の安定に貢献しております。各分野(研究開発・生産・品質・営業・管理等)のスペシャリストによる人的サポートの提供が可能です。
(詳細)
・貨幣鑑別・識別アルゴリズム、センシング技術、メカトロニクス技術など
・現金管理/運用管理システムノウハウ
・参入障壁の高いカジノ市場ノウハウ(カジノ市場で商売するためのゲーミングライセンス)
・グローバルサプライチェーンならびにモノづくりノウハウ

▶︎詳しくはこちら

2.国内・海外生産拠点、生産設備および外注委託先パートナー

開発から組立てまで自社一貫体制を整備し、生産については、日本国内は長浜工場(滋賀県)、海外は中国・フィリピンを中心とする体制を構築しており、ODM・OEMなどを検討することが可能です。
また、実証実験先として、JCMグループ各拠点や外注委託先パートナーなどでの実施場所を提供することが可能です。

▶︎詳しくはこちら

3.グローバル販売体制および顧客チャネル

世界各国を事業活動対象として展開しているJCM顧客や販売、カスタマーサポート・ネットワークの活用を検討することが可能です。

(主要な顧客チャネル)
・精算機、ATMメーカー:交通市場、流通市場、セルフガソリンスタンド市場、金融市場
・カジノスロットメーカー:海外カジノ市場
・カジノホテル:海外カジノ市場(ゲーミングライセンス活用市場)
・パチンコ・パチスロホール:国内遊技場向機器市場

4.資本提携

本プログラムにおいて、長期的な協業の形の一つとして資本提携も視野に入れています。

5.当社が保有する製商品群

グローバルに対応するJCM製商品の提供が可能です。
・貨幣処理機器:ATM、券売機、精算機、自動販売機などに搭載される紙幣・硬貨識別機ユニットのほか、自動精算機・券売機などの完成品
・遊技場向機器:パチンコ/パチスロ市場において、店舗運営をサポートするメダル回収・洗浄・補給を行うシステム機器、景品管理するPOSシステム製品等

▶︎詳しくはこちら

JCMアクセラレーター2021概要

▶︎募集期限:2021年4月30日
▶︎エントリー方法:リンクURL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:日本金銭機械株式会社

※エントリー締め切り:2021年4月23日(金)23:00

プログラムへの意気込み

わたしたちは、2020年10月に役員直轄の組織として、開発・生産技術・品質・購買・営業・管理などの部門から招集されたメンバで構成されています。わたしたちは「今までやってきていないこと」を理由として、その道を狭めることは決してしません。これまで実現してきたテーマでは、同時に会社の進むべき道もみずから開拓してきました。

スタートアップの皆様との共創により、この活動を加速化したい次第です。皆さまからの多数のご提案をお待ちしております。

開催会社概要 

日本金銭機械株式会社
カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo.1。日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)は、世界に認められた鑑識別技術を応用し、世界中の様々な市場(カジノ、ATM、券売機、精算機、自動販売機、各種キオスク端末機など)をターゲットに貨幣処理機器、金融関係機器、パチンコ/パチスロ市場向け機器およびソリューションの開発・製造・販売を行っております。
▶︎オフィシャルウェブサイトはこちら

エントリーの流れ

エントリー条件

分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント