12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

日本一コスメビジネスがしやすいマチから世界へ<佐賀県×JCC×Creww>

Creww株式会社(クルー)は、佐賀県と一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(以下「JCC」)と共に、オープンイノベーション※1による新規事業の創出を目的とした『SAGAN BEAUTY&HEALTHCARE OPEN ACCELERATOR 2020』を2020年8月31日から開始します。協業ビジネスのご提案の応募締め切りは9月11日(金)となります。

佐賀県内に拠点を置く4社と共に革新的ビジネスを共創可能なスタートアップ企業を大募集

佐賀県は地方創生の取組として、唐津市・玄海町を中心とした北部九州に美と健康に関するコスメティック産業を集積するべく産・学・官が連携してJCCを設立し、2013年から「コスメティック構想」を推進しています。

本プログラムは構想の一環として、佐賀県に拠点を置く企業4社<株式会社クレコス、株式会社サガテレビ、三栄興産株式会社、株式会社ブルーム(以下「佐賀企業4社」)>と共に実施します。

佐賀企業4社の経営資源や佐賀の地域資源、これまでJCCが培ってきた美容・健康分野に特化した企業支援の知見や国内外のネットワークとスタートアップ企業(※2)の斬新なアイデア・技術・ノウハウと掛け合わせ、佐賀から世界を変えるビューティ&ヘルスケア事業の創出を目的としています。これにより、佐賀県内での新たな雇用創出や経済成長を目指します。

本プログラムの開始に合わせてCrewwのホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始します。佐賀企業4社とスタートアップ企業はシナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。

※1 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※2 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『SAGAN BEAUTY & HEALTHCARE OPEN ACCELERATOR 2020』概要

1.エントリー方法
下記URL(Crewwホームページ内の専用WEBサイト)より、協業案を2,500字以内でご提案ください。https://creww.me/ja/collaboration/saga_jcc-2020-8(※2020年8月31日募集開始)

2.参加企業4社(50音順)

株式会社クレコス
国産オーガニック化粧品メーカーの先駆けとして、創業当初より国産の植物原料にこだわり、日本人の肌に合った安心の化粧品づくりを続けています。また、オーガニックコスメを作る過程で見える国内の社会課題にも目を向け、日本の農業再生、森林保全、福祉雇用を中心に、商品を通じて国内の地域や社会の発展を目指すサスティナブルな取り組みにも力を入れています。人を美しくする化粧品を通して、クレコスはこれからも、人や自然、社会とのつながりを大切に、「人も社会も美しくする化粧品」づくりを目指し歩み続けます。

国産オーガニック化粧品メーカーの先駆け「クレコス」がスタートアップと狙いたい領域

  • 地産素材を使って美と健康の新たなマーケットを創造したい!
  • 地方創生×美で佐賀の魅力を世界中に発信したい!
  • 地産素材× SDGsで社会課題を解決したい!
株式会社サガテレビ
サガテレビは、昭和44年4月(1969年)に開局した佐賀県で唯一の民間テレビ放送局です。開局以来、地元の報道機関としての役割はもとより、佐賀県民が知りたい話題、地元の祭りやスポーツ番組の制作にも積極的に取り組んでいます。

サガテレビがスタートアップと狙いたい領域

  • 佐賀の良質な農産物で健康で美しく!
  • ヘルスケアの新たなカタチを創りたい!地産素材× SDGsで社会課題を解決したい!
  • もっと佐賀を楽しくしたい!
三栄興産株式会社
昭和40年より麦茶の焙煎工場として発足しました。佐賀県は国内で主要な大麦の産地です。そんな地域の「宝」を用いた「美味しい麦茶」を造り続けています。麦茶の他にも、緑茶と相性の良い玄米茶の素、自然の野草を火入れ加工して仕上げる健康茶、仕入れ担当者が現地で吟味した中国茶等、取扱品目を展開しています。

地域の宝を用いた美味しい麦茶を造り続ける「三栄興産」がスタートアップと狙いたい領域

  • カラダの中から美と健康をサポート!
  • 農業の新たなカタチで健康を届けたい!
株式会社ブルーム
薬機法に沿った安全な化粧品を消費者に届けたい。この想いのもとブルームと試験検査機関<BLS>は化粧品輸入代行・品質管理GQP/GVPサービス・成分分析を通じて安心してお使いになれる化粧品を提供しています。顧客の大半は東京、神奈川/横浜、千葉、埼玉、大阪にいらっしゃいます。地方の企業ならではのサービスメリットを提供しています。

薬機法に沿った安全な化粧品を消費者に届ける「ブルーム」がスタートアップと狙いたい領域

  • 化粧品輸出代行の拡大に向けたデジタル技術を活用した新サービス開発
  • 自社リソースの活用による新規事業開発

※スタートアップ企業は各参加企業に対して複数でのエントリーが可能です。プログラムの詳細・各社の活用できる経営資源については、エントリーページよりご確認ください。

3.主催:佐賀県、一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(JCC)

4.募集期間:2020年8月31日(月)~2020年9月11日(金)

5.対象:企業国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。

6.目的:佐賀県内企業とスタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新たな事業創出を目的として実施。

一般社団法人ジャパン・コスメティックセンターの概要

所在地佐賀県唐津市南城内1-1 大手口センタービル4階代表者代表理事会長 アルバン・ロバート・ミュラー設立2013年11月11日(※2015年4月1日に一般社団法人へ移行)URLhttp://jcc-k.com一般社団法人ジャパン・コスメティックセンターは、コスメティック分野のビジネス環境を産学官の連携により整備し、多様な人材の交流と技術の集積による地域資源を活かした経済活動の活性化と、グローバル市場への展開を 図る推進 体制 を構 築することにより、唐津市、玄海町を中心とした佐賀県、ひいては北部九州におけるコスメティック産業の集積と雇用の創出に寄与 することを目的とした団体です。

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金4億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、
国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず 、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれ のニーズにマッチした様々なサービスを提供します。

■オープンイノベーション プラットフォーム 「creww accele(クルーアクセラ)
■オープンイノベーションクラウド 「Steams(スチームス)」
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。