12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

起業家/経営者へ、“メンタルヘルスケア”のクラウドサービス「ELPIS-ケアーズLite forアントレ」無償提供開始

企業の“メンタルヘルス課題”をクラウドサービスで解決するメンタルヘルステクノロジーズは、不安をなかなか人に話すことができない立場にいる“起業家/経営者”に向けて、誰にも知られずに精神科医などの現役専門医に直接メールで健康相談ができるITを活用したメンタルヘルスケアサービス「ELPIS-ケアーズLite forアントレ」を、2020年9月3日(木)より無償で提供開始する。またこの度、起業家/経営者のメンタルケアの重要性を浸透させていくべく、スタートアップを支援するサムライインキュベートとCrewwの2社と連携を図り、2020年9月3日(木)19:00~よりWebセミナーを開催する。

従来の「ELPIS-ケアーズLite」は、健康に不安を感じながらも、産業医面談予約などで会社に知られることを恐れて、誰にも相談できない従業員に向けて企業が導入するクラウドサービスである。“予約不要・匿名性の担保・様々な専門医が幅広い悩みに対応・24時間以内の返信※”という特長から多くの企業に導入・利用されてきた。(​※但し、土日祝日を除く)

しかし、当然ながらメンタルヘルスの不調をきたすのは従業員だけではない。これまでも “責任の重さと不確実性の高さ”や、“裏切りからの孤独・他者への不信”など、取り巻く環境は厳しいと言われてきた起業家や経営者ですが、新型コロナウイルスの影響により、業種業態に関わらず新たな悩みに直面しており、このような状況が続くと心身の健康を害するリスクが非常に高いと考えられ、“起業家/経営者”を対象にした新サービスが無償で開始される。

今回の新サービスとウェビナーにより、起業家や経営者の“メンタルヘルス”を守ることで、新型コロナウイルスによる影響下においても打ち勝とうと頑張る企業のサポートを目指す。今後も、さらなるテクノロジーを駆使した独自サービスによって、健康経営の基盤づくりをサポートし、「ELPISシリーズ」の延べ利用企業を現在の約700社から1000社にし、延べ利用者数20万人を目指していくとした。

新サービス概要

サービス名 :ELPIS-ケアーズLite forアントレ
利用対象  :起業家や経営者の方
費用    :完全無料
サービス内容:「体の悩み」「心の悩み」「仕事の悩み」「家族の悩み」など仕事・プライベートに関わらずのどんな悩みでも、誰にも知られずに精神科医・小児科医・産業医本職にメールで相談ができるサービスである。24時間以内に専門医から返信が送られる。※但し、土日祝日を除く
必要環境  :メールをすることができるインターネット環境
URL    :https://cares-lite.elpis.life/entrepreneurs/

新サービスへのエンドースメント

〇株式会社サムライインキュベート 代表取締役 榊原 健太郎氏

よく「経営者は孤独」と言われますが、我々も日々スタートアップ支援をしている中で、初期フェーズの起業家にはその感覚がより強く起こりやすいと痛感しています。これまで心の悩みへのソリューションは産業医がメインでしたが、今回のサービス無償提供により、多くの起業家がより早く簡単に心のケアができ、企業成長に寄与することを期待しています。

WEBセミナー開催 

概要テーマ:
起業家のメンタルを守れ!スタートアップのプロとメンタルヘルスのプロが語る、
”起業家が気を付けるべき心のケア”とは

主催 :株式会社メンタルヘルステクノロジーズ

日時 :2020年9月3日(木)19:00~ (開場18:50) *途中入退場可

会場 :オンライン (使用ツール Zoom)

費用 :無償

定員 :100名

対象 :起業家、中小企業経営者、経営幹部、フリーランス等

申込方法:https://mental-health-forentre.peatix.com/

プログラム:
 ・世の中全体の変化
 ・メンタルヘルスを崩す要因
 ・なぜ、起業家のメンタルが危ないのか
 ・ご自身を守るための対処方法・部下の変化に気づく

登壇者
長野 英章(ながの ひであき) 氏 株式会社サムライインキュベート Partner Investment Group

外資系の急成長ベンチャーでの勤務や外資系ベンチャーの日本拠点立ち上げに参画後、2011年にダイマーズラボ株式会社を創業。2015年、オプトホールディングとダイマーズラボ共同で、新規事業の量産に特化した新会社「オプトインキュベート」を設立し、代表取締役COO就任。2017年からサムライインキュベートへ参画。独自のフレームワークを開発し、大手企業のイノベーション伴走支援やVC事業の責任者として投資業務等に従事。現在ではイスラエル事業も統括する。

登壇者
小田 健博(おだ たけひろ) 氏 Creww株式会社 Startup Team Director

早稲田大学大に文学部卒。Web制作会社、映画会社、広告代理店の営業・プロデューサーとして日本や上海で大手メーカー、化粧品会社などのコンテンツ企画制作や広告プロモーションを担当。2016年、crewwに参加後はアクセラレータープログラムのディレクターとしてスタートアップと大手企業の新規事業創出やマッチング機会の創出に従事、またコワーキングスペース「dock-Kamiyacho」の事業責任者として様々な面からスタートアップ支援を行う。

登壇者
刀禰 真之介(とね しんのすけ) 氏 株式会社メンタルヘルステクノロジーズ 代表取締役

神奈川県生まれ、明治大学政治経済学部卒。デロイトトーマツコンサルティングに入社。三菱UFJモルガン・スタンレー証券、環境エネルギー投資を経て、2011年3月に株式会社メンタルヘルステクノロジーズ(旧 株式会社Miew)設立。同年6月産業医関連事業を行う100%子会社の株式会社Avenir設立。現在両社の代表を務める。著書に『部下の心が折れる前に読む本 「社員がやめない会社」をつくる5つのステップ』(幻冬舎)。

株式会社メンタルヘルステクノロジーズ 会社概要

厚生労働省が唱える4つのメンタルヘルスケアをもとに、企業の健康経営を促進するためのクラウドサービス「ELPISシリーズ」などを提供している。

社名株式会社メンタルヘルステクノロジーズ
設立2011年3月8日
所在地東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル4階
代表者代表取締役 刀禰真之介
事業概要メンタルヘルスソリュー_ションサービス、ITソリューションサービス
URLhttps://mh-tec.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。