12.8 C
Japan
月曜日, 1月 18, 2021

オープンイノベーションクラウド「Steams」 事業会社がスタートアップを常時募集する新機能追加|先着50社限定無料キャンペーン実施

Creww株式会社(代表取締役:伊地知 天)が提供する、小さくはじめるオープンイノベーションサービス 「Steams」は、「常時募集」機能を新しく追加したことを発表。「常時募集」機能を追加をしたことにより、事業会社が新規事業の創出だけでなく、既存事業の成長目的や関連事業の開発など、目的に合わせたオープンイノベーションの実施が可能になった。さらに、新機能の追加を記念して2020年3月16日から7月31日の期間中に、先着50社限定で「常時募集」機能の無料キャンペーンを実施する。

■「Steams(スチームス)」について

Creww(クルー)は日本でのオープンイノベーション黎明期からアクセラレータープログラムを手がけ、7年間で500件以上のプログラムを開催してきました。本サービスには、多数の成功実績に基づいたノウハウが組み込まれています。

これまで、自社でオープンイノベーションに取り組むには、「多額のコスト」で「大規模に」「全社で」行うというイメージが一般的でした。本サービスでは、低コスト・小規模で共創プログラム運営を行っていきながら、継続的にイノベーションを起こすことが可能です。「未経験」から「継続的」な活用まで、オープンイノベーションのステージに幅広く対応しています。

■「常時募集」機能について

本サービスに新しく「常時募集」機能を追加したことで、事業会社が、スタートアップ企業からの協業案を募集期間を設けずに公募することが可能になりました。

常時募集機能は、募集期間を設けずに協業案を募集し、提案内容をもとにサービス上で協業案のブラッシュ・評価・採択を一括管理できる機能です。案事業会社の規模に関係なく、「まずオープンイノベーションを試してみたい」事業会社が新規事業の創出だけでなく、既存事業の成長目的や関連事業の開発など、目的に合わせた活用が可能です。

■「Steams(スチームス)」で実現できること  

「Steams(スチームス)」で実現できること

本サービスは、事業会社のニーズによって「アクセラレータープログラム」か「常時募集」機能を活用することが可能です。

「アクセラレータープログラム」か「常時募集」機能を活用することが可能

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金4億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、
国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず 、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれ のニーズにマッチした様々なサービスを提供します。

■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 

【新規事業インタビューvol.4】YourApparel – 『あなたの洋服をみんなの洋服へ』アパレル業界への挑戦

「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムである。プログラム運営の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発を紹介するインタビュー第4弾ー。今回は「YourApparel」ファウンダーのショーワ大氏にお話を伺いました。

提供したいのは、働く時間=幸せな時間。野村不動産がつくる共創コミュニティとは

コロナ禍でリモートワークやデジタル化が加速し、オフィスや働き方、ビジネスモデルそのものを見直す動きが増えています。前提が覆されたこれからの社会でより求められるのは、人が人らしく働けることと、効率的に最大のパフォーマンスを発揮できること。そのため、オフィスの分散化やリモートワークとのハイブリッド型を模索する企業が増えています。こうした社会の大きな変化の中で、働き方や価値観の多様化に対応した“本当に働きやすい場”を提供しているのが野村不動産です。ビジョンに「HUMAN FIRST」を掲げ、さまざまな企業と協業しながら、働く時間=幸せな時間への変革を目指しています。具体的にはどのような取り組みをしているのか。都市開発事業本部の桑原利充氏を中心としたプロジェクトメンバーに話を聞きました。

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...
Facebook コメント