12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

Creww|オープンイノベーションプログラムを自社開催できる国内初のクラウドサービス「Steams」の提供開始

国内最大級のスタートアップコミュニティを運営するCreww株式会社は、自社で開催をサポートした約120社プロジェクト採択数511件以上のアクセラレータープログラムの実績を体系化した「オープンイノベーションプログラムを自社開催できる国内初のクラウドサービス、Steams(スチームス)[URL : https://steams.in/]」を10月21日から提供開始します。

Steams(スチームス)について

Steamsは、アクセラレータープログラム支援サービス「creww accele(クルーアクセラ)」の120社以上への提供を通じて蓄積した独自のノウハウをもとに、あらゆる企業で簡単にオープンイノベーションを開催できるクラウドサービスです。

資金、アイデアや人材等、様々な要因でオープンイノベーションに取り組めなかった企業に向けて、アクセラレータープログラムをはじめとした様々な新規事業創出の運用サポートをクラウド上で提供し、共創相手の募集から応募案の一括管理、評価、共創先とのコミュニケーションまで1つのツールで行えます。

詳細はこちら:https://steams.in/

これまで、オープンイノベーションは限られた企業しか実施できておらず、また実施できたとしても事業化につながる協業案に育たないことも少なくありません。費用、事業創造におけるノウハウや協業先の公募の問題など様々な要因がオープンイノベーションの阻害となってきました。
Steamsでは「オープンイノベーションが当たり前になる世界」を目指し事業の展開を進めていきます。今後はアクセラレータープログラムだけでなく、複数の手法をサポートできるよう機能追加を目指しています。
「オープンイノベーション」が特別なものではなく、事業創造にとって常識になるような世界をCreww株式会社として実現していきます。

サービス概要

新規事業の創出には科学されたプロセス・適切なPDCA ・アイデアとの出会いが必要です。新規事業創出に必要な全ての機能をオンライン上で提供します。

新規事業開発のプロセスとSteamsでのソリューション
・プロセス設計 :アクセラレータープログラム開催による新規事業開発をサポート
・新規事業の定義:管理画面に従って質問に答えるだけで「求めている新規事業」の形を定義
・事業案の企画  :事業アイデアの募集ページを簡単作成4200社のスタートアップ へもアプローチ可能
・評価・採択   :応募アイデアを一元管理画面に従ってアイデアを点数評価

Steamsの特徴

アクセラレータープログラムを開催するにあたり「ノウハウや運用をアウトソース」してきましたが、Steamsでは「自走を目指し、サポートを最小化」できることが大きな違いとなります。

企画や運用に対するノウハウはオンラインで提供し共創相手の募集もサポートします。開催や運用に必要な機能はすべてそろっており、今後の自走化を目指す1歩として利用いただけます。費用や期間、タスク管理などオープンイノベーションを実施するにあたって負担となっていたことがSteamsなら軽減できます。

Steamsの機能・サービス一覧

Steamsの今後

アクセラレータープログラムに止まらず、様々なオープンイノベーションのプログラム開催できるようになります。

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント