12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

ITの力で地域や企業の課題をまとめて解決!「J-POWERビジネスサービス 第1回 共創プログラム」

J-POWERグループの電力周辺業務を担ってきた株式会社J-POWERビジネスサービスが、「J-POWERビジネスサービス 第1回 共創プログラム」を開催。ITの力で地域や企業の課題を広くまとめて解決するためのアイデアと協業企業を募集しています。応募締切は2月7日(月)。

共創プログラムに取組む背景とは?

J-POWERビジネスサービスは、J-POWERグループの一員として、IT・エンジニアリング、発電事業の周辺サービス、グループにおける間接業務の支援、発電用燃料の輸入代行等、様々な業務を担ってきました。

今回の共創プログラムは、全世界的なDX推進の潮流をビジネスチャンスと捉え、同社がこれまで培ってきた幅広い技術や知見にスタートアップの知恵やアイデアを掛け合わせることで、社内や地域にある様々な課題を広く解決するような新しい事業を開発することでが狙いです。

「J-POWERビジネスサービス 第1回 共創プログラム」の概要

▶︎募集期限:2022年2月7日(月)20時まで。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:株式会社J-POWERビジネスサービス

共創プログラムで実現したいこと

地域の課題をまとめて解決し、もっと地域を元気にしたい

同社がこれまで担ってきた事業の外側にある地域の社会課題(お困りごと)に対し、シェアリング・IT技術・最新機器やサービスを組み合わせ、複数の課題を同時に解決し、地域を元気にするアイデアを募集します。

J-POWERグループの周辺業務をもっと便利にしたい

ITを活用した業務効率化や解析業務、給食・警備等の福利厚生業務等、同社が担っているJ-POWERグループの周辺業務を、もっと便利に、もっとスマートにしたいと考えています。スタートアップが保有する技術やサービスを、日本各地で試してみませんか?

誰でもイキイキ・ワクワク働ける会社にしたい

働くことで擦り減るのではなく、働くことでもっと元気になれる、そんな夢のような「働く環境」を作りたいと考えています。社員の幸福度向上のため、ワーケーションや遊び心溢れる労働環境の整備、ヘルスデータサイエンス、マインドケアプログラム等、手段・方法・種類は問いません。だれもがイキイキ・ワクワク働ける社会の実現に向け、いろいろなアイデアを試してみませんか?

スタートアップが活用できるJ-POWERビジネスサービスの経営資源(リソース)

・国内・海外で展開するJ-POWERグループの事業拠点
 ・主なグループ会社:8社
・国内の97ヶ所の発電設備(地点)
・海外33件の運転中プロジェクト,10地点の新規プロジェクト(計画中を含む)
※法規制に抵触する、または、発送電および関連事業、周辺地域等に支障のあるものは除きます

・これまでのIT事業において蓄積してきた技術、ノウハウ、データ
 ・電力需給解析、電力系統解析、電力取引、数理最適化、ビッグデータ活用
 ・地震応答解析、構造解析、河床変動解析、濁水解析、降雨流入予測
 ・基幹システム開発、ITインフラ計画

・発電周辺業務に従事する多様なヒューマンリソース
・建築工事関係(建築士,電気工事施工管理技士,造園施工管理技士等)
・労務関係(社会保険労務士,行政書士等)
・不動産関係(不動産鑑定士等)
・その他(気象予報士,管理栄養士,技術士,中小企業診断士等)

プログラムへの意気込み

わたしたちは、これまで、地域とのつながりを大切にし、J-POWERグループの発電事業を支援してきました。デジタル時代や、その後のアフターデジタル時代においても、地域とのつながりや働く人の幸せが最重要であることは変わりません。今回のプログラムにご参加いただき、ぜひ、ともに実現しましょう!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント