12.8 C
Japan
木曜日, 8月 13, 2020
ホーム Creww News

Creww News

【イベントレポート】スタートアップサイエンスから学ぶ、ピボットの法則〜

自社が有する経営資源や技術に頼るだけではなく、社外からの技術やアイディア、サービスを有効に活用し、革新的なマーケットを創造する「オープンイノベーション」。この市場を創ってきたパイオニアであるCrewwは、大企業が持つアセットとスタートアップの持つエッジの効いたアイディアを組み合わせることで新規事業を創出し、国内に大企業×スタートアップのイノベーションを生んできた。新たな取り組みとして注目されているのが、オープンイノベーションコミュニティ「docks」。大企業の持つアセットとスタートアップが持つ柔軟なアイディア、最新のテクノロジーが化学反応を起こす起点として立ち上がった、リアルコミュニティである。 ※この記事は、2018年8月1日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。 

松竹とラディウス・ファイブが挑むAIによるデジタル化革新

「松竹アクセラレーター2019」の選出スタートアップの1つである「ラディウス・ファイブ」と松竹によるオープンイノベーション事例。それは、ラディウス・ファイブの3名と松竹のイノベーション推進部、秘書室メンバーの総勢5名で編成されたプロジェクト「AIによるデジタルリマスターを実現し、デジタル化に革新を起こす!」である。

一緒にやろうぜ!スタートアップ!〜はじまりの仲間集め〜Vol.4

「本業を退職せず」事業を実現できる個人を主体としたインキュベーションプログラム、STARTUP STUDIO by Creww。4回にわたり採択されたチームのプロジェクト内容を紹介していく。第4回目のピッチでは、Gather、越境D2Cコミュニティ、アニメエール、Abroarch、Runwayの5チームから事業立ち上げへの熱い想いを持ったファウンダー達が集った。

一緒にやろうぜ!スタートアップ!〜はじまりの仲間集め〜Vol.3

「本業を退職せず」事業を実現できる個人を主体としたインキュベーションプログラム、STARTUP STUDIO by Creww。採択チームの第3回目のピッチでは、YourApparel、サニスクライフ、トレビューナビ、キシナ、Giver Giver、日本語版ApplyBoardの6チームから事業立ち上げへの熱い想いを持ったファウンダー達が集った。

【松竹×夏目綜合研究所】「瞳孔反応解析技術」とエンターテイメントの協業可能性

演劇や映像をはじめ、様々なエンターテインメントを製作・提供してきた松竹。その松竹が実施したアクセラレータープログラムにおける実証実験の第4弾。「瞳孔反応解析技術」を持つ夏目綜合研究所と、エンターテインメント企業である松竹との協業の可能性をさぐる実証実験の結果とは。

【松竹×DIVE JAPAN】松竹アクセラレータープログラムの実証実験結果が発表!

松竹が新たなる挑戦として2019年にアクセラレータープログラムをCrewwと合同で実施し、スタートアップ企業とのオープイノベーションによる、新規事業創出に挑んだ。そして開催から7ヶ月。84社のエントリースタートアップの中から選出された5社と共に、松竹は実証実験を経て、事業化に向けた最終審議のためのプレゼンを松竹本社で行った。

一緒にやろうぜ!スタートアップ!〜はじまりの仲間集め〜Vol.2

「本業を退職せず」事業を実現できる個人を主体としたインキュベーションプログラム、STARTUP STUDIO by Creww。採択チームのプロジェクト紹介の第2弾ピッチでは、RE:medy(リメディー)、Freeeat、CoFIND、barefoot、Career to、オヤコネクト、Study “X”の7チームから事業立ち上げへの熱い想いを持ったファウンダー達が集った。

一緒にやろうぜ!スタートアップ!〜はじまりの仲間集め〜Vol.1

「本業を退職せず」事業を実現できる個人を主体としたインキュベーションプログラム、STARTUP STUDIO by Creww。4回にわたり採択されたチームのプロジェクト内容を紹介していく。第1回目のピッチでは、Earmind、Boccars、アスリートコーチマッチングサービス、モノラボ、ハイキングフレンズ、SAKE FANの6チームから事業立ち上げへの熱い想いを持ったファウンダー達が集った。

オンラインだけでオープンイノベーションによる事業創出を実現する3つのポイント

コロナの影響によるワークスタイルの状況から、「オンラインで業務を完結させる」ことの大切さや必要性がとても強く感じられるようになってきました。それは事業開発やオープンイノベーションによる共創の領域でも同じです。オンラインのみでオープンイノベーションによる共創を実現させるためのポイントについて解説します。

【ノーリツ】スタートアップと共に、お風呂にこれまでにない新しい価値を!

湯まわり設備メーカーの株式会社ノーリツは、2020年5月12日(火)、Creww(クルー)株式会社のオープンイノベーションによる共創プログラムの開発支援クラウド「Steams(スチームス)」にて、お風呂や入浴に関する新規サービスを創出するためのプログラムを公開、開始しました。

オープンイノベーションで 「withコロナ」の課題解決を。|Steams

東京含め主要都府県で緊急事態宣言が出てから約3週間が経過した。Crewwにおいても、フルリモート勤務の中、サービス開発が進められている。「Withコロナ」や「Afterコロナ」という文脈の中でCrewwとして何ができるだろうか。

人材シェアリングプラットフォームでスタートアップの雇用維持をサポート

Creww株式会社は、コロナ状況下におけるスタートアップの雇用負担をサポートするため、人材シェアリングプラットフォーム「Fleet」の提供をスタート。今回のコロナでマイナス影響を受けるスタートアップ企業の社員を「期限付き留学」として、需要がさらに上がるスタートアップ企業へ移籍する仕組みである。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

人気のタグ

EDITOR'S PICK

愛知県の企業と全国のスタートアップが今年も集結!|Aichi Matching2020 プログラム説明会、8/26(水)オンライン開催

産業競争力を維持・強化していくために、絶え間ないイノベーション創出のエコシステム形成が喫緊の課題と考えてる愛知県では、スタートアップが重要な担い手となるとの認識の下、「Aichi-Startup戦略」(2019年12月改定)に基づく事業を推進しています。本取組の一環として、昨年度に引き続き、Creww(クルー)株式会社と連携し、愛知県内の企業とスタートアップとのビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2020」を実施するに先立ち、オンラインにてプログラム説明会を実施します。

埼玉県内のスポーツクラブと共に革新的ビジネスを共創可能なスタートアップ企業を大募集!

Crewwは、埼玉県と公益財団法人埼玉県産業振興公社ともに、スポーツビジネス領域で若手起業家、及びスタートアップの成長を支援するオープンイノベーションプログラム『埼玉 Sports Start-up(SSS)』を2020年8月17日より開始します!

「贈る」が楽しい「もらう」で人生豊かになる『第3のプレゼント』|夏休みキャンペーン実施中

インキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO BY Creww」の採択事業である、モノでも体験でもない、第3のプレゼント『ミッションプレゼント』を作る「Giver Giver」が夏休みキャンペーンを実施。本業を辞めずに新規事業創出に挑むメンバーたちが創り出したサービスを体験するチャンスです。

法人オンライン飲み会専用「オン飲みBOX」のサービスを開始|ノンピ、総額2.1億円の資金調達を実施

FoodTech(フードテック)スタートアップ企業のノンピがこの度、約2.1億円の第三者割当増資を実施した。今回の資金調達により更なる経営基盤の強化を図るとともに、法人のオンラインコミュニケーションを促進するための新サービス「オン飲みBOX」のサービスを開始する。