12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

新規事業の継続はノウハウの蓄積がポイント!4ステップで仕組み化しよう

新規事業の継続はノウハウを共有し、蓄積することがポイントです。ノウハウの蓄積は将来の会社の課題解決につながる可能性も。
当記事では新規事業を継続させるポイントとノウハウ蓄積を仕組化する4ステップについて解説します。技術低下や人手不足が問題となる現代においてノウハウの蓄積は重要な課題であるため、ぜひ参考にしてください。
目次
・企業における新規事業の必要性
・新規事業を継続的に創出する3つのポイント
・組織内にノウハウを蓄積するための4ステップ
・新規事業の継続にはノウハウの蓄積が重要

企業における新規事業の必要性

ユーザーの趣味趣向や好みは日々変化しています。現在ヒットしている商品が今後売れ続ける保証はありません。

企業が生き残るには時代の流れを先読みし、ユーザーが求めるものを常に把握しながら、環境に適応していく必要があります。既存事業をアップデートし、場合によっては新規事業を立ち上げることも必要です。

新規事業を継続的に創出する3つのポイント

新規事業を継続的に創出するためにはどのようなポイントを押さえる必要があるのでしょうか。ここでは3つのポイントについて紹介します。

1.新規事業への正しい評価と改善を繰り返す

新規事業を継続的に創出するには、正しい評価と改善の繰り返しが重要です。その方法としてはPDCAサイクルがあります。

PDCAとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のサイクルを繰り返すことで、これにより、効率的に業務を改善することができます。

2.時間という資本を大切にする

新規事業の継続には時間という資本を大切にする必要があります。つまりはスピード感を持って課題解決を図るということです。

スピード感の不足は信頼性の失墜や計画倒れが発生し、機会損失にも繋がりかねません。新規事業を継続できるだけのスピードを常に意識しながら取り組みましょう。

3.組織内でのノウハウの共有と蓄積

今まで培ったノウハウはそれ以降の課題解決に大きく役立ちます。業務に関わるあらゆるノウハウを共有し、蓄積することも新規事業の創出には欠かせません。

特に人手不足や技術継承が課題となる現代においては注目されており、ナレッジマネジネントと呼ばれる手法も浸透してきました。1度失ったノウハウを取り戻すことは容易ではありません。ノウハウを企業の財産とするためにも、ノウハウの共有と蓄積に力を入れていきましょう。

例えば、クラウド型オープンイノベーション支援サービスの「CrewwGrowth」やクラウド型イノベーションマネジメント・プラットフォームの「Throttle」などは、新規事業創出におけるマネージメント管理やノウハウの蓄積ができます。

組織内にノウハウを蓄積するための4ステップ

組織内でノウハウを蓄積するための4ステップを紹介します。技術継承や人手不足で悩んでいる企業や組織はぜひ参考にしてください。

1.目的や必要性を組織内に落とし込む

まずはなぜノウハウを蓄積する必要があるのかを目的や必要性を通じて組織内に落とし込むことが重要です。何か新しいことを始めるときは普段より多くのエネルギーを消耗します。

ノウハウの共有は現場からすれば作業量の増加につながってしまい、そのため社内から反対意見が出ることも少なくありません。

「どういった目的で行うのか」「なぜ必要なのかを」を正しく説明し、理解を得ることから始めましょう。また最近ではノウハウの共有をバックアップするツールも数多くあります。

それらを用いて現場への負担を最小限とするなど、実施のハードルを下げる努力が必要です。

2.共有するべきものやルールの設定

ノウハウの蓄積に理解を得られたら、次は共有のルールの設定です。ルールをあらかじめ統一していないと内容が不鮮明になったり、情報そのものが埋もれてしまったりするおそれもあります。共有ルールの設定し、誤解なく記録することが重要です。

3.共有すること自体を仕組化する

次は共有すること自体を仕組化することです。例えば「どのようなタイミングで見直すか」「どのツールを利用するか」など、どう仕組化して運用するかが継続できるかどうかのカギになります。

仕組化されないまま実施すると、ノウハウは蓄積されません。共有が無駄になってしまうからです。ただしあまりにも細かく仕組化しすぎると、作業自体がやりにくい状態にもなりかねないので注意してください。

4.成果や結果を見える化する

ノウハウの共有を開始した後は、運用成果や結果を見える化するのも大事なポイントです。成果が見えなければ次の改善点が見えてきません。または従業員のモチベーションに影響します。

ノウハウの共有は短期間で成果を目指すものではありません。PDCAサイクルを上手く回しながら、長期的に成果を測定し、精度を高めていきましょう。

新規事業の継続にはノウハウの蓄積が重要

ここまで企業における新規事業の必要性や創出するポイント、蓄積するためのステップについて紹介しました。今後の日本においては少子高齢化がさらに進み、技術継承やノウハウ蓄積の問題がより深刻化する可能性があります。

企業の永続にはノウハウの共有と蓄積は非常に重要です。ノウハウを企業財産として新規事業の継続に役立てるためにも、蓄積する仕組みを今から構築しておきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント