12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

【市場動向や競合の動きをAIが可視化】ストックマーク、新規事業に役立つ事例を“一瞬で”発見できる機能をリリース

ストックマークは「価値創造の仕組みを再発明し、人類を前進させる」をミッションに掲げ、最先端の自然言語処理技術を活用して、多くの企業の事業創造活動を支援しています。この度、市場動向や競合の動きをAIが可視化し、事業企画をサポートするプラットフォーム「Astrategy」において、新規事業に役立つ事例や、事業環境を把握するために必要な事例を一瞬で発見できる新機能「事例集」をリリースするとともに、本機能における要素技術の特許出願を行いました。

Astrategyについて

Astrategyは、インターネット上の国内外約3万メディアの記事を毎日解析・構造化し、レポートになっていない市場や業界の動向をいち早く捉え、ビジネスチャンスを発見するサービスである。
これまでも「今話題のキーワードや企業はどこか」がわかる「トレンド機能」や企業のポジションがわかる「企業比較」、顧客課題や技術情報、ロードマップなどの調査目的別に自動で記事を分類する「テーマ分析」でビジネスチャンスの発見をサポートしてきた。

新機能を使うことで何ができるか

新機能「事例集」を使用することにより、ニュースの中から「どの企業・組織が」「どんな課題に対して」「どのような解決策を提供しているか」を瞬時に確認することが可能になる。

※より解像度の高い画像に関しては、以下URLもしくは下部の「プレスリリース素材ダウンロード」より確認できる。
https://prtimes.jp/a/?f=d24407-20220107-5e1c81961908ca18185cbae7bce535e5.pdf

機能開発の背景・経緯

従来、事業環境、特に企業動向を把握するために、ニュースやプレスリリースを読んで、重要な部分をまとめる必要があった。ただし、以下大きく2つの理由でこの作業は複雑かつ多くの時間を要している。

①情報を網羅的に調べられない・自信が持てない
日々生み出させれる情報が膨大になる中で、どこまで調査すれば、目的の事例が把握できたのかわからず、多くの時間を消費し、調査担当者は不安を感じていた。

②一定の基準で課題や解決策を抽出するのが難しい
定性的な情報を分析する際は、調査担当者の主観が影響するため、何が課題か、どこまでが解決策かといった判断が必要になる。特に、調査経験が少ない人が調査する場合や全く新しい領域を調査する場合に、どういった基準で事例を整理すれば良いかを悩み、時間がかかっていた。

これら2つの悩みに対して、約3万メディアの記事から、企業動向を表す文章をAIが自動で抽出し、「どの企業・組織が」「どんな課題に対して」「どのような解決策を提供しているか」を自動で抽出できるAIを生成した。これにより、特定のキーワードや企業を入力すると、一瞬で事例を整理できるようになったのである。

開発者(プロダクトマーケティングマネージャー 田中和生)からのコメント

WEB情報は人が処理できる量を既に超えておりますが、コロナ禍によってWEBでの情報発信、情報収集の機会や重要度はますます増加しています。
一方で、新しい行動を考える上で欠かせない情報収集・情報整理作業は個人のセンスやスキルに依存しており、ハードルが高いという声を伺っていました。
そこで、弊社の自然言語処理技術によって、誰でも簡単に素早く、企業、課題、解決策の軸で事例を整理できる機能を開発するに至りました。新たな価値創造を目指している皆様に、この瞬間に必要な情報がストレスなく得られる体験を、引き続き提供してまいります。

ストックマーク株式会社について

​ストックマークは最先端の自然言語処理技術を用いて、攻めのデジタルトランスフォーメーションを実現するための企業文化変革を加速させるSaaSを提供している。
組織内のコラボレーションを促進し、チームを活性化させるプラットフォーム「Anews」、国内外約3万メディアの膨大なビジネスニュースをAIが分類・可視化し、事業機会と活動事例の分析をサポートする「Astrategy」によって企業様の新たな価値創造をサポートしている。

社名ストックマーク株式会社
設立2016年11月15日
所在地東京都港区南青山一丁目12番3号 LIFORK MINAMI AOYAMA S209
代表者代表取締役CEO 林 達
事業概要テキストマイニング×AI技術を活用したビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営
URLhttps://stockmark.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント