12.8 C
Japan
土曜日, 1月 22, 2022

自由に観て、遊んで、参加する!メタバース型バーチャルプラットフォーム 「さわれるライブ™ 5D LIVE™」

株式会社Birdmanは、世界有数のライブ配信技術とクリエイティブを掛け合わせて、オフラインでは体験できない新しい映像・エンターテインメイント体験を実現する「さわれるライブ™ 5D LIVE™」(商標登録出願中)の提供を開始しました。
これにより、エンターテインメントの演出がより一層インタラクティブ&リッチになるほか、企業のPRイベント、eコマースなどのマーケティング活動においても、ユーザーの記憶に残る体験型のセールスプロモーションが行えます。
現在、Birdmanとグロースパートナーシップ契約を結ぶアーティスト「7ORDER(セブンオーダー)」が出演する5D LIVE™のサービスイメージ動画を公開中です。

バーチャルライブの世界観を体験しよう

現在Birdmanは、同社とグロースパートナーシップ契約を結ぶアーティスト「7ORDER(セブンオーダー)」が出演する、「さわれるライブ™ 5D LIVE™」のサービスイメージ動画(ティザームービー)を公開中です。こちらで、新しいバーチャルライブの世界観を体験することができます。

「さわれるライブ™ 5D LIVE™」WEBサイト:https://5dlive.birdman.tokyo
「さわれるライブ™ 5D LIVE™ 」イメージ動画: https://youtu.be/6igtSCknvRg

「さわれるライブ™ 5D LIVE™」について

<コンテンツの特徴・機能>
① さわって、自由に観る。

映像に触れて画面を動かすことでライブ会場内を移動したり、自分の好きなアーティストにフォーカスしたりするなど、自由な視点で楽しむことができます。

② さわって、自由に遊ぶ。

画面をタッチすると花火が上がる、スマホを持って動くとステージに近づくなど、組み込まれたアクションで遊び方が広がります

③ さわって、空間を超える。

ARで自分の部屋をステージにしたり、VRでバーチャルな会場に飛び込んだりするなど、空間を超越して没入することができます。

④ さわって、参加を楽しむ。

出演者と一緒にゲームや乾杯をしたり、コメントや投げ銭をしたりするなど、インタラクティブに同じ時間を共有し、楽しむことができます。

⑤ さわって、その場で買う。

アーティストが着ているTシャツをタップして、そのままオンラインショップで購入するなど、リアルタイムのショッピングが可能です。

<活用が想定されるサービス>
① エンターテインメント
「リアルタイム×3D CG演出」といったまったく新しいオンラインエンターテインメント体験を実現。アーティストのライブやバラエティコンテンツなどのエンターテインメントイベントに。

② PRイベント・製品発表会
タレントを起用した新商品発表会やCM発表会などのPRイベントを、没入感のあるユーザー参加型イベントに。

③ ライブコマース
演者が着用する衣装や、紹介するアイテムをその場で販売し、購入できるライブコマースを実現。

参考資料:Birdmanが手掛けたプロジェクト(一例)

ポルノグラフィティライブ【CYBERロマンスポルノ’20 ~REUNION~】AR演出/株式会社アミューズ(ポルノグラフィティ)

デビュー21周年を迎えたポルノグラフィティのライブを、テクノロジーを利用した新しいエンターテインメント演出にすべく、ARを利用した配信ライブの演出・制作を担当しました。AR演出では、ライブの生映像に、曲のテーマにまつわるモチーフや、過去のMVをオマージュした演出、モーショングラフィックス化された歌詞などを3D的に重ね合わせることで、各曲の持つ世界観をリアルタイムで空間に演出。ライブ演奏の熱量とデジタル演出が融合した、相乗効果的のあるライブを実現しました。
>プロジェクト詳細https://birdman.tokyo/projects/pornograffiti-reunion

BEER iLAND/サントリーホールディングス株式会社

『ビアアイランド』は、スマートフォンやPCのWebブラウザから手軽にアクセスできるバーチャル空間で、ビール工場を疑似体験できるロールプレイング型コンテンツです。プレイヤー自身が、アバターを自在に操作しながら、サントリーのビール「ザ・プレミアム・モルツ」の素材のこだわりや製造工程を、会話や動画などを通じて学び、没入感のある体験をすることができます。
>プロジェクト詳細https://birdman.tokyo/projects/beer-iland

株式会社Birdman 概要

既成概念を打ち破るクリエイティブとビジネスソリューション、それらを実現するテクノロジーを駆使し、クレイジーなアイデアを実装していきます。
ブランディング、事業・プロダクト・アプリケーションの開発から、それらを成功させるためのファイナンス、広告まで。コンサルティング会社・広告会社・PR会社など縦割りで進めていたビジネスを一気通貫し、企業や社会の挑戦に伴走します。

会社名   : 株式会社Birdman / 東証マザーズ(7063)
英名表記  : Birdman inc.
代表者   : 代表取締役社長 伊達 晃洋
設立日   : 2012年7月26日
資本金   : 390,763千円(2021年6月30日現在)
事業内容  : コンサルティング、戦略立案、企画、開発、ブランディング、デザイン、PR、スタートアップ投資、アクセラレータープログラム
所在地    : 東京都渋谷区松濤 1‒5‒3 オクシブビル
WEBサイト:https://birdman.tokyo

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceBirdman
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント