12.8 C
Japan
金曜日, 1月 28, 2022

【STARTUP DB】調査結果|フォースタートアップス、 「国内スタートアップ資金調達金額ランキング2021年1-10月」を発表

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB」に調査結果を公開している。今回は、2021年1月から10月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」を発表した。

2021年1-10月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングでは、アキュリスファーマとビットキーが新たにランクインを果たした。また、オリヅルセラピューティクスは登記簿から11億8,400万の新規調達を確認し、順位を3つ上げ、13位に浮上している。

アキュリスファーマは、神奈川県の湘南ヘルスイノベーションパークに拠点を置く、神経・精神疾患領域における革新的な新薬の開発と商業化を行うバイオスタートアップである。新薬の開発・販売だけでなく、欧米諸国から革新的で優れた医薬品を導入して開発・販売を担うことで、疾患を取り巻くさまざまな課題に対するソリューションを提供している。
同社はシリーズAラウンドにおいてSB Investment Advisers(UK)が運営するSoftBank Vision Fund 2をリード投資家に、ANRI、Catalys Pacific、Global Founders Capital、HBM Healthcare Investments、三井住友トラスト・インベストメントを引受先とする68億円の第三者割当増資を実施。今回調達した資金は薬品の臨床開発や上市に向けた諸活動に充てるとのことである。

スマートロックサービス「bitlockシリーズ」を提供するビットキーは、SHIFTと資本業務提携を締結したことを発表。取得した登記簿より、30億円の資金調達を実施していたことが明らかになった。今後はSHIFTが持つ“モノづくり力(サービス開発力)“を積極的に活用することで、顧客要望に迅速・柔軟に対応するためのサービス開発に注力していく方針である。

ランクイン企業のうち、半数を超える12社が累計資金調達金額100億円超え

トップ20にランクインしている企業のうち、累計資金調達金額が100億円を超えている企業はSpiber、スマートニュース、TBM、Mobility Technologies、ヘイ、SmartHR、リキッドグループ、ネットプロテクションホールディングス、ispace、ディーカレット、アトナープ、ビットキーの12社。中でも、唯一1,000億円を突破しているSpiberは先月の1,014億円からさらに累計資金調達金額を伸ばし1,027億円となっている。

また、設立5年以内のスタートアップは、リキッドグループ、キャディ、ネットプロテクションホールディングス、オリヅルセラピューティクス、アキュリスファーマ、ディーカレット、SODA、ビットキー、タイミー 、atama plusの10社で、半数を占めている状況である。

この他、2021年10月における資金調達金額の中央値は1億1,950万円、平均値は3億6,720万円であった。Spiberやスマートニュースによる数百億円規模の資金調達が発表された先月と比較して、中央値、平均値がともに減少していることが伺える。

「STARTUP DB ENTERPRISE」参画パートナー企業申し込み受付中

「STARTUP DB ENTERPRISE」とは?
スタートアップエコシステムにおける事業会社や投資家などのエコシステムビルダーと、国内スタートアップ、それぞれが信頼のできるパートナーとのアライアンス機会の創造をサポートする機能である。また、成長産業に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」をさまざまな機能をアップグレードして利用することが可能である。
https://is.gd/KV69Xw

「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」調査概要

タイトル:「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」
調査期間:2021年1月から10月まで(2021年10月時点)
レポート記事:STARTUP DB 
https://media.startup-db.com/research/funding-ranking-202110

※フォースタートアップスが取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出してあるが、フォースタートアップスは、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負わないとしている。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について

国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームである。企業データベースは、13,000社以上の日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献している。
https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社について

フォースタートアップスは、「(共に)進化の中心へ 」というミッションを掲げ、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業や行政との共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいる。今後もミッション・ビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献する。

社名フォースタートアップス株式会社
設立2016年9月1日
所在地東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F
代表者代表取締役社⻑  志水 雄一郎
URLhttps://forstartups.com/ 
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント