12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

LexxPlussがプレシリーズAラウンドで資金調達!来春には自動搬送ロボット等の”Robotics Automation”製品発表会も実施!

株式会社LexxPlussは、Logistics Innovation Fund、インキュベイトファンド、SOSV、三井住友海上キャピタル、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから第三者割当増資を実施し、資金調達しました。現在の事業である物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットの製品ローンチも正式に決定し、2022年度の本格的な事業拡大に向けて、採用活動・生産体制の強化に注力していきます。

 調達の背景と目的

物流倉庫や製造工場における自動化・省人化の取り組みについては、ロボティクス・ビッグデータ技術などの成熟に伴い、様々なソリューションが現場での運用に普及してきています。

一方で「工程間搬送」と呼ばれる作業に関しては、その特性から各現場の環境に依存する要素が大きく、従来から市場に存在したAGVをはじめとする自動搬送ロボットでは、十分に運用をカバーしきれない現場が数多く発生していました。

こうした市場背景を基に、LexxPlussでは自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」の開発を、ソフトウェア・ハードウェア両面から行ってきました。

同社は2020年3月の創業以降、既存投資家であるSOSVが主催するハードウェア特化型アクセラレータプログラム「HAX」への参画や、Seinor Robotics Engineerである西東 敦規氏を取締役に招聘するなどを通じて、開発体制の強化を図ってきました。また、佐川急便の物流拠点や製造メーカーの工場など、複数拠点での試験運用も既に実施しており、製品販売に向けての最終段階を迎えています。

今回調達した資金は、2022年度以降の本格的な事業展開に向け、自動搬送ロボットの生産体制構築やエンジニアの採用拡大に活用していく予定です。ハードウェアスタートアップにとって最大の壁である「量産化」を突破し、日本を含むグローバルでの事業展開を目指します。

(参考)LexxPlussが参加しているアクセラレータプログラム「HAX」について:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000056714.html
(参考)西東 敦規氏の取締役就任について:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000056714.html
(参考)佐川急便様との実証実験について:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000056714.html

投資家紹介

今回の資金調達でご支援いただいた投資家は合計6社となります。

既存投資家:
・インキュベイトファンド株式会社
・SOSV Investments LLC

新規投資家:
・Logistics Innovation Fund
・三井住友海上キャピタル株式会社
・みずほキャピタル株式会社
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社

前回の資金調達ラウンドより、インキュベイトファンドからは経営・人材採用面、SOSVからはHAXプログラムを通じた製品開発・サプライチェーン構築面でサポートを受けており、今回ラウンドでの追加投資をきっかけに連携を更に加速していく予定です。

今回、新規で参画したLogistics Innovation Fundは物流業界特化型ファンドとしてのネットワークを活用し、物流会社とのビジネス提携や事業戦略面でのサポート、三井住友海上キャピタル・みずほキャピタル・SMBCベンチャーキャピタルとは、ハードウェア製品の開発・生産体制構築において重要となるファイナンス面や大手企業様とのビジネス提携といった観点からサポートを受けます。

投資家からのコメント

岡 洋氏(Spiral Innovation Partners / Logistics Innovation Fund 代表パートナー)

人口減少、超高齢化が避けられない日本社会において、属人的な業務プロセスの削減・効率化は、あらゆる産業において避けては通れない課題です。特に物流領域においてその深刻さは群を抜いており、今まさに対処しなければならない最優先事項だと認識しています。LexxPlussが取り組む領域はまさにそこであり、界隈の救世主となり、数年後に物流業界のデファクトを創造する企業だと確信しています。またその課題に対してハード/ソフト両面から取り組んでおり、そのスタンスこそが、本質的な課題解決につながるものと期待しています。今回、物流領域特化型ファンドとして、業界の課題に真正面から立ち向かうチャレンジャーを間近で応援できる機会をいただき、とても嬉しく思っています。

和田 圭祐氏(インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー)

物流倉庫業界における人手不足は深刻であり、倉庫作業の生産性向上は喫緊の課題となっています。LexxPlussはロボティクスの力によって物流の工程間搬送を自動化し、物流産業における生産性改善のブレークスルーを起こすことを期待しています。インキュベイトファンドは当社にシード期から投資させていただいており、今回も引き続き投資させていただきました。成長に向けて引き続きサポートして参ります。

Duncan Turner氏(SOSV Investments LLC General Partner)

SOSV actively invests in the automation of industrial sectors. Lexx Pluss inspired us with an open-source powered business model which has enabled rapid growth. We are over the moon to continue to partner with Aso-san and the rest of the team

石上 壽一氏(三井住友海上キャピタル株式会社 取締役社長)

EC需要の高まりや新型コロナの流行に伴い、物流倉庫は逼迫し、人材不足の解消や倉庫の流動性を高める自動化のニーズが高まっている中、「ハイブリッド制御技術」を実装したLexxPlussの自動搬送ロボットは物流現場の自動化を推進し、ひいては日本のインフラを支える物流業・製造業の課題解決をしていくものと大いに期待しています。

大町 祐輔氏(みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長)

ECなど物流マーケット拡大や現場の人手不足により、物流における生産性向上の重要性は高まり続けています。LexxPlussはAGV(軌道走行)とAMR(自律走行)のハイブリッドの技術力に強みがあり、RaaS(Robot as a Service)モデルによるサブスクリプション形式でのサービス提供により、物流現場の変化に柔軟に対応し、課題解決を図ることが出来ます。物流業界待望の企業であり、みずほキャピタルをはじめ、みずほグループの総力をあげて、更なる成長サポートをして参ります。

落合 昭(SMBCベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役社長)

物流倉庫業界は、貨物量の増加と人手不足を背景に、自動化・効率化が急務となっている業界です。そのような中、当社は独自の自動搬送ロボット技術とお客様に寄り添う現場力により、これまで自動化が困難であった業務を改善できることから投資させて頂きました。今後当社の事業成長をSMBCグループとしてご支援させて頂きたいと思います。

製品発表会の案内

LexxPlussが現在開発中の自動搬送ロボット及びRobotics Automationに関する製品について、2022年4月を目途に正式販売することが決定しました。

販売に先立って、物流会社・荷主・ディベロッパー・物流関連のメディアを対象に、製品発表会の実施を予定しています。下記にて案内している事前受付フォームに登録すると、製品発表会の詳細が後日お送られてきます。

製品発表会の概要(予定)
・時期:2022年4月ごろ
・開催方法:オンライン
・参加対象:物流会社様・荷主様・ディベロッパー様・物流関連メディア様
・参加方法:事前受付フォームにご登録いただいたメールアドレス宛に後日詳細をお送りします。

▶︎ 事前受付フォーム:https://forms.gle/xiP2w3yQbkppj1xH9

LexxPlussに興味を持った方へ

LexxPlussは、「持続可能な産業と持続可能な生活を」をビジョンに掲げ、日本のインフラを支える物流業・製造業の課題解決を目指すスタートアップです。次世代の産業機械メーカーを目指し、グローバルに挑戦できる方を募集しています。
▶募集中の職種一覧:https://open.talentio.com/r/1/c/lexxpluss/homes/1863

また、資金調達を記念し、採用イベントに登壇します。
参加をご希望の方は下記のURLからエントリーください。
▶採用イベントページ:https://m.incubatefund.com/event/hello_robotics

LexxPlussからのコメント

阿蘓 将也氏(株式会社LexxPluss 代表取締役)

2025年に10兆円を超えるロジスティクスオートメーション市場で、グローバルに活躍する製品開発を進めています。LexxPlussは2035年までに次世代のキーエンスやファナックと呼ばれる世界的な産業機器メーカーまで成長します。

西東 敦規氏(株式会社LexxPluss 取締役 / Senior Robotics Engineer)

最高のチームと超高速な開発ループで、ハードウェア・ソフトウェアともに日々進化し続けています。物流倉庫業界の問題はすべて我々が解決するという心意気で開発を続けています。

会社概要

会社名:株式会社LexxPluss(LexxPluss, Inc.)
代表:阿蘓 将也
本社所在地:神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC本館211号室
社員数:15名(2021年10月末時点)
URL:https://www.lexxpluss.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント