12.8 C
Japan
月曜日, 10月 18, 2021

食品流通DXを進める外部データ提供サービス「ソトミル」が「CEATEC 2021 ONLINE」に出展!

アライン株式会社は、2021年10月19日(火)から10月22日(金)までの4日間、オンライン形式で開催される「CEATEC 2021 ONLINE」に出展。外部データ提供サービス「ソトミル」及びその活⽤例を中⼼に紹介します。

「ソトミル」出展の背景

2018年創業のアラインは「テクノロジーの社会実装を加速する」を企業理念に掲げ、共創型DXコンサルティングを通じて顧客の業務改革と事業成長を支援しています。

企業においては、⼀部ではDXの成果が出始めているケースもありますが、期待するほどの効果創出には⾄っていません。その理由の⼀つとして、成果を急ぐあまり⼗分な環境整備が進まない中で「できる範囲で頑張っている」現状があると思われます。

DXの効果を最大化するためには、旧来のやり方で単にデジタル化するのではなく、
・業務⾒直しに取り組み仕事のプロセスを変革する
・外部との連携を進め新しい価値創造に取り組む

という視点が不可欠です。

このような認識のもと、アラインは、時間が掛かり後回しになりがちな「外部との連携」に着目し、膨大な外部データを有益に活用できる形で取得・蓄積して、全ての企業が利⽤できるプラットフォームとして提供するサービス「ソトミル」を開始しました。

「CEATEC 2021 ONLINE」では「共創の実現」がテーマとなっており、業種や競合の壁を越えた社会課題解決のエコシステムが構築されると思われます。同社は出展を通じて、国内外の様々な企業・団体との連携に期待を寄せています。

「CEATEC 2021 ONLINE」公式サイトはこちら▶︎https://www.ceatec.com/
「ソトミル」についての詳細はこちら▶︎https://sotomiru.com

「ソトミル」サービスの特長

ソトミルは、SNS・イベント・気象データなど、企業においてまだ十分に活用されていない外部データをリアルタイムに取得・蓄積し、AIによる独自の分析処理を加えてAPI(*)で提供するサービスです。

ソトミルで提供する外部データは、食品流通における受発注や在庫管理業務の高度化、AIによる需要予測システムの精度向上などで活用できます。今後も外部データの拡充に取り組み、食品流通におけるDX推進に貢献していきます。

*API:アプリケーションプログラミングインタフェース。インターネット技術を用いて、システムに簡単に組み込める部品型サービス

<ソトミルの提供イメージ>

「CEATEC 2021 ONLINE」出展の概要

会期:2021年10月19日(火)~22日(金)
出展エリア:企業エリア
出展内容:外部データ提供サービス「ソトミル」
URLhttps://online.ceatec.com/booth/2633

※入場登録により無料で視聴・閲覧できます。
※出展ブースのURLは2021年10月19日(火)10:00以降にアクセスできます。

アライン株式会社の概要

社名:アライン株式会社(英語表記: ALIGN Inc.)
URL:https://www.aligns.co.jp
設立:2018年9月
事業内容:DXコンサルティング、SaaSサービス開発
代表取締役CEO:清水 剛
住所:東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント