12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

【Haptics(触覚)技術を使用したVRアニメーション】「Beat」、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞

WOWOWとCinemaLeapが共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

「Beat」の受賞について

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑執⾏役員 ⽥中 晃、以下「WOWOW」)と株式会社CinemaLeap(本社:東京都品川区、代表:⼤橋哲也)が共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

バンクーバー国際映画祭(VIFF)は、本年で40回を迎える歴史ある映画祭で、2021年10⽉1⽇(⾦)〜11⽇(⽉)まで開催されていた。70カ国以上の国と地域から集まった世界のトップレベルの作品からまだ知られていない作品まで、毎年多くの昨品が上映される。

XRテクノロジーを利用したダイナミックなストーリーテリングの作品を紹介する「VIFF Immersed 2021」部門では、最終選考に残ったVRとARの15作品の中から、「Cinematic Live Action」「Animation」「Documentary」「Augmented Storytelling」の各カテゴリーで受賞作品が選ばれる。「Beat」はアニメーションカテゴリーで受賞した。主にクリエイティブなストーリーテリングの観点から表彰することがこの映画祭の特色である。

伊東ケイスケ監督 受賞コメント

ちょうど40周年の節目の、歴史ある国際映画祭で受賞させていただき、大変光栄に思います。Beatは心と心をつなげる物語です。それは自分の心臓の鼓動を意識することから始まります。世の中は目まぐるしく変わっています。しかし、あなたの心臓の鼓動はいつでも変わらないのです。上映の機会をくださった映画祭と、一緒にBeatを作り上げてくれた仲間たちに心から感謝します。

Haptics(触覚)技術による今までにない映像体験

「Beat」は、⼼臓の⿎動を⼿で感じることができるHaptics(※1)(触覚)技術を⽤いたデバイスを利⽤した作品である。(※2)

デバイスを⼿に持つと、聴診器で取得したユーザーの⼼臓の⿎動がデバイスに振動となって伝わり、さらには作中に登場するハートのアニメーション、⾳声とリアルタイムに同期する。これにより、⼼臓の⿎動を⽬で⾒て、⽿で聴き、⼿で感じながら作品を楽しめる仕組みである。

作品の中で、⾃分⾃⾝の⼼臓の⿎動を主⼈公のロボットと共有することで、物語に命を吹き込み、物語が始まる。体験者は⾃分の⿎動を分け与えたロボットを⾃分⾃⾝に重ね合わせながら、ロボットの⼼の葛藤や成⻑を体感し、物語を楽しむことができる。

新しい技術を作品に組み合わせることにより、今までにない映像体験を提供し、第77回ヴェネチア国際映画祭バーチャルリアリティ(VR)部⾨のコンペティション作品としてノミネート、続いて「CannesXR」 VeeR Future Award 2021にノミネートされている。

本作品は、WOWOW Lab(※3)の活動の⼀環として外部クリエイターと共同開発をした作品である。

※1 Hapticsとは、ユーザーに対して⼒・振動・動きなどの”触覚”を通じて情報を伝達するユーザーインターフェース技術の総称である。

※2 各映画祭では、映画祭参加者が自宅からオンラインで体験できるように、Haptics(触覚)技術を⽤いたデバイスを利用せずに、VRヘッドセットとコントローラーを用いて体験するバージョンが上映されている。

※3 WOWOW Labとは、WOWOW単独では難しいさまざまな取り組みを外部連携を積極的に⾏なうことで継続的に実現させるための仕組みである。クリエイター、エンジニア、技術系スタートアップ企業などと組み、コンテンツに関わる新しい技術の実験や試験を⾏ない、顧客に向けた新しいコンテンツ・サービスを⽣み出すことを狙いとしている。

WOWOW Labサイト https://corporate.wowow.co.jp/wowowlab/

VRアニメーション「Beat」 概要

作品名:Beat
製作年:2020年
製作:株式会社WOWOW/株式会社CinemaLeap
監督:伊東ケイスケ
プロデューサー:藤岡寛子(WOWOW)、待場勝利
鼓動体感技術提供:安藤英由樹(大阪芸術大学)
作品尺:12分
ジャンル:アニメーション

あらすじ:Beatは、ユーザーの心臓の鼓動によってロボットに命が吹き込まれ、心を通わせて成長していく物語である。ユーザーのハートによって命を吹き込まれたマルボロは、もうひとりのロボット、カクボロと友達になりたいのに、不器用で関わり方が分からず怒らせてしまう。しかしどうしても友達になりたかったマルボロは、相手を思いやる気持ちを持つことで、一度閉ざされてしまったカクボロの心を開いていく。

・予告編動画 https://youtu.be/Z8PRVSNQbJg

WOWOWは今後も才能あるクリエーターと積極的に組み、新しい技術を取り入れながら、より深い映像体験を生み出していく。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント