12.8 C
Japan
金曜日, 5月 27, 2022

【Haptics(触覚)技術を使用したVRアニメーション】「Beat」、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞

WOWOWとCinemaLeapが共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

「Beat」の受賞について

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑執⾏役員 ⽥中 晃、以下「WOWOW」)と株式会社CinemaLeap(本社:東京都品川区、代表:⼤橋哲也)が共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

バンクーバー国際映画祭(VIFF)は、本年で40回を迎える歴史ある映画祭で、2021年10⽉1⽇(⾦)〜11⽇(⽉)まで開催されていた。70カ国以上の国と地域から集まった世界のトップレベルの作品からまだ知られていない作品まで、毎年多くの昨品が上映される。

XRテクノロジーを利用したダイナミックなストーリーテリングの作品を紹介する「VIFF Immersed 2021」部門では、最終選考に残ったVRとARの15作品の中から、「Cinematic Live Action」「Animation」「Documentary」「Augmented Storytelling」の各カテゴリーで受賞作品が選ばれる。「Beat」はアニメーションカテゴリーで受賞した。主にクリエイティブなストーリーテリングの観点から表彰することがこの映画祭の特色である。

伊東ケイスケ監督 受賞コメント

ちょうど40周年の節目の、歴史ある国際映画祭で受賞させていただき、大変光栄に思います。Beatは心と心をつなげる物語です。それは自分の心臓の鼓動を意識することから始まります。世の中は目まぐるしく変わっています。しかし、あなたの心臓の鼓動はいつでも変わらないのです。上映の機会をくださった映画祭と、一緒にBeatを作り上げてくれた仲間たちに心から感謝します。

Haptics(触覚)技術による今までにない映像体験

「Beat」は、⼼臓の⿎動を⼿で感じることができるHaptics(※1)(触覚)技術を⽤いたデバイスを利⽤した作品である。(※2)

デバイスを⼿に持つと、聴診器で取得したユーザーの⼼臓の⿎動がデバイスに振動となって伝わり、さらには作中に登場するハートのアニメーション、⾳声とリアルタイムに同期する。これにより、⼼臓の⿎動を⽬で⾒て、⽿で聴き、⼿で感じながら作品を楽しめる仕組みである。

作品の中で、⾃分⾃⾝の⼼臓の⿎動を主⼈公のロボットと共有することで、物語に命を吹き込み、物語が始まる。体験者は⾃分の⿎動を分け与えたロボットを⾃分⾃⾝に重ね合わせながら、ロボットの⼼の葛藤や成⻑を体感し、物語を楽しむことができる。

新しい技術を作品に組み合わせることにより、今までにない映像体験を提供し、第77回ヴェネチア国際映画祭バーチャルリアリティ(VR)部⾨のコンペティション作品としてノミネート、続いて「CannesXR」 VeeR Future Award 2021にノミネートされている。

本作品は、WOWOW Lab(※3)の活動の⼀環として外部クリエイターと共同開発をした作品である。

※1 Hapticsとは、ユーザーに対して⼒・振動・動きなどの”触覚”を通じて情報を伝達するユーザーインターフェース技術の総称である。

※2 各映画祭では、映画祭参加者が自宅からオンラインで体験できるように、Haptics(触覚)技術を⽤いたデバイスを利用せずに、VRヘッドセットとコントローラーを用いて体験するバージョンが上映されている。

※3 WOWOW Labとは、WOWOW単独では難しいさまざまな取り組みを外部連携を積極的に⾏なうことで継続的に実現させるための仕組みである。クリエイター、エンジニア、技術系スタートアップ企業などと組み、コンテンツに関わる新しい技術の実験や試験を⾏ない、顧客に向けた新しいコンテンツ・サービスを⽣み出すことを狙いとしている。

WOWOW Labサイト https://corporate.wowow.co.jp/wowowlab/

VRアニメーション「Beat」 概要

作品名:Beat
製作年:2020年
製作:株式会社WOWOW/株式会社CinemaLeap
監督:伊東ケイスケ
プロデューサー:藤岡寛子(WOWOW)、待場勝利
鼓動体感技術提供:安藤英由樹(大阪芸術大学)
作品尺:12分
ジャンル:アニメーション

あらすじ:Beatは、ユーザーの心臓の鼓動によってロボットに命が吹き込まれ、心を通わせて成長していく物語である。ユーザーのハートによって命を吹き込まれたマルボロは、もうひとりのロボット、カクボロと友達になりたいのに、不器用で関わり方が分からず怒らせてしまう。しかしどうしても友達になりたかったマルボロは、相手を思いやる気持ちを持つことで、一度閉ざされてしまったカクボロの心を開いていく。

・予告編動画 https://youtu.be/Z8PRVSNQbJg

WOWOWは今後も才能あるクリエーターと積極的に組み、新しい技術を取り入れながら、より深い映像体験を生み出していく。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント