12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

農業DXプラットフォームを提供する「AGRI SMILE」が、総額約1.7億円の資金調達を実施!

DXプラットフォームにより産地とともに持続可能な農業をつくる株式会社AGRI SMILEは、事業および組織の拡大にあたり、個人投資家の梅田 裕真氏、鈴木 達哉氏および既存投資家であるマネックスベンチャーズ、THE SEEDを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約1.7億円の資金調達を行いました。これにより、累計の調達額は2.1億円となりました。

「AGRI SMILE」におけるDXの定義

〜業務のデジタル化とデータ集積を進め、研究結果に基づき改善を行うこと〜

AGRI SMILEは2018年の創業から、産地の栽培領域におけるDXをサポートするプロダクトを提供してきました。しかしながら、現場の技術を可視化・数値化し共有するだけでは、持続可能な農業の実現に向けたマクロな課題解決には至りませんでした。

そこで、DXの意義とスキームを見つめ直し、2021年より研究領域の取り組みを本格化しました。栽培領域から得られるデータ群と、それらを支える生命科学の知見を組み合わせることによって、産地への科学的なフィードバックが可能となります。

産地単位の農作物生産をDXするプラットフォーム

持続可能な農業の実現に向け、AGRI SMILEでは技術の伝承・共有・向上をサポートするDXプラットフォームを展開しています。

「産地」にフォーカスする理由としては、R&Dと連携して技術を向上させるための大規模なデータ集積が可能な点が挙げられます。例えば、近しい気象条件で集積された多圃場の栽培管理データから栽培管理方法による差異のメカニズムを実験室レベルで明らかにし、得られた知見を産地へフィードバックします。それに基づいて栽培管理を改善し、新たなデータを集積していくことで、科学的根拠に立脚したPDCAサイクルを生み出します。

 以上のように、活用を見据えた形式でマスデータを蓄積し、栽培領域のデータと科学的知見を結びつけて大きな価値を産地へもたらすことができると考えています。

各投資家からのコメント

・梅田 裕真氏(株式会社メディカルノート 代表取締役CEO)
農業人口の減少、担い手不足、環境負荷軽減ーー多くの課題を抱える日本の農業を持続可能とするには、多角的かつ長期的な視点が欠かせません。AGRI SMILEのプロダクトは、まさしくこの視座に立って設計されており、農業を維持・アップデートするために最もレバレッジが効くポイントにテクノロジーを活用しようとする意志を感じ、強く共感しています。日本の農業を支えるプラットフォームとして拡大していくことを期待するとともに、その一助となることを願っています。

・鈴木 達哉氏(株式会社ギフティ 代表取締役)
産地と共につくる。中道さんはいつお話をしても、サプライヤーロジックではなく、常に産地と同じ立場で考えることを出発点とした上で、全ての取り組みを進められています。また一つのプロダクトではなく、有機的につながったシステムで貢献することを企図し、研究を含めた多角的なアプローチで産地の発展に寄与しようとされているのも個人的には印象的です。「産地と共につくる」アプローチで中道さん率いるAGRI SMILE社が日本の農業の発展に寄与しようとする試みを出資というかたちで応援させて頂けることを嬉しく思っております。

・和田 誠一郎氏(マネックスベンチャーズ株式会社 代表)
いつ何時も、中道さんから出てくる話は「産地の現在地と未来」についてです。日本全国の農地を訪問して、今を知り、課題の理解を深め、それらを解決するための手法をプロダクトに落とし込む。徹底した現場主義によって、AGRI SMILEが日本の農業、世界の農業を大きく前進させるための一歩を踏み出そうとしています。さらに事業を推進し、農業の未来をより良いものにするために、微力ながらその実現に向けて伴走していきたいと思います。

・廣澤 太紀氏(ザシードキャピタル株式会社 代表)
事業進捗の良さもありますが、それ以上に器の大きさや、経営者としての成長を感じることが多く、AGRI SMILE社の創業から全ラウンドで出資させていただいております。また、農業という分野に人生をかけた強い想いを持ち、創業から全くブレず、企業として農業業界をどう支えられるか真摯に向き合う方です。日本にとっても重要な産業を、より良いものに変えていくであろう、これからの活躍に期待しています。

組織拡大について

耕作することが産業である続ける世界。」というビジョンの実現に向け、AGRI SMILEでは、産地と研究領域におけるDXソリューションを共に担う研究者、ソフトウェアエンジニア、事業開発責任者、コーポレート担当者を積極的に採用しています。先端テクノロジーの社会実装に興味をお持ちの方、また、あらゆる産業で加速する「デジタル化」による変革に携わりたいという方は、以下のフォームよりエントリーすることができます。
https://agri-smile.com/career/

【会社概要】

株式会社 AGRI SMILE
代表者:代表取締役 中道 貴也
事業内容:農業のDXプラットフォーム事業
資本金:211,850,000円(資本準備金も含む)
設立:2018年8月31日
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28-5 Axel御茶ノ水102
HP:https://agri-smile.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント