12.8 C
Japan
水曜日, 7月 28, 2021

ネクストミーツ、話題の代替肉商品をダイエーにて販売開始!

ネクストミーツは、ダイエーのグルメシティ千住曙町店にて、2021年6月11日(金)より、焼肉用代替肉「NEXTカルビ1.1」と「NEXTハラミ1.1」、プラントベース牛丼「NEXT牛丼1.2」の販売を開始した。

イメージSDGsや健康意識の高まりから拡大する代替肉の需要は増している。現代の過剰な畜産は地球温暖化に大きな影響を与えており、植物性タンパクなどを原料とする代替肉はサステナブルな社会の実現に向けた一つの大きな鍵でもあると言える。

ネクストミーツの代表商品である焼肉用代替肉「NEXTカルビ」「NEXTハラミ」は、昨年には焼肉チェーンの焼肉ライクとコラボをし、前代未聞の取り組みとして大変話題になった。4月にはイトーヨーカドーの1都9県100店舗以上での販売もスタートしている。

今回、ダイエーのグルメシティ千住曙町店でも販売がスタートし、デイリー冷凍食品売り場で展開する。今後も、日常で手軽に代替肉商品を手に取れる機会が増えて行くであろう。

概要

販売開始日:6月11日(金)
販売店舗:ダイエー グルメシティ千住曙町店
商品
NEXTカルビ1.1(80g1パック)     398円(本体価格)

NEXTハラミ1.1(80g1パック)     398円(本体価格)

NEXT牛丼1.2(120g1パック)    398円(本体価格)

※全て完全植物性の商品である。動物性原料は一切含んでいない。

SDGs推進の代替肉スタートアップ 「ネクストミーツ」について

「地球を終わらせない」を理念とし、代t替肉によって少しでも過剰な畜産を減らすことで気候変動問題の解決に貢献すべく、事業を行っている。
2017年から共同創業者2名が調査・研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化。2021年1月には米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場、現在は日本だけでなく台湾やベトナムなど海外10カ国以上に進出している。
世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼肉」シリーズ、100%植物性の牛丼「NEXT牛丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などをこれまでに発売。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表し、今年3月にはテスラやビヨンド・ミートも入る世界のVegTech企業21に、日本企業として唯一選出された。
自社のR&Dセンター「NEXT Lab」では世界から集まった研究メンバー(博士)が大豆に限らず幅広い代替タンパクの研究開発に着手しており、2050年までに世界中で全ての肉を代替することをミッションとしている。

社名ネクストミーツ株式会社
設立2020年6月
所在地東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
代表者佐々木英之
事業概要代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営
URLホームページ:https://nextmeats.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCckDSZupzEhmcphT5hcy-Aw
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeatsjapan/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント