12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

アクセラレーター事業を展開するHeimatが、新宿3丁目にU25起業家シェアハウスをオープン!

Heimat株式会社が、ABアコモ株式会社の運営するIMANO TOKYOに25歳以下の起業家を支援するシェアハウス「U25起業家シェアハウス」を2021年5月にオープンしました。

U25 起業家シェアハウスとは

「起業をライフスタイルに」というミッションを掲げ、まずはU25の起業家/起業家予備軍に対して、「住める起業家育成プログラム」を展開するシェアハウスです。

コロナの影響により空いたシェアハウスや、休業中のホテルなどを活用し、30名〜50名の若者を集めシェアハウスを運営しています。2020年12月からスタートし、約5ヶ月間で累計200名の入居者を超えました。

また、企業や地方自治体とU25起業家に向けてイベント企画や、ワーケーションプログラムの企画進行をしています。この度、調布、銀座を経て新宿3丁目にオープンすることが決定しました。

起業家シェアハウスのコンテンツ

起業家/VCとの交流

参加者同士のイベントも含め、同世代の起業家やVC、エンジェル投資家との交流会を定期的に開催。
この交流を経てチームが生まれたり、出資のチャンスなどが生まれています。

メンター制度

先輩起業家からのサポートも充実。日常的に壁打ちや、プレゼンのフィードバックが受けることが可能です。

メンターからのコメント

僕と私と株式会社 CEO KENT 氏

僕が最初に起業したのは大学4年生の時でした。当時、どこでインターンしようか悩んでいたところ「起業」という選択肢を知りました。

起業すれば、会計や法律、営業、企画などより多くのことを学べるじゃないのかと「花贈り」で起業しました。あの時の経験が、時給1000円稼ぐことの難しさを知れた機会が、今の僕を支えていると思っています。

U25起業家シェアハウスでは、SNS企画と新規顧客獲得のためのマーケティングをサポートするメンターをしています。皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

株式会社RiskTaker COO 榊原清隆 氏

「起業をライフスタイルに」という企業ミッションが表現している通り、参加している起業家自身が自分の興味、関心、得意分野、独自の知見を起点に事業を創造し、競争のなかでスピーディに事業が立ち上がっていくことは、メンターとして参加している自分にとっても非常に刺激的な体験です。

シリコンバレーがまさにそうですが、世界を変えるようなサービスはこのような熱量の高い場所から生まれてくるものなんだと思います。我々もそのようなサービスが世界に出ていけるよう全力でサポートするつもりです。今回立地も非常に良いのでぜひ皆さん遊びに来て見てください。

講座/ワークショップ

メンターやVC/先輩起業家の講座ワークショップを週2ペースで開催。
事業の作り方からマネタイズ、ファイナンスの部分まで学ぶことができます。

カンファレンス

VCの前でのビジネスコンテストを毎月開催しており、優勝賞金やVCから500万円〜1000万円の調達チャンスも用意しております。

参加者からの声

「U25起業家シェアハウスは僕が起業することになった大きな要因の1つです。起業に一歩踏み出せない僕は、同年代の起業家と24時間一緒にいることで、自然とその一歩を踏み出すことができていました。

「今何をしたらいいかわからないけど熱だけはある」「したいことがあるけど一歩踏み出せない」そういう人にこのサービスを利用してほしいです。長期でいるからこそ貰える、過去の自分と比較したフィードバックも他にはないオススメポイントです!」
(GAKUWARI 代表:斎藤俊輔 氏)

「U25起業家シェアハウスに入って、着実に成長していると感じることができ、少しづつ自信がもてるようになりました。領域は違えど、ビジネスとして本気で取り組んでいる人が多いから自分も頑張れるし、日常的にビジネス関係の話ができるのもまた面白いです。

まだアイデアベースの人だったり、何かに対して課題を感じていてアクションを起こしたいけど、どうアプローチすればよいのかわからない人にぜひ来て欲しいです。社会に対して不満があったり居心地悪いなとか生きづらいなとかって感じている人、割と向いていると思います笑」
(株式会社想創 CEO:前田あかり 氏)

【施設情報】

IMANO TOKYO 

新宿3丁目駅より徒歩3分で、1階にはカフェバーも併設、フリーランスの方や外国の方でにぎわうホステルです。
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目12-2
電話:(+81)3-5362-7161
HP:   https://imano.jp/shinjuku/ja/
運営:ABアコモ株式会社

【プラン】

期間:6/1〜6/31
・ドミトリープラン
15,000円: 1週間
25,000円: 2週間
45,000円: 1ヶ月
(数日単位でも対応可能です)

条件:
①起業に興味がある人/起業している人
②25歳以下

申し込み方法
▼LINEより申し込めます。
https://lin.ee/ytW80MJ

代表からのコメント

現在、ダブルワークやフリーランスなどの働き方が増えていく中で、未だに起業という選択肢は少数派です。また、起業に興味のある人でもやり方がわからないという声を多く聞きます。

その中でU25起業家シェアハウスでは「暮らしながら起業する」というライフスタイルを促進し、将来の起業家を輩出していきます。

起業を身近に感じたい方、自分の事業を伸ばしたい方、是非来てください!起業を目指す皆さんとお会いできることを楽しみにしています
U25起業家シェアハウス代表 日高隆之介

会社概要

会社名:Heimat株式会社
代表者:日高隆之介
設立日:2021年3月29日
資本金:1,000,000円
URL: https://kigyokasharehouse.studio.site/
事業内容:起業家向けのアクセラレーター事業
住所:東京都 港区 南青山2丁目 2番15号 ウィン青山942号室

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント