12.8 C
Japan
金曜日, 6月 25, 2021

外国籍留学生就活のDX、人種・国籍のダイバーシティを推進するSPeakが約8,000万円の資金調達を実施

グローバル学生特化型プラットフォーム「JPort」を運営する株式会社SPeakは、ANRI、East Ventures、LAUNCHPAD FUND、河合聡一郎氏などの個人投資家を新規引受先として迎えるとともに、既存投資家であるライフタイムベンチャーズを追加の引受先として第三者割当増資を実施、約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

資金調達の目的

SPeakは、創業期から就活を切り口に日本における人種・国籍のダイバーシティを推進する『Borderless Japan』構想を掲げ、これまでグローバル新卒特化型プラットフォーム「JPort(Japan’s Port)」を通して、キャリア支援・就活マッチングサービスを展開してきました。

創業期から実施した資金調達・デットファイナンスを含めると累積調達額1億円を超えています。今回の資金調達の目的は、コアメンバーの積極採用・コミュニティ強化・HRTech事業拡大となります。

資金調達の背景

新型コロナウイルス感染症の影響で多くのグローバル学生(日本の大学で学ぶ外国籍留学生や日本国内外大学で学ぶバイリンガル日本国籍学生)の就職活動および企業人事の新卒採用活動がオンラインへと変化しています。

また、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「日本の国際化」など社会的背景がある中、日本独特の「就活」が重要な社会課題となっています。

特に外国籍留学生は、「留学生30万人計画」「スーパーグローバル大学」を通じて政府・文部科学省の施策により急増している一方、「就活」は日本独特の文化として根強くグローバルスタンダードからかけ離れており、日本語を話せるグローバル学生やミレニアル世代にとって障壁となっています。

また、就活以外にもグローバル新卒学生の生活周辺には多くの課題が存在し、日本社会としてダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進が急務となっています。

投資家コメント

河野 純一郎 氏(ANRI)

「数多ある留学候補先から日本を選び、夢や希望を抱き日本で多くを学んだ留学生が、独特/特殊な”THE日本の就活“に順応できず、その意欲と才覚を活かす機会に恵まれないことは、我が国にとって甚大な損失である。

他方、企業側においても、人口減少に伴う国内市場の縮小、恒常的な人手不足に直面。事業維持、成長のため、必然的に活路を海外市場に求める流れは不可逆。

そのような状況下、展開予定ローカル市場の言語/文化を理解する「日本語を話せる外国人留学生」の採用需要は、今後益々増加するものと予想されます。その両者を強く結びつけるSPeakの今後の展開に、大いに期待しております。」

夏目 英男氏(East Ventures)

「少子高齢化という課題を抱えつつ、多文化共生社会へと歩みを進める日本ですが、その道のりは決して容易なものではありません。特にその社会を共に形成すべき人材である外国人留学生の就職が難航し、約30万人もの才能溢れる若者が来日するものの、就職の夢を叶えられず、帰国の途に就きます。

これは日本社会の損失でもあると同時に、ローバル化が進む世界において、日本企業の競争力の低下にも繋がるものだと考えます。

そんな国としての重要課題に挑戦するのがSPeakを率いる唐橋さんです。唐橋さんご自身も、世界の最前線で学びを進め、今やSPeak社のビジョンでもある「Global People make Global Companies」を通じ、日本社会のグローバル化を推し進めようと考えています。そんな唐橋さんの熱い想いと、SPeak社のビジョンに強く共感し、今回ご一緒させていただきました。」

川村 達也 氏(LAUNCHPAD FUND)

「日本に興味をもち、日本で学んでいる外国籍留学生が、卒業後の出会いに恵まれず日本を離れてしまうことは、日本という国にとっても多大な損失です。

この課題を解決していくSPeakは、単に就活を切り口としたサービスで終わることなく、日本の未来を担うサービスとして成長して欲しいと思っています。そしてそこに揺るぎない信念と情熱をもって取り組んでいこうとする唐橋さんとご一緒できることを嬉しく思っております。」

河合 聡一郎 氏(ReBoost)

「SDGsやD&Iと言ったテーマが世界中で求められている時代において、また日本の国際競争力を強化していくためにも、日本で学んだ外国人留学生が、希望する日本にある企業に就職ができ、そして活躍できる環境創りは非常に重要だと考えています。

SPeakを率いる唐橋さんだからこその感じている課題感や、その解決に向けた事業創りは、今後の日本の将来において必須だと思い、ご縁があり出資をさせて頂きました。

JPortと言うサービスを通じて、外国人留学生と企業の情報の非対称性から発生する様々なミスマッチを防ぎ、就職だけではなくその先のライフプランまでを幅広く支援できることを期待しています。SPeakのビジョン達成に向けた事業創りに必要な、組織創りの部分で支援をしていきたいと思っております。」

木村 亮介 氏(ライフタイムベンチャーズ)

「人口減少に直面している日本にとって、日本の大学で学んでいる外国籍留学生の方々はこれから日本を一緒に作っていく「新しい才能」であり、彼ら彼女らが働きやすく、暮らしやすい社会インフラの構築は喫緊の課題です。

高校時代から米国で暮らし、ご自身も外国籍の方と国際結婚し、日系グローバル企業での経験を持ち、この問題に当事者意識をもって向き合う唐橋さん率いるSPeakに、プレシードラウンドから引き続き出資させていただきました。SPeakのビジョン実現に向け、死力をもって支援いたします。」

SPeak代表コメント

「ボーダーレスな会社・社会で、世界中の優秀なヒトたちが日本に集結し、日本人・外国人の垣根なく、こどもや家族が世界中の人たちと様々な言語や文化にふれ合うことが当たり前になる。そんな社会を実現するために、2019年にSPeakを創業しました。

私は「外国人」としてアメリカへ単身16歳で飛び立ち、8年間をダイバーシティ溢れる社会で過ごし、日本独自のポテンシャルや課題に気づきました。

今回の資金調達では当社のビジョン・ミッションに共感いただき素晴らしい投資家の方々と社会を変える一歩を踏み出します。今まで出会ってきた2,500名以上のグローバル学生・企業担当者の方々の課題に常に向き合い、人種・国籍のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を推進していきます。」

・LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/hiromi-karahashi-1aa76a114/
・twitter: https://twitter.com/SPeakFounder

■株式会社SPeakについて

社 名:株式会社SPeak(スピーク)
所在地:東京都中野区弥生町2-41-17-20
代表者:代表取締役CEO 唐橋 宗三
設 立:2019年4月24日
資本金:133,000,000円(資本準備金含む) 
会社HP:https://speak-corp.com/

サービス概要:
① グローバル学生向けキャリアメディア「JPort Journal」 https://jportjournal.com/  
② 企業人事・グローバル学生向けWebダイレクトリクルーティング「JPort Match」
企業向け: https://jporthr.jp/   
学生向け: https://students.jportmatch.com/ 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント