12.8 C
Japan
水曜日, 2月 1, 2023

M&A仲介を行うGrowthix Capital、20億円の資金調達を実施|日本式サーチファンド事業を拡大へ

M&A仲介を行うGrowthix Capitalは事業の拡大に向けて20億円の資金調達を行うための契約を締結した。

Growthix Capital株式会社は、個人投資家より総額20億円のデットファイナンス調達を実施した。
この資金はGrowthix Capitalが進めてきた日本式サーチファンド型M&Aを実現するための資金としての活用が予定されている。

サーチファンドとは、アメリカのスタンフォードビジネススクール発祥の投資モデルであり、下記の図の通り「譲渡企業」「後継者となる経営者候補」「出資者」の三者間でのM&Aモデルである。1984年に発祥以来、現在までに数百件のサーチファンドが設立されている。

Growthix Capitalは創業以来、国内におけるパイオニアとしてこのサーチファンド型M&Aの普及を推進してきたが、純粋なサーチファンドでは日本において浸透しづらいと考え、日本文化にあった「日本式サーチファンド」を確立した。この日本式サーチファンドを普及させるべく、当社3期目(2021年5/7より)は下記の取り組みを正式にローンチした。日本式サーチファンドについての詳細は後述する。

ネクストプレナー大学

後任社長(ネクストプレナー)の輩出のために創立されたビジネススクールであり、卓越した講師陣やネクストプレナーと伴走する有識者の方々、また、承継後の企業のバリューアップを担う大手IT企業等の協賛のもと運営されている。すでに0期生として入学している13名はまもなく特別講義を終了し、中小企業での実地研修を迎える。
2021年6月より1期生として40名を迎え、続々と後任社長(ネクストプレナー)が輩出される予定である。

ネクストプレナー大学HP:https://nextpreneur.jp/

サーチファンドへの投資を行うPEファンドの組成

後任社長(ネクストプレナー)が事業承継する際の買収資金や対象企業を探すサーチ費用を賄うファンドとして、Growthix Capitalの子会社を無限責任組合員とするファンドの組成を予定している。今回調達した資金を活用し1号ファンドは20億円での組成を予定しており、サーチファンドへの投資を行うファンド組成としては国内最大規模となる。

代表取締役CEO 中島光夫よりコメント

Growthix Capital本体が有する多数の「後継者不在で事業承継にお困りの企業様」からのご要望にお応えしていく事は勿論、国家的な事業承継問題の解決と共に、国内に新たなキャリア形成の選択肢・文化としてネクストプレナーという生き方を樹立する事で、若手や中年ビジネスパーソンの国内での働き甲斐を訴求していく所存です。
日本式サーチファンド型M&Aにて事業承継された企業は既存事業の定量面での成長は勿論のこと、未来を見据えたSDGs視点でのサステナブルな経営方針、DXを用いたIT戦略やインフルエンサーを用いたマーケティングなど時流にあった戦略を取り入れて参ります。更に先々はファンドから投資実行した企業様同士でアップセル・クロスセルを行い高いシナジーを創出していく所存です。

ネクストプレナーとは

新しい承継の形を実現できる「次世代の起業家」を意味し、自ら起業するのではなく後継者不在企業の後継者となり、既存の財産(従業員、クライアント、保有資産)を活用することで、新たな付加価値を生み出し、企業価値を増大させる存在である。後継者不在企業を承継するため、日本の承継者不足の問題を解決する存在でもある。0→1ではない新しい起業のスタイルを体現するものだ。

日本式サーチファンドとは

アメリカでは 30 年以上の歴史があるサーチファンド。経営者を志す若手が投資家から資金を調達し、若手自らが企業を買収して経営する仕組みである。経営を志す若手をサーチャーと呼び、サーチャーに投資する新たな仕組みとして欧米では注目されている。
しかし、日本では個人に投資する思想が根付いていないうえ、企業文化を大切にする傾向が強く、企業を個人が買収することで従業員等との不和を招く懸念もある。 

Growthix Capital株式会社ではこれらの懸念点を解消するため、日本式のサーチファンドを確立した。 
それは、 
①先代の経営者が後継者を指名できる 
②承継したい若手は、社員として働くことで企業 文化も含めて後継者として適しているかを確認できる 
ものである。

投資家とサーチャーの 2 者間で成立するアメリカ式のサーチファンドと異なり、投資家、サーチャー、先代経営者の 3 者間で納得のいく事業承継を成立させる仕組みだ。 このサーチャーを、雇われではないプロ経営者という生き方・働き方として「ネクストプレナー」と再定義したのである。

企業情報

社名Growthix Capital株式会社
設立令和元年5月7日
所在地東京都中央区日本橋兜町22-6 東京セントラルプレイス6階
代表者中島 光夫
事業概要M&Aアドバイザリー(仲介)業務
資産運用(ファミリー・オフィス)
ビジネススクールの運営
URLhttps://growthix.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント