12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

SaaS型複業マッチングプラットフォーム「Another works」が「複業クラウド」へリブランド!

株式会社Another worksは、設立3期目となる2021年5月7日、成功報酬無料のSaaS型 複業マッチングプラットフォーム「Another works」を「複業クラウド」としてリブランディングしました。これを機に、AI技術を活用した4つの新機能を追加し、採用活動のDXを推進します。今後はテックカンパニーとして更なる成長を目指します。

リブランドに込めた想い

「複業クラウド」は、複業を当たり前にするための次世代型プラットフォームです。

「複業」には金銭報酬だけを目的とせず、自己実現や社会貢献のための働き方を当たり前にする覚悟を、「クラウド」には複業に関わるあらゆる課題をテクノロジーの力で解決する、リーディングカンパニーとなる覚悟と想いを込めました。

私たちが大切にしてきた「つながり」を、今と未来、こことあそこ、時間と空間を超えて生み出し続けていくため、そしてこの約束を実現するために、Another worksは独自のAIテクノロジーを駆使し、次世代に適応するプラットフォームへと進化します。

従来の採用業務における課題

従来の採用業務では、採用担当者や人材エージェントが、登用したいポジションに求めるスキルや人材像などを経営者や担当部署へヒアリングし、求人票に可視化するところからがスタートでした。

最終的な人材登用までには母集団形成や候補者とのスケジュール調整、人材推薦などの業務も発生します。これでは採用担当者の負荷が高いだけでなく、属人的でミスマッチが起こりやすい構造です。

そこで、採用活動におけるDX推進をサポートすべく、Another worksがこれまで培ったデータや知見と、求人作成時のプロのヒアリング内容や人材推薦ロジックなどを学習したAI技術を活用する「複業クラウド」の提供を開始しました。なお、従来搭載していた全てのマッチング機能は引き続きご利用可能です。

「複業クラウド」概要 / 新たに追加した機能

複業クラウドとは、複業したい人と企業を繋ぐSaaS型の複業マッチングプラットフォームです。

企業は毎月定額料金で、求人を無制限に掲載できます。スカウト機能を利用し、転職市場にはいない即戦力の複業人材データベースの中から求める人材を探し、直接 無制限にアプローチすることも可能です。何人マッチングが成功しても、追加の成功報酬や中間手数料などは発生しません。採用コストの削減だけでなく、正社員採用では諦めざるをえなかった人材を登用しやすくなります。

タレントは登録・利用が一切無料で、求人への直接エントリーが可能です。登録するだけでスカウトが届くこともあるので、時間や費用をかけずに複業を始めることができます。

この度のリブランドを機に、新たに4つの機能を追加しました。

新機能 特徴1:AIエージェント「Nico」による採用DXサポート

独自のマッチングノウハウを学習したAIエージェント「Nicoが、採用業務の効率化をサポートします。今日も新たに生まれるマッチングデータから学習し、さらに賢くなっていきます。

新機能 特徴2:10問程度の質問に回答するだけで瞬時に最適な人材をリストアップ

Nico」からの簡単な設問に答えるだけで、企業がいま求めている人材の母集団形成が瞬時に行われます。また、その回答を学習し、更に最適な人材をリコメンドします。

新機能 特徴3:たった5秒で最適な求人タイトル、求人票が完成

Nico」が質問への回答内容をもとに、1,000を超える魅力的な求人タイトル、900枚を超える画像素材から「エントリーがくる」魅力的な求人を自動生成します。もちろんあとから編集、カスタマイズも可能です。累計4,000件以上の複業求人を分析したAIによる求人票を提案します。

新機能 特徴4:複業/業務委託に特化した独自の単価相場表からミスマッチを最大限に軽減

多くの企業様が悩まれる「単価相場」。累計18,000名を超えるタレント、1.5万回(※1)を超えるマッチング実績を誇るAnother worksによる独自調査と、約500名の登録タレントへの独自アンケートによる単価相場表を作成しました。人材とのマッチング前後でぜひご活用ください。

目指すのは採用活動のDXとミスマッチの軽減

弊社はこれまで、企業と複業人材のマッチングを1.5万回以上(※1)創出してきました。無料トライアル期間の利用も含め累計500社以上に導入していただき、地方自治体との連携も推進しています。

これらの全利用履歴をAIを用いてデータベース化し、採用活動におけるDXを可能にしました。過去の傾向を参考に、各導入企業に合う複業人材像を簡単にリストアップできるので、採用時のミスマッチ軽減もサポートします。

今後はテックカンパニーとしてデータやテクノロジーを駆使しながら、プロダクトドリブンでのサービス改良による企業と複業人材の良質なマッチングを創出していきます。また、「挑戦する全ての人の機会を最大化する」ため、更なる成長を目指して参ります。

※1 メッセージ投稿が2件以上あるスレッド数

新サービス概要

サービス名:複業クラウド
サービス概要:SaaS型複業マッチングプラットフォーム
ご利用方法:下記URLよりお問い合わせください
サイトURL: https://cl.aw-anotherworks.com/

株式会社Another worksについて】

挑戦する全ての人の機会を最大化する」をビジョンに掲げるHR業界のテックカンパニーです。2019年9月のサービスリリース以来、一部上場企業からベンチャー企業など累計500社以上に導入されています。行政やスポーツ業界などとの連携で、複業を文化にすべく複業人材の登用をサポートしています。

会社概要

社名:株式会社Another works
代表取締役CEO:大林 尚朝
所在地:東京都渋谷区恵比寿2丁目6番26号恵比寿クロスサードB1階
URL:https://anotherworks.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント